こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

なんで”北海道”新幹線なんですかね?

しょーもない質問ですから、お暇なときにでもご回答いただけると幸いです。
先に書いておきますが、雑談のような質問ですのであまり堅真面目にお答えされなくても結構です、というよりあまり生真面目にされますとこちらがかえって困ってしまいます…。

新幹線の路線名の付け方が「北海道新幹線」だけへんてこりんに見えてしょうがないんです。
ご周知のとおり、先だって整備新幹線の新青森~新函館北斗間が開通しましたが、この区間には「北海道新幹線」という名称がついています。
ですが、現在は渡島総合振興局の函館(厳密にはその近隣ですが)までの開業ですから「函館新幹線」や「渡島新幹線」、もしくは東北新幹線の延長ですからそのまま「東北新幹線」と名付けるべきだったんじゃないでしょうか。
列車名だって「はやぶさ」と「はやて」で東北新幹線のものをそのまま受け継いでいるでしょう。だからやっぱり「東北新幹線」と呼んでもよかったんじゃないかと思います。
単に北海道にちょっぴり入ったくらいで「北海道新幹線」とするのはイージーゴーイングじゃないですか?だって、過去に開業した新幹線には今回と似た事例であるにもかかわらず、路線名の付け方が北海道新幹線の例とは異なるものがあるからです。

今回と似たような例には、まず「長野新幹線」があります。あちらも、もともとは北陸新幹線の一部として先行開業しましたが、北陸新幹線が金沢まで開通する以前は「北陸新幹線」とは呼ばれず、途中駅(開業時はもちろん始発・終着でしたが)の長野県長野市の名をとって「長野新幹線」となったのだと思われます。(という理解でいいんですよね?)
だったら、少なくとも札幌まで延伸予定の「北海道新幹線」も、現在は途中の(渡島管内の)函館市までなんですから、「函館新幹線」とかあるいは(内地の人には聞きなれない地名のようですが)「渡島新幹線」と名付けてもよかったはずです。

また、「山陽新幹線」も同様の例です。山陽地域からはみ出して福岡県に達した時点で「福岡新幹線」とでも「九州新幹線」とでも名付けておかしくなかったものを「山陽新幹線」のままで通しましたよね。
今回の「北海道新幹線」も、これと同様に東北地方からはみ出して北海道渡島まで延伸しただけだとみなせますから、「東北新幹線」と呼んでいたっていいんじゃなかろうか、という気になります。

基本計画を立てた当時の行政がそういうふうに決めたからなんでしょうか?だったらなんで、山陽新幹線は九州まで達していても「山陽新幹線」なのに、北海道新幹線は東北地方にあるうちから「北海道新幹線」なんでしょう。
それともJR北海道が運行しているから「北海道新幹線」?だったら国鉄時代に現在の新青森~新函館北斗区間が開業していたら、そこは「東北新幹線」になった可能性があるんでしょうか。そもそも整備計画が決定した1973年の段階(当時はもちろん国鉄)から「北海道新幹線」だったらしいじゃないですか。

やっぱり、路線名の付け方の基準がいまいちすっきりしませんっ!
どなたかこのモヤモヤをすっきりさせてくれるかたはいらっしゃいませんか?
※文章にまとまりがなくてすみません。

投稿日時 - 2016-04-05 10:51:23

QNo.9153960

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(13)

ANo.13

元々新札幌迄新幹線を引っ張る計画であり、山陽新幹線とは意味合いが違います。因みに北陸新幹線は最初から高崎-長野間も北陸新幹線でしたがJR東日本が長野行新幹線と敢えて呼称し続けてました。

投稿日時 - 2016-04-08 02:55:35

お礼

お礼がだいぶ遅れてしまったようですが、ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-04-30 09:02:36

ANo.12

確かに!言われてみると違和感ありますね!
多分、北海道新幹線と呼んだほうがインパクトがあるからじゃないかなぁ

投稿日時 - 2016-04-05 19:47:01

お礼

ご回答ありがとうございます。
インパクトは大事ですよね。

投稿日時 - 2016-04-06 06:06:25

ANo.11

山陽新幹線の岡山開業の時から、新大阪岡山間は山陽新幹線でした。これも変な話でね、東海道本線って、神戸までなんですよね。で、山陽本線は門司まで。
博多開業した時から山陽新幹線は、新大阪博多間なんですよね。門司より先もJR西日本の経営です。小倉博多間や新神戸新大阪間が山陽新幹線なら、北海道新幹線も東北新幹線でいいじゃん、とも思います。
でも、この名称のおかげで、新幹線の小倉博多間をJR西日本が取っちゃって、経営が厳しいJR九州との競合路線になっちゃってる。小倉博多間だけなんて新幹線を多発して弱いものいじめしてたわけ。
JR東日本は儲かってるから、青函トンネルに入る前の駅より北の売上をJR北海道にあげていますをこれ、新幹線が通るより前から優遇してます。
この点が大きいんじゃないかな。JR西日本がJR九州にやったみたいな競争をしないってことでしょう。

