こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

マイナンバー制度導入で会社に副業がバレますか?

本業は一般企業の契約社員で副業でスポーツジムのアルバイトをしていています。
就業規則に副業禁止があるので、会社には内緒のアルバイトです。

●副業について
年間50万円を超えます。
所得税が毎月引かれています。
会社にバレないようにしたいと事前に伝えてあるので、いいようにしてもらっているんだと思いますが、実際どのようになっているのか詳しくはわかりません。
副業の確定申告はしていないです。

住民税は普通徴収です。

今回マイナンバーが導入されることにより、会社にバレますか?
またバレない方法があれば、簡単な言葉で教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-10-05 21:25:17

QNo.9059233

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

55歳 男性
新聞に載っていましたが、その他の収入に関する税金は自分で払うを選択すれば
良いみたいです
役人も副業をしているので、逃げ道はちゃんと作ってある様ですよ

投稿日時 - 2015-10-11 07:36:47

的外れ回答でしたらスイマセン

昨日、内閣府のマイナンバーコールセンターに電話しました

カマかけたんです

「私、お昼OLやってて、夜の世界で働いているんです、副業禁止なので今回のマイナンバーでバレたらどうしようって困ってるんです」と

担当者いわく「マイナンバーは社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理することと行政手続の簡素化ですから、貴女の副業を本業にチクってやろうって制度ではないですよ」って

んなアホな…??

本当の趣旨は「国民全員から税金の取りっぱぐれをなくすことと不正受給の排除」じゃないですか?

バレない方法でしたら、どなたかにお名前を借りて(親とか親戚)給与支払いもワンクッション置くしか方法が思い浮かびません

投稿日時 - 2015-10-08 01:40:51

No.6さんの回答が正しいです。

勘違いした回答が多いので、驚いてしまいました。

投稿日時 - 2015-10-07 22:37:26

ANo.6

見当はずれの回答が多いような。
副業が本業にバレルのは、市民税の特別徴収税額が本業先に通知されるから。
特別徴収でなく普通徴収ならば、本業先にバレルことはない。
「バレることはない」は、「税金の手続きの中ではバレることはない」という意味です。

誰も知らないだろうと副業をしてても、人の口には戸が立てられないので、バレるときは「人づて」にバレてしまうものです。

「スポーツジムでアルバイトしてる人、知り合いだよ」
「私、昼ま見たことある」
などの会話から「いとこがあの人と同じ会社だと言ってた」と話が進み、会社にアルバイトがバレるというわけ。

副業がバレないようにと「税金のこと」「マイナンバーのこと」に心配が及んでるかたが多いですが、実は「他人の目」からバレることをお忘れになってる。

投稿日時 - 2015-10-07 08:33:53

ANo.5

結局は副業の事業主が給与の支払いということを隠してあなたに払っていると思われますが、今度からはその50万は給与支払いとして申告することになると思います。なぜならそうしないと法人としての税額が高くなるからです。人件費として控除されないからですね。まあ今でも税理士がついているのでそのはずなんですけどね。帳簿上どうつけているんでしょう。でもマイナンバーは今回法人にも一つ振られ税徴収が厳密になります。あなたは従業員ということになるので、それを隠すと幽霊社員として脱税対象になるので、ヤバイと思えば申告することになります。
そしてあなたには支払われた事実があなたのマイナンバーで申告されます。そうするとあなたの所得は副業がプラスされて報告され、それが市町村に報告され所得税が決定されるわけです。で、その所得税はそれぞれの会社のほうへ報告されます。そうすると「あれウチが払ってる給料より高いじゃん」ってことになりますね。そうすると会社からあなたに問い合わせがあります。「これは何の収入ですか」ってことでバレます。
つまりそこで騙すか正直に言うかの選択はあなたにありますが、まあウソにウソを重ねるとよいことはないです。
会社が直接調べる手段はありませんがこういう風にばれるのが普通です。

投稿日時 - 2015-10-05 23:36:05

ANo.4

勤務先は、勤務先が支払う給料だけをベースに税・社会保障などの控除の計算して、天引きで、他でどこで働いて収入があるかないかなど、調べようもないです。
マイ・ナンバーって本名・性別・生年月日・住民票がある住所、それだけの個人情報。12桁の番号で検索しても、これ以上の情報は得られません。

投稿日時 - 2015-10-05 23:04:22

ANo.3

マイナンバーが導入されたらスポーツジムは貴方のマイナンバーで申告せざるしかなくなる。
申告しなければ貴方に支払っている給料がスポーツジムの売上利益に成ってしまい税金が変わったらスポーツジムの損に成る。
よつてスポーツジムは申告するように成るだろう。
貴方は何もしなければ会社にバレルだろう。
それを回避するのは一つだけで翌年の3月15日迄に自分で副業の確定申告しなければ成らない。
確定申告したらバレル事は無い。
脱税するのではないから税務署に行って副業のバレ無い納税の仕方の話しを聞いたら良い。

投稿日時 - 2015-10-05 21:59:22

ANo.2

 
マイナンバーではばれません
マイナンバーを元に会社が外部から情報を得ることはできません
 

投稿日時 - 2015-10-05 21:48:39

ANo.1

 バレないようにするにはどうしても副業の勤め先の協力が必要となるでしょうからその勤め先と相談せざるを得ないでしょう。
 あなたにかかる人件費を他の経費に転嫁できるかどうかだと思います。

 もし副業の勤め先にマイナンバーを聞かれたら本業のほうにバレることを覚悟しなければならないと思います。

投稿日時 - 2015-10-05 21:42:45

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-