こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

速さの問題の解説の意味を教えてください

問題
流れの速さが一定の川があります。下流のA地点と上流のB地点の間をボートで往復します。たかしくんは、A地点からB地点まで40分で上り、30分で下りました。お父さんは、20分で上りました。
(1)流れのない池でボートをこぐと、お父さんの速さはたかしくんの速さの何倍になりますか?
解説:父の静水時は、6+0.5=6.5
   6.5÷3.5=13/7(倍)
分からない点:0.5はどこから出てきているのですか?

(2)お父さんは、B地点からA地点まで下がるのに何分かかりますか?
解説:父の下りは、6.5+0.5=7 120÷7=120/7(分)

お手数おかけしますが、教えてください

投稿日時 - 2016-05-04 08:22:54

QNo.9167619

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(1)
問題の中に、40分、30分、20分という時間が出てくるので、A地点とB地点の間の距離を、便宜的にこれらの最小公倍数である120(単位は不要)であると考えます。
120の距離を40分で上るには、毎分120/40=3(単位は不要)進むことになります。
同様に、120の距離を30分で下るには、毎分120/30=4(単位は不要)進むことになります。
これから、たかしくんの静水時の速さは、毎分(3+4)/2=3.5
よって、川の流れの速さは、毎分3.5-3=0.5または4-3.5=0.5
(上りは川の流れの速さ分だけ遅くなり、下りは川の流れの速さ分だけ速くなります。)
また、120の距離を20分で上るには、毎分120/20=6(単位は不要)進むことになります。
以上から、お父さんの静水時の速さは、毎分6+0.5=6.5
答えは、6.5÷3.5=13/7(倍)

(2)
静水時の速さ毎分6.5に川の流れの速さ毎分0.5が加わるので、下る速さは、毎分6.5+0.5=7
120の距離を毎分7の速さで下るので、かかる時間は、120÷7=120/7(分)

投稿日時 - 2016-05-04 11:58:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-