あと、長野新幹線は、正しくは、長野行き新幹線という名称でした。ただ、これは愛称で、長野開業時から正式名はな北陸新幹線でした。
長野行きなのに北陸新幹線って名乗ると乗り間違える人がいる(当時の金沢への最早ルートは上越新幹線経由)ので、間違えないように正式名をあまり宣伝しなかったんです。ただ、宣伝しなかったことを北陸の人は結構怒ってたみたい。
今回の北海道新幹線は、札幌延伸があるからじゃないかな。

投稿日時 - 2016-04-05 16:52:15

お礼

ご回答ありがとうございます。
優遇策ということですね。
山陽本線のことは不勉強でそこまで気づきませんでした…。

投稿日時 - 2016-04-06 06:05:57

旅行企画を考えてのことなんじゃないかと思いました。

投稿日時 - 2016-04-05 16:34:25

お礼

ご回答ありがとうございます。
”北海道”新幹線と呼んだほうが人気が高まるのでしょうか。

投稿日時 - 2016-04-06 06:07:23

新青森以北は、青森県内であってもJR北海道の運転手と車掌が担当するので、JR北海道の為に北海道新幹線という呼称にしたのでしょう。

詳細は存じませんが、保線のJR北海道の責任かも、、。

投稿日時 - 2016-04-05 15:07:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり営業や保線をJR北海道が担当するからでしょうかね。

投稿日時 - 2016-04-06 06:08:14

ANo.8

当初は、というか一応今も「札幌まで行く計画」ですよね。「東京発札幌行き新幹線」てすげえなあと思いますけれど。札幌まで行くのであれば「北海道新幹線」でしょうし、その前提の1973年の整備計画で、そのときにもう「北海道新幹線」だから、そこでもし「函館新幹線」て呼んだら、遠回しに「札幌までは作りません」といっているようだから関係者の反発は買ったでしょうね。

そもそも長野新幹線も、「長野新幹線」だと北陸まで作るのはやめたみたいに聞こえると北陸関係者はものすごく反発して、それで当初は「長野行新幹線」という呼び名にしていました。ABC順でもHIJKだからJAPAN-KOREAワールドカップになるのに後になるのは嫌だとゴネてKOREA-JAPANになったどっかの国みたいな話ですけど。それで、いつの間にかそっと「行」の文字が外されましたね・笑。

もしかしたら、北海道出身の代議士あたりから「まさか、最初は函館行新幹線としておいて、後でこっそり行の文字をとるようなことはしませんよなあ」と圧力をかけたかもしれませんよ・笑。

投稿日時 - 2016-04-05 13:05:16

お礼

ご回答ありがとうございます。
>そこでもし「函館新幹線」て呼んだら、遠回しに「札幌までは作りません」といっているようだから関係者の反発は買ったでしょうね。
たしかに、札幌延伸が決まっていても、地元の反発は買いそうですね。

>それで当初は「長野行新幹線」という呼び名にしていました。
そうだったんですか。これは知りませんでした。

投稿日時 - 2016-04-06 06:31:52

ANo.7

神戸から西が山陽本線なのに、(新)大阪まで食い込んで山陽新幹線だから、門司までが山陽本線でも博多まで食い込んで山陽本線で良いのかなぁ。

まぁ、夢の無い言い方をしてしまえば、元もと(計画として)有ったのは東海道新幹線と山陽新幹線、東北新幹線・上越新幹線、成田新幹線の5つで、いわゆる整備新幹線でその後が加わっていったから、九州新幹線は博多起点だし、北海道新幹線は(整備新幹線で伸延された東北新幹線の終点である青森からの)青森起点なのでしょうね。実際他の方が言われているように、新青森以北はJR北海道管轄ですから。

