こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年金定期便についてお伺いいたします。

年金定期便についてお伺いいたします。

厚生年金基金に加入しており、すでに30年以上年金を納めてます。

最近、年金定期便なるものが来てビックリです。

65歳からの受給予想額が
国民年金は70万円

厚生年金の報酬比例部分は45万

合わせて120万円も行きません。

60歳で定年なので、退職金も65歳には尽きてしまいます。

これでは65歳以降、生活して行けません。

日本年金機構に問い合せてもなかなかつながりません。

年金制度にお詳しい方、この金額っておかしいと思うのですがいかがでしょうか?


私は月額15万円くらいはもらえると思ってたので、とてもショックです。

年金知識は全くありません。
御指導お願いします。



ちなみに厚生年金基金については、財政難でなにやら代行返上?すると言っておりました。


何のことやら良くわかりませんが、これが影響してるのでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-09 21:13:23

QNo.9093224

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

受給見込み額についての補足です;
先の回答で以下のように書きました。

> 厚生年金基金で運用しているのは、
> ・国に代わって運用している厚生年金(報酬比例)の基本部分
> ・それに上乗せされる独自のプラスアルファ部分
>
> 一方、国からは、下記が支給されます。
> ・厚生年金に関する報酬の再評価分と物価スライド分
> ・国民年金分(老齢基礎年金)

(1)国民年金分は、加入月数がわかれば簡単に計算できます。

(2)厚生年金については、基金が運用している代行部分と、国から支給される分を合算したものは、厚生年金に加入してから現在までの標準報酬額がわかれば計算できます。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html
標準報酬額は、ねんきん定期便が封書で送られてきているのであれば、今までの分がすべて記載されています。一方、はがき版にはすべての記載がありませんが、ねんきんネットにアクセスすれば取得できます。もっとも、ねんきんネットにアクセスできれば、代行部分も含めた厚生年金受給額は見れると思います。さらに、もしすでに代行返上していれば、それがいつの時期かも確認できます。
最寄りの年金事務所に行って聞くのが手っ取り早いかもしれません。

(3)基金のプラスアルファ部分の受給額は、それぞれの基金の運用しだいですので、その基金に問い合わせるしか方法はありません。勤務先に聞けば、基金の問い合わせ先などわかるのではないでしょうか。親切な基金であれば、ネット上に見込額算定用のページを開設しているところもあります。
ただ、質問文に「基金は財政難」と書かれていますので、それほど金額の期待はできないかも。

投稿日時 - 2015-12-11 16:10:27

お礼

とてもご丁寧に回答くださりありがとうございました。

いろいろなご指導をもとに大体の金額を調べて見ます。

なんとなく見えて来たのは15万円行くか行かないかというところです。

それにしても、この金額ではほんとに貧しい生活になりそうです

もう少し貯金しておけば良かったと反省いたします。

投稿日時 - 2015-12-11 19:47:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

#2です
>年金定期便には、厚生年金基金から支給される金額は含まれていない
 と理解してよろしいのでしょうか?
 ・その通りです
 ・国からの給付(ねんきん定期便の記載金額)+基金からの給付、
  の二つを足した物が支給される金額です

投稿日時 - 2015-12-10 11:27:35

補足

ありがとうございます。
とても勉強になります。
年金基金からは何も通知が無いもので、少し不安になりました。

ちなみにもしご存知でしたら年金基金の部分を加えると平均的には15万円くらい行くものなのでしょうか?

最低限の生活はしたいと思いますので…。

投稿日時 - 2015-12-10 12:54:31

ANo.3

厚生年金基金で運用しているのは、
・国に代わって運用している厚生年金(報酬比例)の基本部分
・それに上乗せされる独自のプラスアルファ部分

一方、国からは、下記が支給されます。
・厚生年金に関する報酬の再評価分と物価スライド分
・国民年金分(老齢基礎年金)

50歳以上の方の「ねんきん定期便」に記載されている見込額は、上記の国から支給される分のみです。

基金から支給される分については、基金に聞かないとわかりません。
ただ、「ねんきんネット」にアクセスすれば、代行部分も含めた受給見込額を知ることができます。ただし、プラスアルファ分は含みません。ねんきんネットへは、ねんきん定期便に記載されているアクセスキーを使って登録操作を行えばアクセスすることができます。こちらは最新の情報に随時更新されているので便利です。
http://www.nenkin.go.jp/n_net/

投稿日時 - 2015-12-10 09:51:40

お礼

ありがとうございます。

とても助かります。
リンク先につきましてはゆっくり拝見させていただきます。

ご丁寧なご指導に心から感謝申しあげます。

投稿日時 - 2015-12-10 20:03:36

ANo.2

・厚生年金基金で運用しているのは、厚生年金の一部(45万にプラスする分)と基金として支払う年金の二つです(実際は3種類ですが簡単に表記しています)
 ねんきん定期便の金額に、上記の二つ分がプラスされます(本来なら)
・>ちなみに厚生年金基金については、財政難でなにやら代行返上?
 運用が上手くいっていないので(厚生年金の一部が支払えない状態になりそうなので)
 その部分は国に返納する・・厚生年金は国から全て支給されるようになる
 基金として本来払う分は新しい組織が給付する
 (財政的に厳しいので、上記の分が以前予定していた金額より減る可能性がある)
・代行返上に関しては下記を参照(2行目は代行返上の某企業例)
http://allabout.co.jp/gm/gc/8546/
http://www.nds-kikin.or.jp/PDF/daikou.pdf

・今までは(現在)
 国から支給される・・老齢基礎年金、老齢厚生年金(支給の一部)
 厚生年金基金から支給される・・老齢厚生年金(支給の一部)、基金独自の年金部分
 ・上記の合計額が将来受け取る年金の合計額です

・上記が代行返上により
 国から支給される・・老齢基礎年金・老齢厚生年金
 新組織から支給される・・年金(企業年金)
  :代行返上により(正しくは財政難により)当初予定額より減額になる可能性がある
 ・上記の合計額が将来受け取る年金の合計額です

投稿日時 - 2015-12-10 01:28:22

補足

とても親切にご回答くださり感謝してます。
ということは

年金定期便には、厚生年金基金から支給される金額は含まれていない

と理解してよろしいのでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-10 07:53:16

ANo.1

年金の納入の資料は確認しましたか?
まずはそこからです。

投稿日時 - 2015-12-09 21:32:27

お礼

ありがとうございます

なかなか忙しくて資料と言われても…。
給与明細とかは廃棄してしまいました

投稿日時 - 2015-12-10 07:55:33

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-