こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

絹の手織りの反物

義母は84歳です。タンスを整理してたら出てきたという反物を持ってきました。自分の母親が昔機で織ったというものです。田舎の人で織物職人ではありません。昔はきっと着物でさえ機で自分で織って着てたのでしょう。布は表面がざらざらして、ところところ引きつれたような織傷っぽいところがあり、それが味になっているんだと思います。私の知ってる例えばお振袖などのようなツルツルした感じはありません。絹だから虫に食われることもなく保存できたのでしょう。見たところシミもないです。絹はしつけを吸うと縮むと言いますからこれももしかしたら縮んでいるかもしれません。と言って私は反物が本来どういう幅で長さのものかということを知らないのですが。
義母はこれを店に出して好きな色に染めてもらい着物を作れと言います。私や私の娘が着物を着るのが割と好きで数着の着物や浴衣を着まわしているのを知ったからかもしれません。
その場の空気でありがたくいただきましたが。心はどうしようかという気持ちです。
町へ行くときに着ていける着物。花火祭りに浴衣。お正月にウールの着物。ついでに言えば喪の着物。私にはこれだけで必要十分で年に数回着る程度です。娘はさらに安物と分かる?遊び着的なものを持っています。
さて、正直に言えば張り切ってお金を使う気がありません。
染めて仕立てる。やったことがないのでおっくうです。
既製品を見て好き嫌いで買って着たりできますが。0からオリジナルを作ってとなるとやり気のなさに悩みます。好きな色に染める?欲がわかず。ざらざらな着物を見たことがないのでどんなものができるのか想像ができません。私は着物のことを全く知りません。だから例えばお金があったとしても着物をコレクションすることはないでしょう。だって知識がないのですから。
この反物どうしたらいいでしょう。

投稿日時 - 2016-05-22 17:10:34

QNo.9176409

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

白紬でしょう。
それも、プロではない人が織った、確かに珍しいです。
織りとしては結城も、なんとか紬、なんちゃって紬、大島紬いろいろありますから、お宝!と思うかもしれないですが。

ここ3年染色を趣味として染めてます。
もともと和裁が趣味です。
オークションで沢山の白生地も手に入れました。
イロイロありますが、精々が3000円止まりです。
染色の先生は、これは珍しい、これは高いのよとかいいますが、どれも、短く、幅も狭く
染めたところで、162cmの私の着物には、そのままではなりません。

その上で申し上げますが、多分、その白紬生地、プロ(着物や、染屋?)は買いません。
長さも、幅も、今のものとして染めて、着物として仕上げるには、足りないからです。
フシがあるなら、ちりめんではないです。

今なら、幅38-9cm,長さ12.7mないと、160cm以上の身長の人向けには上がらないから。

150以下の人向けならokですが。

更に言うなら、染めるときに、紬だとすると、元糸から染めてないかぎり、タダの煮染めでは思うように染まりません。
それがために、型染めという手法を使いますが、これを白生地から持ち込んで
やらせると、安くても、5万以上かかります(10年以上前の話)。
職人がほぼ壊滅状態だから。
おまけに、いわば、刷って、ガラ載せするために、生地に細工をして、
まさにキャンバスに白絵の具をベタ載せするような染?をしてしまいます。
そうしないと、絵として生地にどうも柄が乗らないようです。
そして、なんだかゴワゴワにガラが乗って反物として出来上がりです。
友人が結城の白生地をどうしてもと、型染めしたら、そうなりました。

なんで、生地として染まらないかというと、元糸に染まらないような成分残してあるからこその紬なので、それが糸で時間をかけてならなんとか染まるが、染める時間が生地となると、頑張っても1時間なので、どうしても染まらない複雑なことは尚の事、できにくい。

煮染めがデキない時に引き染というわば刷毛で塗りつぶすような手法ですることもあるのですが、元の糸がいわば原始的?なので、染めムラがとてもできやすく、ハケ跡として、
ムラができるので、これもまた、職人が嫌う。

同じように、白生地としての大島を持ち込んで相談したことがありますけど、
上記の様な説明でした。

じゃぁ、どうしたら?
どうしようもないんだよ・・・と、大島を持ち込んだ先の染屋が、いいました。
で、仕方なく、染色まで手を出したわけです。

ええ、染めました。
確かに、プロがやるなら、断るだろうなとは思います。
私の先生がプロなら断るともいいます。
均一にできない。 読めないのです、上がりが。
白生地だから、一応、均一に見えるのです。
元糸の太さ、よりが一反上げるまでに、どんどん変わるので、それが染め色に反映する。

で、自分でも染めてみましたが、白生地で染めるというのは、確かに、生地を選ぶのです。
素人(母さま)が織ったとありますから、生糸段階だけで織りが均一でなく、糸も同様、
染めるための加工もしてない糸でしょう。

そのままで、洋服生地として使うか、オークションで出してしまうかです。
ただし、何がしかのブランド名(結城紬など)のシールでもない限り、
精々3000円です。  
それも、反物幅、反物長さを必ず表示して、35-36cm、11m30cm(これが昔の1反です)ぐらいだと、買い手もなかなかつかないです。

投稿日時 - 2016-05-22 22:17:42

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

とにかくは全体の長さを計ってみませんか?
12m以上あるなら普通に着物として仕立てるのもあり。
それ以下なら羽織などにするのもあり。道行とかそういうのでもいいと思う。
染めなくても今はプリントとかも出来るから・・・・。
着物はコレクションするものではありませんよ。あくまでも実用的なものです。既製品を買って楽しむことができるのであれば、一歩進める良いチャンスなのでここはひとつ踏み出してみるのはどうでしょう。
知識は最初から皆が持っているものではありません。勉強して身に着けていくものです。今後その必要がないというのであれば、オークションにでも出してしまったらどうでしょう。
その代り由来や長さ幅を正確に割り出して、ノークレノーリタンで出すしかないと思います。
着物の反物は着物にするしかないと思い込んでいるのかな・・・・。確かに長さが十分であれば勿体ないし、手織りのなんて今時本気で希少価値があるので、そのまま生かして欲しいですけれど・・・・。
懇意にしていなくても、雑誌などに上がっている呉服店に持ち込んで相談してみたらどうですか?
実際気が乗らなくても、素敵に仕上がった手織り紬の着物を見たら、気が変わるかも・・・と思っています。

お嬢さんに相談しても良いかも。あなたがお金をかけたくないっていう気持ちは姑に言われているから・・・じゃないですか?
着物に罪はありませんので、冷静にね。

投稿日時 - 2016-06-15 08:53:00

ANo.1

絹を意図的にひねり(撚り;より)をかけて生地に風合いがでるように織った「ちりめん」(縮緬)の反物だと思います。

絹 ちりめん生地 - Google 画像検索
https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E7%B5%B9+%E3%81%A1%E3%82%8A%E3%82%81%E3%82%93%E7%94%9F%E5%9C%B0

良いものなのでしょうが、ご自身で着物に仕立てていただくような依頼をするとか、染めから依頼するとかなると、それこそ一生ものの仕立てになります。そのため、着物屋さんとか生地の見立てができる買取店で、白いまっさらの反物の状態で活用できる方に活用してもらうよう買い取ってもらうのが得策かと思います。

ちりめん 絹 一反 - Google 検索
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A1%E3%82%8A%E3%82%81%E3%82%93+%E7%B5%B9+%E4%B8%80%E5%8F%8D

投稿日時 - 2016-05-22 19:13:06

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-