こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

グーグルマップの使い方

グーグルマップを徒歩で使用しています。
ところが進行方向と同じ向きに矢印が現れず、スタートから別の方向に向かってしまい、引き返してしまう時があります。
どうすれば、矢印が進行方向と同じになるのでしょうか。
あと、画面上の方位磁石がいまいち分からず、「南西に進む」なんていうメッセージもピンときません。
私が未熟なのか、使い方が違うのか、、、、
分かりやすい使い方を教えていただけませんか。

投稿日時 - 2016-01-31 19:23:56

QNo.9120169

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ぶっちゃけ、スマフォやタブレット端末のGPS機能は
精度が低いものと高いものの差がはげしく
また、落下などで、感度が悪くなることもよくあります。

私自身は、今までに、Androidスマフォとして4台廃棄していて
タブレット端末を4台壊しています。

うち、液晶が割れたのが4台で、1台はバッテリー劣化
3台が無線LAN,GPSなどの感度不良が理由です。

落下でおきるなら、接触不良の可能性もありますが、よくはわかりません。
また、ICONIA TAB A500を中古購入した際は
最初からGPSとカメラがまともに機能せず
修理に出しても一ヶ月以上待たされて
結局タッチアンドゴーで再修理に出した挙句、手放しました。

都合9台のうち4台が、無線LANかGPSの不調で使い物にならなくなったわけです。

正確には、今使っているスマフォも、GPSが正常に動かない現象が
たまに出るようになってきたので、そろそろ潮時かと思っています。


ですから、いつも確実に使えるものだと思わないほうがいいかもしれません。

また、都市部では周囲の建造物でGPS電波が届かないだけでなく
乱反射して精度を損なうこともあるようです。


方角についての感覚は、紙の地図を見ていくのに比べると
電子地図のほうが圧倒的に曖昧なものになってしまいます。

頭の中で、自分がそこに来たルートを思い出しても
それがどの方角からの道だったかわからないので
現在地での方角と進むべきルートの感覚はわかりにくくなります。

引越業で、紙地図で十数年、Android端末の導入から4年になりますが
若い世代の作業員の、地理についての認識も非常に学習が進まなくなっています。


結局、電子地図を補助として使う人は捗るものの
それに依存する人は、そこに生じる問題に足を引っ張られます。

その一因は、スマフォでの地図利用が
現在地に至る経路を保持し続けないという、根本の問題があります。

引越業などには"来た道戻り"という言葉がありますが
来た道を、逆に辿ることが、一番簡単という状況はよくあります。
山の反対側に下ったほうが早いようなこともよくありますけどね。

いつも、その場所から先のことだけを考える電子地図では
来た道戻りという概念自体ありません。
駐車場から出て、どちら側に走りだせばいいのかは
運転者が判断せざるを得ないわけです。

その上で、事前の経路を保持していないがゆえの最善の策が
方角という表現です。まぁ、ほとんどの場合役に立たず
地図を見直すことのほうが多いんですけどね。

あとは、到着する前に、今どの方角を向いているのか
自分で意識して覚えておくくらいしか無いと思います。

投稿日時 - 2016-02-01 12:18:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

スマートフォンの話だと思いますが、何という機種を使っていますか?
電子コンパスがない機種の場合は正しい方角を指せないですし、電子コンパスがあっても狂う場合があるので調整が必要になります。
調整方法の例: https://support.google.com/gmm/answer/6145351?hl=ja

投稿日時 - 2016-01-31 22:03:39

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-