こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

青色申告消費税 仕訳

お世話になります。
青色申告の個人自営業です。

H27年確定申告分にて課税業者となりました(税務署への各種届け出は済ませました。)
H26年までは売上1,000万円なかったため、非課税業者としており顧客からも消費税をいただかず、消耗品等の経費仕訳も特に気にせずに税込価格にて仕訳していました。

H29年分が課税対象となることは理解しています。

質問は、今年度H28分の仕訳をしていく際、会計ソフト上で「消費税設定」を課税とし、消耗品等の経費処理で、税抜、税込等の仕訳をしていくべきでしょうか?それとも、H29年より会計ソフトにて消費税設定をすれば良いのでしょうか?
事務消耗品 3,000円  現金 3,240円
仮払消費税  240円

昨年までは ソフト上「免税」とし、
事務消耗品 3,240円  現金 3,240円

としてきました。

素人質問で本当に申し訳ございません。

投稿日時 - 2016-02-08 14:36:24

QNo.9124436

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

消費税は基準期間(2年前)の課税売上高が1,000万円を超えると、課税事業者となります。
H27年度で1,000万円超えたのであれば、H29年中の消費税は確定申告で納税する必要があります。
ですので、H28年は消費税設定を変える必要はありませんが、課税としても問題はありません。
※その場合は、未払消費税額は雑収入になります。
H29年度は消費税設定を変える必要がありますね。

投稿日時 - 2016-02-08 14:51:45

お礼

早速のご回答有難う御座いました。
H29年分より設定の変更をすればよく、今年度はこれまで通りでよいのですね。
分かりやすく有難う御座いました。

投稿日時 - 2016-02-08 14:54:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-