こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

母乳について

母乳で育てた赤ちゃんはミルクと母乳の混合やミルクのみで育った赤ちゃんに比べると何かメリットがあるんでしょうか?経済的にミルク代が安くなるとかではなく、病気になりにくいとか・・・。(1歳頃から熱が出たり、色んな病気になるっていいますよねぇ~)母乳をしっかり飲んだ赤ちゃんはどういう効果が期待できますか?また、母乳を長くあたえる事にデメリットってあるんでしょうか?

投稿日時 - 2004-06-25 18:04:31

QNo.904796

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

母乳には免疫物質が含まれているため、病気が少ない子に育つのも確かだと思います。
しかし、お母さんが摂取した"毒"が脂肪分のある母乳に移行し、それを赤ちゃんが飲んでしまうリスクもあります。実際悪い物質がどれくらい母乳に流れてしまうのか、それより母乳の栄養と免疫力の方を重視するべきか、素人なので何ともいえませんが。
あと、母乳にはビタミンKがすくないです。
最近は粉ミルクの質も向上し、免疫物質が含まれている商品も多いですし。

投稿日時 - 2004-06-27 12:31:13

ANo.6

うちの場合上の子は生後2ヶ月でミルクだけで、
下の子は8か月現在も母乳だけです。

上の子はミルクオンリーにもかかわらず、かなりの健康体で、2歳まで熱をだしたりしたことがありませんでした。
下の子は4ヶ月でインフルエンザにかかりました。っといっても上の子が移したのですが・・・

あとミルクで育ってる子って結構ぽっちゃりしてる子が多いかな?って思います。
母乳だけの子は結構スマートです。うちの周りの場合ですけど・・・
検診で上の子は大きめだったのにもかかわらず、
下の子はちょっと小さいですね。っと言われます。
生まれた体重は、500gぐらいの違いで上の子が大きいですが。
ミルクと母乳では多きさが全然違うようです。
下の子は友達と同じ時期に生まれたのですが、友達はミルクオンリーなので全然ガタイが違います汗
そのせいとばかりはいいませんが、そういう傾向があるのかな?って思います。

太りすぎかな?って思って粉ミルクの会社を変えたらやせたって話も聞きました。

母乳はやっぱりバランスのとれた栄養がとれるのかと思います。
しょせん粉ミルクは母乳の代理なのです。ってこれは粉ミルクを飲ますのがよくないといってるわけではないですよ・・
なのでやっぱり母乳が一番かな!って思います。
母乳だと人に長時間預けられないのが欠点ですけど・・・

母乳を長く与えた子は親離れが早くできるなんて聞いたことがあります。母乳じゃなくてもいっぱい抱っこしてあげたりでもいいんですけど。

投稿日時 - 2004-06-25 23:45:00

ANo.5

母乳を吸うことで、顎の発達を促すと聞いたことがあります。
哺乳瓶では、あまり苦労しなくてもミルクが出てきますが、母乳は赤ちゃんが頑張って吸わないとオッパイが出てこないので・・・。

母乳で育った娘は二人とも歯並び良いです。
一概には言えないでしょうがね。

投稿日時 - 2004-06-25 21:41:51

ANo.4

メリットは他の方がおっしゃっているので、デメリットの方を。一人目が一歳、二人目が一歳三ヶ月、三人目は三歳誕生日の前日まで母乳を与えていました。三人目は食物アレルギーがひどかったので、授乳期間が極端に長引きました。まあ最近は、ユニセフも二歳までは断乳を避けろと言っているせいか、離乳をやかましく言わなくなりましたが。

授乳はとにかく、母親の気力と体力が消耗します。また、子どもと離れられないので、母親の行動の自由がきかなくなります。母親が病気の時も必ず受診して、医師に授乳婦でも大丈夫な薬かどうか確認しないと、風邪薬も飲めません。お酒が好きな方ですと、断酒生活を続けるのも辛いでしょう。また断乳もてこずります。このくらいになると、準備期間が何ヶ月か必要で、断乳後も一ヶ月以上はおっぱいでまとわりつかれて大変です。

投稿日時 - 2004-06-25 21:35:39

ANo.3

母乳育児のメリットは、
・顎の発達を促す→哺乳瓶の乳首はヘタリが起こるけれど、母乳では乳首がヘタラない。
・免疫力→初乳で受けた免疫は生後半年頃までもつ。母乳には初乳以降の成乳にも免疫物質が入っているので、持続的に免疫物質を体内に取り入れることができる。しかし、成乳の免疫は弱いので、病気にならないわけではない。
・消化吸収に優れている→母乳中の98%が消化できるもので構成されている。また体に必要な元素が約100種含まれている。
・満腹中枢の発達を促す→母乳は飲み始めとのみ終わりごろでは濃さが変わって満腹感を与えるように分泌されている。
などでしょうか。
他にもあると思いますが、思いつくのはこれくらいです。
URLも参考にしてください。

参考URL:http://hichi.hp.infoseek.co.jp/ikuji/bonyu/b-9b.htm

投稿日時 - 2004-06-25 19:42:40

ANo.2

代表的な母乳のメリットは免疫力がつくことですよね。
一生涯にわたって病気になりにくい体質になるそうです。
数ヶ月前だったと思いますが、イギリスの科学者チームが、
母乳の赤ちゃんは心臓病になりにくいという研究結果を
発表しました。
母乳にはいろんな成分が含まれていて
まだ解明されていないものも多いそうです。
それぐらい「ミラクルな飲み物」だと産院の先生が
おっしゃっていました。
かかりつけの小児科の先生からも(母乳の研究経験がある方です)、母乳が出る限りは、たばこがやめられなくても(数本ならとのこと)、母乳を介してもアレルギーがひどくても、母乳をやめてはいけないと指導されました。
デメリットは離乳の時が大変ということぐらいではないでしょうか。
ジャッキー・チェンが「自分は5歳まで母乳を飲ませてもらったから強いんだ」と
言ったことはけっこう有名な話です。

投稿日時 - 2004-06-25 19:39:15

ANo.1

生まれたての赤ちゃんは、抵抗力が弱いので、
母乳により、抗体を取り込みます。

1歳ぐらいになってくると、風邪や、病気によって、自分で、抗体を作りますが、個人差がありますので、一概に、
母乳が良くて、ミルクだけでは良くないとはいえません。
生活環境のほうが問題です。

抱いて、おっぱいを含ませる事で、体温や、心音など、
無意識に感じているので、情緒が安定するという
メリットはあるかもしれません。

しかしながら、3歳、4歳になっても、母乳を欲しがるのは、
少し考えものです。逆に、乳離れが出来ないと
いう事になります。
まあ、1歳から、1歳半というところまででしょうね。

投稿日時 - 2004-06-25 18:44:09

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-