こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文翻訳をお願いします。

On June 4 the Russians opened the offensive with a massive, accurate but brief artillery barrage against the Austro-Hungarian lines, with the key factor of this effective bombardment being its brevity and accuracy. This was in contrast to the customary, protracted barrages at the time that gave the defenders time to bring up reserves and evacuate forward trenches, while damaging the battlefield so badly that it was hard for attackers to advance. The initial attack was successful and the Austro-Hungarian lines were broken, enabling three of Brusilov's four armies to advance on a wide front (see: Battle of Kostiuchnówka).

The success of the breakthrough was helped in large part by Brusilov's innovation of shock troops to attack weak points along the Austrian lines to effect a breakthrough, which the main Russian army could then exploit. Brusilov's tactical innovations laid the foundation for the German infiltration tactics used later in the Western Front.

投稿日時 - 2016-06-03 16:21:24

QNo.9182220

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 6月4日、ロシア軍はオーストリア-ハンガリー軍の戦線に対して、正確ではあるが短い大砲の集中砲火を浴びせるという、大量大挙の攻撃を開始した。その重点要素は、手短で的確な効果的爆撃であった。これは、従来からの長引く集中砲火と対照的であった。当時のそれは、防衛側に予備軍を投入したり、前方の塹壕から避難したりする時間を与えたし、他方、戦場に損害を与えて、攻撃者の進軍を困難にしたのであった。最初の攻撃は成功だった。そして、オーストリア-ハンガリー軍の戦線は破壊され、ブルシーロフの4個方面軍のうちの3個が、広い前線に向かって進軍することが可能になった(「コスチウノフカの戦闘」を参照のこと)。

 突破の成功はおもに、ブルシーロフによる突破の効果を生じるためにオーストリア戦線に沿った弱点を攻撃するための突撃専用部隊の革新によって助けられた。それからは、主要ロシア方面軍がそれを利用できた。ブルシーロフの戦術的な革新は、西部戦線の後期に使われるドイツの浸入戦術の基盤となった。

投稿日時 - 2016-06-03 22:04:50

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-06-03 22:23:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-