こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

部活がつらい

こんにちは。
私は中学一年生です。
私はバドミントン部なのですが部活が辛いです。バドミントン部に入ったきっかけは友達に誘われたからです。仲のいい友達5人で入りました。部活には入ろうとおもっていたけどなんの部活でもいいかな。と思っていたのでバドミントンで試合に勝とう!とかいい成績を残そう!とかは思ってないのですが、やはりランキング戦で負けると悔しくてたまりませんでした。部活ではランニング点というのがあり、ランニングが速い順番で点数がもらえます。ただ私は持久力があまりなくランニングを速く走ることができません。でも遅いと顧問に「ちんたら走ってんじゃねーよ」と言われるので(遅い人が)ランニングが好きではありません。ランニングを楽に走る方法とか色々調べたけどあまり変わりません。バドミントンは楽しいけど今は部活があるだけで気が重たいです。それはランニングだけではなく顧問の指導が時に胸を突き刺すような言葉があるというのも理由の一つです。ただ家族は部活に入って喜んでくれてるしお弁当がある日には作ってもらってます。今更というか始めたばっかりだからというか辞めるという選択肢は今はありません。ただ部活に行きたい!と思うようになれないのが悩みです。今日も部活なので気が重たいです。私はどうすればいいのでしょうか。

投稿日時 - 2015-08-17 12:47:32

QNo.9031760

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

ANo.9

 「もっと面白い部見つけた~」と言ってほかの部に乗り換える。
 苦痛ならそれしか道はありません。
  サワホマレのように世界の舞台に立ちたいと思うなら別ですが。
 苦痛だけの中で練習して卒業しても、良い思い出は残りません。後で振り返ってみて「あの頃は苦しかったけど、やっといて良かったな~」という光景を想像するか、「想像できそうもない」かで決めましょう。

投稿日時 - 2015-08-21 10:11:00

ANo.8

「ちんたら」なんて言葉を使う顧問は、無秩序で、チンピラみたいな人間ですね。
そんな人が顧問で、しかも先生をやっているんですよ。
そんな部活は辞めましょう。
そんな顧問がいるくらいだから、人間を丁重に扱わず、それを見習って、いじめなどが起きる温床に繋がります。
良い影響をその顧問から受けてますか?
受けてませんよね。
むしろその逆です。
あなたは、部活を選ぶことはできますが、顧問を選ぶことはできなかった筈です。
部活選定段階で、その顧問がどんな人格かは、短時間でそこまで読み通せるわけがなく、不可抗力と言えます。
顧問がそういう人間とわかった今、それを理由に辞めるべきです。
入ってみて暫くして、顧問がとんでもない人間で、限りなくブラックに迫る人物だったとわかったわけです。
理由としては真っ当です。
個人の思想には自由が認められています。
あなたの選択に、そこまで口の出せる人はいません。
勝つ価値というのは、紛い物の価値です。
必ずその裏には対比される人が存在していなければ成立しませんし、その人たちは切り捨てされるからです。
その辺から人権無比はいつも始まり、勝って都合良くの人生は、必ず支える人を食い物にし粗末にし、それで当然の世がのさばります。
辞めても選択肢は全くないということはありません。
担任や学年主任も通して話すべきでしょう。
そんな顧問では、部活に行きたいなどと思える人は、ブラックな価値を持つ顧問に上辺だけ認められる人のみで、本当の所、認められている人も騙されています。
なぜならば、大人になった時、その顧問の言っている事の内容が、如何に人を粗末にしていたか解る日が来るからで、持続可能な思考ではない事を知るからです。

投稿日時 - 2015-08-17 21:13:02

ANo.7

意外とみんな辛いと思いながらやってると思いますよ。
ここで諦めたらなんか逃げてるみたいですよね。
部活の顧問にだって好ききらいはあるでしょう。
そういうところはなんだこいつって思っていいと思います。
またなんかいってるw乙wwwって思っとけばいいです。
でも顧問もあなたにランニング早くなって欲しくて言ってるんだと思いますよ。
自分が頑張れる範囲でがんばればいいんですよ。

投稿日時 - 2015-08-17 16:34:46

ANo.6

まだ1年生だから辛い事ばかりだと思いますよ。
まぁでも本人が好きで入ったわけではないので、つまらないし辛いならやめればと思いますよ。
これはあなた次第ですね。

投稿日時 - 2015-08-17 15:34:23

ANo.5

部活は任意でやるものですから強制ではないですよね。
とりあえず一ヶ月とか休むことはできないのでしょうか。
一旦部活から離れることで自分に重要かどうか、今後どうしたいのか見えてくるかもしれません。

