こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

英語の代名詞について質問です!

These are very interesting books,
so I like them.
という文章で、
代名詞は、基本この画像にもある
Iの列が「~は、~が」
myの列が「~の」
meの列が「~を、に」
という意味になりますが、
上にある文章の訳は、
これらはとても面白い本なので、
私はそれらが好きです。
となります。なぜthemは
「~を、に」の列なのに
それら「が」という役割を
しているのですか?代名詞の
使い方が分かりません…(汗)
どなたかご回答お願いします。

投稿日時 - 2016-01-11 16:52:54

QNo.9109718

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

日本語はとにかく、てにをはと呼ばれる助詞がかなり重要な位置を占めています。
だから、外国人が何十年日本語を勉強しても、助詞は完璧には使いこなせません。
逆に日本人は助詞のない英語であるために、相当苦労を強いられることになります。

現代英語では名詞に格変化がほぼなくなっていますが、
本来、名詞にも主格・目的格の別があったのです。

今よりも語順が自由で、どこにあっても、主格だから主語だとわかる、
というのがかつての英語であり、ラテン語です。

逆に日本人は「は」(「が」)が主語としか思えないのです。
文法的には「~が」と「~」と助詞「が」がセットの一文節で主語ですが、
中心は自立語「~」のはずで、「~」は名詞・代名詞です。

英語では主語は名詞・代名詞というのが大切ですが、
日本人はなかなかそうは感じません。
でも日本語だって同じ。主語(の中心)は名詞です。

で、「が」は格助詞で、「主格」を表しますが、
「は」はそうじゃないです。

~は~が好きです

の構造は誰にも説明できない、と申しましたが、
「~が」の方が主語かもしれません。
英語的に「~が」で対象を表す、という説明もよく聞きます。
私は国語の文法もそれなりにはわかって教えていますが、
ちょっとこの点は学説などあまり調べたことはなく、
自分の印象にすぎませんが。

彼は右目が見えない。

こういう表現もあります。
やはり「~が」が(日本語としては)主語のように思いますが、
英語で表そうと思うと、「彼は」の方が主語でしょう。

投稿日時 - 2016-01-11 20:32:55

ANo.2

代名詞に限った話ではありません。普通の名詞でも起こっていることです。
「…は」は主語で使うというのが一応の基本ですが、例えば

私はカレーが好きです。
の「カレーが」は目的語(目的格)になります。

私は、今日は休みます。
の「今日は」は主語ではなく副詞になります。

というように、日本語の「は」「が」「に」「を」などは、使い方が複雑で英語の和訳とは合わないことが多いです。その一環だと考えてください。

投稿日時 - 2016-01-11 19:40:41

ANo.1

それは日本語の問題です。
好きだ、という日本語が特別。

~は~が好きです
という日本語の構造の説明は誰にもできないと思います。

like を理解するなら
無理やり
~を好む
とすればいいです。

それらを好む

で them になります。

投稿日時 - 2016-01-11 17:14:03

お礼

~を好むという解釈をするんですね!!!ありがとうございます!
助かりました\(^o^)/

投稿日時 - 2016-01-11 17:17:37

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-