こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

文楽について(チケットや込み具合など)

こんにちは。
外国人の友人に文楽を見に連れて行って欲しいと言われました。私自身「一度見てみたいなー」くらいには思ってましたが見たことがありません。そして一緒に見に行くために色々調べてみたのですが、チケットの取り方とかシステム(?)的な事が少しわからず質問しています。見たいのは現在国立文楽劇場でやっている錦秋文楽公演です。

といいますのも、第一部、第二部で演題が違いますよね。時間的に第二部だけしか見れない感じだし、見たいといっている本人も第二部の話に興味があるらしいのでちょうど良いのですが、チケットは1日分(両方の部)を買うことになるのですか?そしてそれで第二部だけ入る、と言うことも可能なのでしょうか?行くのは平日です。

あと、込み具合も含めてなのですが、第二部の前に直接劇場に行ってチケットを買える(つまり見る事ができる)ものなのでしょうか?一等席二等席あるみたいなのですが、それによっても変わりますか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-11-16 09:12:04

QNo.9081081

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1部と2部とで別売りのはずです。なので午後の部のチケットだけ買って午後だけご覧いただけるはずです。

ただ、「玉藻の前」はわりとわかりにくい内容です。歌舞伎でもほとんど出ません。
時代物なので文楽らしい重厚さは味わえますが。
一部の「碁太平記」のほうが多少はわかりやすいかもしれません。キレイな遊女も出ます。
「鰻谷」は少し暗い話ですが、動きがあるので見やすいかと思います。
「団子売」は気楽に楽しめる踊りです。
3本立てなのでわりと飽きないと思います。

お時間の都合がつきそうであれば、一部をおすすめします。

あと、文楽はおそらく想像なさっている以上に「何言っているかわからない」と思います。
セリフは古語な上に独特の節回しでうなるように語ります。慣れないと日本人にとってすら外国語です。
字幕は付きますが、古語のままの字幕ですので古典を素読みできる文法力がなければあまりアテにできません。
そのへんは一応覚悟なさっていらしたほうが混乱が少ないかもしれません。

チケットはネットで買えますので、そのほうが当日買うよりも確実ではないかと思います。
どちらにしてもそれほど激混みにはならないと思います。

投稿日時 - 2015-11-17 04:39:32

お礼

大変丁寧にアドバイスも込みで回答頂きありがとうございます。とても参考になりました。
全く古語の知識がないという訳でもありませんが、随分昔に勉強したものなのでかなり忘れていると思います。私も実際に見るのは初めてなので、雰囲気を楽しむつもりで鑑賞したいと思います。

投稿日時 - 2015-11-17 13:40:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

「古語」だからわからない、と言っても、平安時代の古語ではなく、江戸時代のはなしことばですから、聞いてりゃわかります。
義太夫は、謡曲とちがって、聞いてわからなければ語ってる大夫が下手なんです。
むしろ、江戸語と現代語で、まったく同じ言葉なのに意味やニュアンスが違う言葉があることに注意することです。
床本(ゆかほん)と言いますが、義太夫をまるまる印刷したものがプログラムについていますから、それを見るとよくわかります。
ただし、英文プログラムはあらすじしか書いてないこと、もう一つの注意は床本はつまり台本と同じですから、台本に気を取られて舞台の人形を見損なってはいけません。
前売り券と一緒にプログラムを買ってきて、床本を先に読んでおけば、外国人にも説明ができてよいと思います。(一部でも二部でも見たいのだけを買えばいいんです)
その意味で、ネットでも買えますが、国立文楽劇場まで足を運んで前売り券とプログラムを買うのがいいと思います。

投稿日時 - 2015-11-17 22:46:10

お礼

詳しい注意点や鑑賞上(や鑑賞前)のポイント教えて頂き感謝いたします。時間がある時に劇場へ足を運んでみることも考えます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-18 01:05:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-