そうなると、長野新幹線との比較が重要、となってくると思いますが、わたくしが思うには、「長野オリンピックに間に合わせて」「外国からの方にも分かりやすい交通手段として」開通しかからには北陸新幹線というよりは長野新幹線と言った方が適当だったのに対し、最終的に札幌まで延びるのはずっと先だとしても、『とにかく北海道の新幹線ができた』ということをアピールしたいJR北海道の思いがあるとすれば、北海道新幹線がより適切なんでしょうね。飛行機との戦いが重要(そして、飛行機からお客を奪いたい)のに反して、圧倒的に不利ですから、今から”北海道へは新幹線”と刷り込みたいんじゃないかなぁ・・・・・それにしても、刷り込めていないと思うけど^^^;

投稿日時 - 2016-04-05 12:58:25

お礼

ご回答ありがとうございます。
山陽新幹線は山陽本線と並行し、始発・終着駅も山陽本線と同じ(もしくは相当する)駅だから「山陽新幹線」なのですね。

>『とにかく北海道の新幹線ができた』ということをアピールしたいJR北海道の思いがあるとすれば、北海道新幹線がより適切なんでしょうね。
やっぱりアピールは大事ですよね。乗ってもらいたいのは当然ですから。

>それにしても、刷り込めていないと思うけど^^^;
同感です。函館近辺以外の道民からしてみれば、まだまだ「函館新幹線」「津軽海峡新幹線」でしかありません。名実ともに「北海道新幹線」になる日が待ち遠しいです。

投稿日時 - 2016-04-06 06:31:47

ANo.6

『長野県』まで行ったから長野新幹線と考えれば、函館や渡島は都道府県名じゃないので『北海道』と言う都道府県名を使ったと言う考え方も出来なくはない。

投稿日時 - 2016-04-05 12:57:31

お礼

ご回答ありがとうございます。
どうしても都道府県名や大地方名をつけてしまうんでしょうかね。

投稿日時 - 2016-04-06 07:02:59

ANo.5

未来永劫函館どまりが確定しているのなら、質問者様の考えも理解できますが、実際はそうではありません。北海道新幹線はあくまでも札幌を目指して建設中の部分開業です。
また、函館周辺は間違いなく北海道です。
ですので、本州から見て北海道へ行ける(向かう)新幹線ですので、ベストの名前かどうかを別として、体を表す名前としては問題ありませんし、計画時の名称通り北海道新幹線と命名することで、将来の札幌までの建設を約束する意味も持たせていると思われます。

長野行き新幹線は、長野開業時に正式名称では「北陸新幹線」でしたが、北陸へ行く人がこれに間違えて乗っちゃうと、かえって所要時間がかかるし不便(当時は上越新幹線で湯沢に行きはくたかで北陸に向かうのが基本だった)だったので、正式名称は北陸のまま通称で長野新幹線などと呼んでいました。

山陽新幹線は、計画時点で博多から先は「九州新幹線」を作る計画があったので、山陽へ向かう新幹線として山陽新幹線としました。
ですので、元々の計画その他で函館を境に新幹線が異なるのであれば、北海道新幹線も別の名になったかもしれませんが、実際はそうでないので、北陸の時と同じ札幌までの正式名称を先行させたわけです。
列車名が同じなら新幹線路線名も同じにしないといけないなら、東海道新幹線・山陽新幹線は両者で1つの名前にしなければなりません。

そもそも新幹線というのは、本来在来線の輸送が逼迫して輸送量を増強するために速達列車専用の新線を別に作るという考えで始まっています。ですので、新幹線の路線名は並行する在来線の名前を準用しました。初期に開業した新幹線はその通りになっています。(区間は在来線と一部一致していません)
東海道線に並行→東海道新幹線
山陽線に並行→山陽新幹線
東北線に並行→東北新幹線
上越線に並行→上越新幹線(実際には高崎線にも並行しているが、あえて上越線の方だけを採用)

その後、新幹線は地元対策という政治目的も付き、全国に新幹線を作るという計画までできました。そのうち、まだ実現性がありそうなものとして建設再開されたものがいわゆる整備新幹線で、長野新幹線以降の各新幹線です。
これらは、すでに「在来線の輸送が逼迫」という事情はありません。新幹線を作ると、移動時間は短縮できますが、需要より大幅に余剰の輸送体系となります。このため、並行在来線は維持が困難となるため、廃止やJR以外の経営が認められています。(言い換えると、地元が在来線を切り離してもいいと判断しないと新幹線は建設されません。)
そのような事情もあって、整備新幹線は在来線に完全に並行しなかったり、複数のメイン路線にまたがった区間になったりします。名称も今までと同様の付け方が難しくなりました。
そこで、東京からどこに向かう新幹線化ということをメインに命名したと思われる新幹線ができました。
信越線、北陸線に並行→北陸新幹線
鹿児島線に並行→九州新幹線
海峡線、江差線、函館線に並行→北海道新幹線

