こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

算数の問題の解き方を教えて下さい

問題:下の展開図で表される立体の体積と表面積を求める問題です。円周率は3.14とします。

答え:体積508.68m3 表面積447.12cm2
解説:〇×2×3.14×180/360=15×2×3.14×108/360 →〇=9(〇がどこを表しているのかわかりまえん)

体積 9×9×3.14×1/2×12×1/3=508.68
表面積 (9×9×3.14+15×9×3.14)×1/2+18×12÷2=447.12

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2016-04-02 12:20:27

QNo.9152500

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

展開図から円錐を縦に半分にした形です
また円錐の斜面の長さが、15cm
円錐の高さが、12cm
なので底面の円形の半径rは、三平方の定理より
15×15=12×12+r×r
r=9cm になります
あとは円錐の体積 9×9×3.14×12×1/3 =1017.36 の半分で 508.68 になります

投稿日時 - 2016-04-02 13:39:00

ANo.1

>解説:〇×2×3.14×180/360=15×2×3.14×108/360 →〇=9(〇がどこを表しているのかわかりまえん)


後ろの方に、180°というのが出てくるのですから、
180度の関係するところを考えます。

表面積は、円錐の斜面部分の半分と、円錐の底の半分と、残った三角形の部分です。
なので、記載されている式は、円錐の底の半分が180度ということを利用して
円の面積(半径×半径×3.14)÷2で計算するはずです。

ところが、式は○×2×3.14ですから、半径×2×3.14で円周を求めているように思います。
多分、底辺の曲線部分の長さを求めて、斜面の紙の円周に対する底辺の曲線部分の割合から
斜面の扇形の角度を求めているのでしょう。扇形の角度がわからないと、扇形の面積を計算できませんからね。

投稿日時 - 2016-04-02 13:07:15

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-