こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

私のダイビングセット古いでしょうか?

詳しい方よろしくおねがいします。

私の写真のダイビングセット、14年ほど前のものなのですが古いでしょうか?それともこういったものに特に素材など変化はないですか?

セット購入後一度フィンとメガネをつかっただけで、その後ずっと使用していません。
「これはもう古いよ、いまはもっと違うものだよ」てことでしたら、とりあえず一度売って、これからまたやりたくなったときに新しく買うほうがいいかなあと思ったり。


まったくわかりませんので、詳しい方ぜひよろしくおねがいします。

マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。

投稿日時 - 2016-06-05 04:42:19

QNo.9182944

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

14年前は古いとの回答で十分でしょう~
今の商品との違いはあまりありませんが、14年前の商品が古くないと考える人はまさかいないでしょ!

1つの商品は複数の素材で出来ています。素材の組み合わせの質問に意味があるとは思えませんが、意味があるならそれぞれのメーカーに確認して下さい。
その時に14年経過した商品の事も聞けますよね!

自分で使うのであれば自由ですが、売るような物では無いと思いますよ。

投稿日時 - 2016-06-09 07:01:08

ANo.3

対して潜ってないですが、「詳しい方」に当方が該当するかと思いましたので、参考程度に。
>14年ほど前のものなのですが古いでしょうか?
ちょっとびっくりしているのが、ブーツもウエットも共にタグが取り外されていない=新品同様であること。ていうか、使っていないのまるわかり。
これで例えばヤフオクとかで買ってくれるかどうか、ということですが、需要はないとはいえません。
もちろんデザイン・配色的には2000年代初頭のものであり、見る人が見れば「未使用っていったって…」とはなるでしょうが、買い手が付かないとも言い切れません。
それ以前に、果たして『またダイビングしたいなぁ』と思うことが起こるのか、否か。

回答:
未使用品であっても、経年変化による品質の損失は疑いようがない(水に浸かっていない分、同時期の製品に比べれば状態はいいが、所詮その程度)。
趣味関連の商品は、リサイクルショップや古着屋に売るのはNG。個人売買であるオークション出しが妥当。
なお写真では素材の劣化具合がわからないが、パッと見には状態はよく映っている。ダメもとで出品してみることをお勧めします。

投稿日時 - 2016-06-05 21:32:52

お礼

使えるなら使おうかな、たいして製品素材の革命とかもなさそうだな、たいして変わってないから、新しく買うくらいならこれ使えばいいよーていわれるかなって考えていたのですが、14年のあいだに素材も進化して古いものは時代遅れの製品になっているのでしょうか?
ダイビングをやってる方は、たとえば5年に一度は買い替えたりしてるのでしょうか?

購入時に「自分はリゾートダイバーになる」ってはっきりいってて、その場合も海外でレンタルするより荷物でもこれくらいはもってって潜ったほうが金銭的にお得だ、という説明を受け、当時もネットなどで情報収集して考えて購入しました。

投稿日時 - 2016-06-06 00:16:51

ANo.2

何であれ14年前は古いです。
ダイビング器材といっても軽器材ばかりですね。 
邪魔になるから捨てるのが一番でフリマで売っても良いのですが二束三文だと思うので手間も面倒です。
自分の体型も変わっており、ゴム素材の商品は縮みます。
素材や形状にはほとんど進化はありませんが、経年変化をする物ばかりです。 シリコンゴム素材はまだ使えそうですね。 でも接着剤で貼った部分があれば剥がれてきます。

売れるとは思えません。 
でも誰かに差し上げてはいかがですか?
取りあえず海水浴やスノーケリングで使えればOKでしょう。

投稿日時 - 2016-06-05 13:17:56

お礼

回答ありがとうございます。上の方も劣化のことをいわれてますが、ゴム素材はシュノーケルのメガネ部分とかってことでしょうか?シリコンゴムっていうのはフィンやダイビングスーツ、靴のことでしょうか?

古い、というのは現在の新しいものは別の新素材でつくられていて、14年前のものとは違うということでしょうか?

体形は変わってません。

投稿日時 - 2016-06-05 17:38:48

ANo.1

ゴム、プラスチック、ウレタン等は、時が過ぎていくだけで、素材が変化し、劣化して崩壊します。
ダイビングは、危険を伴います。
古い物を売って、トラブルがないか心配です。

スキー靴なども、古くなると、突然崩壊して、危険だとニュースなどで報道していたこともあります。
古い物を売買して、加害者、被害者にならないようにしてください。

使っていて壊れる部品、おいておくだけで壊れる部品があることも知っておきましょう。
ゴムは、硬くなり、ひび割れてきます。
プラスチックは、内部の成文が蒸発して、変質して、硬くもろくなり、日光に当たることで、それが加速されます。
ウレタンは、おいておくだけで、自己崩壊します。靴の底などに使われている素材です。

投稿日時 - 2016-06-05 06:10:21

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-06-05 17:36:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-