九州新幹線は鹿児島の他長崎方面にも建設計画があり、こちらも九州新幹線(長崎ルート、建設計画時と同じ)です。私に言わせれば、北海道新幹線よりこっちの方がもっと考えて命名すればいいのにと思います。

投稿日時 - 2016-04-05 12:56:54

お礼

ご回答ありがとうございます。わざわざしっかりお答えくださって気が引けます。
たしかに「北海道新幹線」でも通じないわけではありませんから、インチキ名称だ、これは直せというほどではありませんよね。ただ、函館近辺以外の道民からしてみれば、まだまだ「函館新幹線」「津軽海峡新幹線」でしかありません。どうしてもわだかまりが残ってしまいます。

>新幹線の路線名は並行する在来線の名前を準用しました。
それで東海道も山陽も上越も東北もこの名称なんですか。勉強になりました。
ほかの路線(整備新幹線)は運行される地域が名称になっていますが、経済対策アピールと利用者のわかりやすさを兼ねたものでしょうか。

九州新幹線長崎ルートは、ずっと「長崎新幹線」が正式名称だと思っていました…違うんですね。

投稿日時 - 2016-04-06 07:03:59

ANo.4

>なんで”北海道”新幹線なんですかね?
JR北海道が営業するからじゃないでしょうか?

山陽新幹線が九州まで達していても「山陽新幹線」なのは
博多南までJR西日本が営業しているからだと思っていました。
博多駅には両JRの駅長がそれぞれいますし
JR九州が運行している九州新幹線は博多から鹿児島までの路線ですから
まったく疑問にも思わなかったのですけど。
分割民営化の時、関係者が小倉博多間のドル箱路線を西日本に取られたと悔しがっていた覚えがあります。
なんかそういう駆け引きの結果とかだったら面白いですね。

投稿日時 - 2016-04-05 11:40:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり国鉄時代から分社化を視野入れてたんでしょうかねぇ。

投稿日時 - 2016-04-06 06:02:13

ANo.3

>そもそも整備計画が決定した1973年の段階(当時はもちろん国鉄)から「北海道新幹線」だったらしいじゃないですか。

世界のど田舎、極東の国日本で、高度成長のミラクルを経験し、未来を夢想してていた時代ですね。
まずはトンネルを掘って北海道まで電車でいけるようにし、その後新幹線を通す。
やっぱり夢があっていいと当時の国鉄の人たちが思ったのではないかと思いました。

投稿日時 - 2016-04-05 11:26:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-04-06 07:22:50

ANo.2

>単に北海道にちょっぴり入ったくらいで「北海道新幹線」とするのはイージーゴーイングじゃないですか?だって、過去に開業した新幹線には今回と似た事例であるにもかかわらず、路線名の付け方が北海道新幹線の例とは異なるものがあるからです。

いわれてみれば。

東京ディズニーランドなんて、東京に届いてない(千葉県にある)のに、東京ディズニーランドです。

遠方から観光に訪れる客をとりたい!という意識がある人には「北海道新幹線」でちょうどいいのかも。

投稿日時 - 2016-04-05 11:22:00

お礼

ご回答ありがとうございます。
>東京ディズニーランドなんて、東京に届いてない(千葉県にある)のに、東京ディズニーランドです。
そういえば東京メトロの東西線も千葉県まで伸びているのに「東京」ですよね。
それに比べれはちゃんと北海道まで届いているあたり「北海道新幹線」でいいのかも。
でもやっぱり、今の状態ではあまりに端っこをかすめているだけという感覚が否めません。早く延伸してほしいものです。

投稿日時 - 2016-04-06 07:13:33

ANo.1

長野新幹線は例外でしょうね。冬季オリンピックがあったのでそうなったのでしょう。

山陽新幹線が岡山まで開通した時も岡山新幹線とは言いませんでしたよね。

投稿日時 - 2016-04-05 11:08:30

お礼

ご回答ありがとうございます。
>山陽新幹線が岡山まで開通した時も岡山新幹線とは言いませんでしたよね。
たしかに。東北新幹線が盛岡までだったときも「盛岡新幹線」「岩手新幹線」ではなかったし、九州新幹線が新八代~鹿児島中央だけだったときも「鹿児島新幹線」ではなかった気がします。

投稿日時 - 2016-04-06 07:19:01

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-