投稿日時 - 2015-08-17 15:19:07

ANo.4

どうすれば?
⇒既に貴方「なり」には頑張っている。
ランニングはしんどいけれど・・・
でも、
貴方はめげずに部活に参加している。
それ自体が貴方の人間力であり、プラス。
まずその目線を大事にする。
顧問からの突き刺すような言葉があるなら、
その傷は貴方自身が癒して、ケアしていく。
確かにランニングはしんどいよ。
顧問の指導も時には厳しいよ。
でも、
「トータル」で見たら、
貴方の部活動は十分プラスなんだ、という事。
プラスの要素とは?
貴方自身がバドが好きであるという事。
好きなバドをするのは楽しいと思えている事。
その楽しいバドを分かち合う、
友達がいて、その関係も良好だという事。
部活(学校)に通うに、
2時間も3時間も掛かるような大変さも無い事。
実は、
良い事の方が多いんだよ。
それを貴方は忘れない事。
嫌な事ばかりに光を当て過ぎない。
じゃあもし、
ランニング(&顧問の指導)問題。
それに対してはあまり悩みが無いとする。
その代わり、
友達や先輩との関係があまり上手く行かず、
部内で孤立していたり。
部活に通う事自体が凄く大変(家が遠い)状態があったら。
貴方はどっちの方がしんどいか?
家族は、
貴方が部活に入り、
友達と楽しく活動出来ている事。
それを心から喜んでくれている。
だからこそ、
貴方に対するお弁当作りにも愛が篭っている。
貴方が友達関係で挫けていたり。
家が遠過ぎて、しんどいと感じている場合。
そんな状況と比べるなら、
今の貴方のランニングのしんどさや、
時に刺さる顧問の指導問題。
それはそれで簡単な事では無いけれど、
貴方なりに向き合える範囲なんだ、という事。
気が重たくても良いんだよ。
重たくても、
何とか抱えられる重さってあるじゃない?
重さをゼロにする必要なんて無い。
抱える事が出来ればそれで良いんだよ。
重さはあっても良い。
全部無くそうとするから、
無くならない事にストレスが溜まる。
いざ活動してしまえば・・・
抱えている重さなんて忘れてしまう。
ズルズル尻尾のように重たい気を引きずらない事。
引きずったら・・・
引きずった分ランニングも遅くなるし、怠くなる。
ランニングは貯金なんだよ。
ある程度身体が慣れて、
その上でようやくエンジンを掛けていける。
成果として表れるには少し時間が掛かる。
今は、
少し周りに負けているのかもしれない。
でも、
部活動の時間はまだこれからもある。
もっと学年が進んでいく中で、
最終的には追い越し、追い抜けるようにしたい。
良い意味で、
皆を驚かせたいし、あっと言わせたい。
貴方はそう思っておけばいい。
今は、
まだ体力を蓄えているうちだから、
ライニングでは直ぐに人より勝れる部分が出難い。
それでも、
イヤイヤでもしっかり走り貯金をしておけば、
大事な時期にちゃんと利子として返ってくる。
何だか身体が軽くなって来たり、
激しい運動しても息が切れなくなったり。
そういう効果は必ずある。
貴方はそれを信じてみる。
後数か月で部活動が終わる訳じゃ無い。
むしろ始まったばかり。
だからこそ、
貴方は長い目でも部活動を捉えていく事。
長い目で見れば、
今の、目の前のしんどさ(悩み)も小さくなる。
色々感じながら、考えながら。
それでも貴方なりに逃げずに参加している事に意味がある。
愚痴りたくなったら愚痴れば良い。
気が乗らない時は、
部活以外の時間や営みでリフレッシュすれば良い。
貴方なりに使い分けて、
心の新陳代謝を取り入れていく事。
大切にしてみて☆

投稿日時 - 2015-08-17 15:06:54

ANo.3

私もこの間まで、バドミントン部で副部長をしていました。

私たちの顧問も、走るのが得意なひとが気に入られたり、遅い人はメニューが違ったり…いろいろありました。
私も走るのは遅かったので、気に入られていなくて、嫌味もたくさん言われたし、挨拶しても無視されるなんてことはよくありました。
だけど、最後の大会では一番手として、試合に出させてもらいました。
部活は本当に辛かったです。
楽な事なんて一つもありませんでした。
でもある日突然、私だけ先輩方と同じメニューをさせてくれたり、あきらかに態度が変わったときがありました。
そのときは本当に頑張りました。
走れないなら、少しでも走れるように努力する必要はあります。
わたしも夜にひとりでランニングしていました。
だけど、元から速かったひとに、なかなか勝てないんですよね。
だから、バドミントンの技術と、バドミントンに対する思いでは、勝ってやろうと私は思いました。
バドミントンの技術は、インターネットで調べて、動画をみたり、練習でいろいろ試しました。先生にコツを聞くなどして、意欲をみせるのもいいと思います。
思いを伝えるのは練習態度、声だし、ノートだと思います。
練習態度は絶対です。
声出しも、先生に頑張ってるなあって思わせることができますよ!!
バドミントンノートは、その日のメニュー、目標、やる気評価、食事、睡眠時間、チームの雰囲気など感想、習ったことを書いて、二週間ごとくらいに提出していました。
練習試合があったらそういうのも記入したらいいと思います。
これらのことで先生に頑張ってるなあと思わせて、頑張って!!
先生と意思疎通?できれば部活に行くことも苦ではなくなります。
あと、返事や挨拶、しっかりすることも大切ですよ。
同じような経験をしたものからのちょっとしたアドバイスですが、力になればと思います。
頑張った分、楽しくなります。
バドミントンの楽しさを、忘れずに頑張ってください。

投稿日時 - 2015-08-17 13:54:53

ANo.2

楽な部活はないと思います。
スポーツの世界だから。
やめるのは自由だけど、一生負け組にならないように、何か打ち込めるものがるならいいけど、直ぐ又辞める癖がつくと思う。
辛いのを乗り越える度に強くなるのは確か。

辞める癖がつくと、何にもなれないことがある。
まだ体力がつき始める間も無い時期だろうから大変だろうけど、だんだん練習がこなせる体になるまで辛抱してみたらどうかな?

それとも他に何かやりたいことあるの?

そのうち自分は何がやりたいのか分からないよ~という人生にならないかな?

頑張るために入ったなら泣きながらでも頑張ってみないかい?もう少し。

投稿日時 - 2015-08-17 13:25:38

顧問は意識的にそうしているので「顧問もかんばってるな」と思ってればいいです。

投稿日時 - 2015-08-17 13:11:11

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-