こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

エティハド航空乗り継ぎ便の搭乗券

今回エティハドにて、成田 アブダビ アテネの往復をしました。

航空券は出発の5ヶ月前にエティハドのHPから購入し、出発の2ヶ月前に全てのフライトの座席指定をしました。

成田でのチェックインは、オンラインチェックインを試しましたが何度やってもできず、カウンターで行いました。
荷物はアテネまで、搭乗券も2フライト分出ました。ちなみに、アブダビでの待ち時間は5時間半くらいです。
座席は自分で指定していたものと同じでした

帰国時も同じくオンラインチェックインができなかったので、アテネの空港でチェックインしました。
荷物を預け、タグには最終目的地成田へのフライト番号が記載されてありました
搭乗券はアテネ アブダビ間しかもらえませんでした。アブダビでほ成田便までの乗り継ぎ時間は2時間です。
アブダビ成田の搭乗券はアブダビのトランスファーデスクでもらうように言われました。

アブダビにて、トランスファーデスクに行くと、オーバーブッキングされていて、この便には乗れないからホテルで一泊してくれと言われました。

アテネでのチェックインの時にはまだアブダビ成田の座席がどうなるかわからなかった、荷物も一泊するから心配ない、とのことでした。

オーバーブッキングに関しては運が悪かったと思うしかありませんが、もしかして、アテネでのチェックインに問題があったのではと思うようになりました。アテネで成田便までチェックインしてくれていたら、アブダビ発成田の10時間前にチェックインされることになります。オーバーブッキングの犠牲者となったのはギリギリまでチェックインされてなかったからだと思います
日本出発時には全ての行程のチェックインができたのに、なぜアテネではできなかったのか。

発熱中の子供との二人旅だったので、やりとりの際に十分説明を求められませんでした。
あまりにもショックで怒りをばらまいてしまい、もらえるべき補償ももらえなかったのではないかと腑に落ちません。

ちなみに、補償はひとり200ドルのバウチャー エティハド利用時に航空券購入にあてられるもの一年間有効
空港からタクシーで40分のホテルのスイートとビュッフェ ビジネスホテルでした
空港でのサンドイッチ

これだけです。

24時間足止め食らうのも、エコノミー利用客にとっては、仕方ないのでしょうか。今まで犠牲者にならなかったのが運が良かったのでしょうか。

アテネでオーバーブッキングをしらせてくれたら、アテネでもう一泊することを選びました。たとえ自腹でもです。

何の縁もないアブダビに、手荷物一つで放り出され一日中ホテルで小さな子供とすごすなんて、ひどい仕打ちです。子供は疲労からさらに具合が悪くなるし、大変でした。

この件に関してはもうどうすることもできませんが、こういうものなのでしょうか?

なぜ私が選ばれたのか、なぜ、搭乗券を成田まで発券しないのか、できないのか、
なにかアドバイスいただけると今後に役立ちます

投稿日時 - 2015-07-31 22:46:43

QNo.9022211

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

まずはお疲れ様でした。
いくつか質問されているので分けて書きます。
1.チェックインについて
 同一航空会社の国際線区間を乗り継ぐ場合、よほどのシステムトラブルかセキュリティ上の制約(たとえば、アメリカの空港で乗り継ぐ場合は一部の例外を除いて一度アメリカ到着時に荷物を受取らなくてはならない)がない限り預けた荷物は最終目的地まで途中でそのまま預かってくれますが、人間の搭乗券は「乗り継ぎ便の分はその先の空港で受取ってくれ」とい言われるケースが案外あったりします。たとえばシステム上の制約(同じ航空会社でも、チェックインは別の会社に任せているため空港によってチェックインシステムが違うなんてこともありますし、通信エラーで乗り継ぎ先の予約情報が引っ張り出せないなんてことも)とか、単純に当たった係員のレベルの問題とか、乗り継ぎ先の便が何らかの事情(オーバーブッキングの調整中とか、機材繰りで欠航しそうだとか)で人のチェックインを止めていたり(荷物はそれでも受け付けている)等々。したがって、アテネでチェックインできなかった本当の理由を確認するのは難しいかと思います。

2.オーバーブッキングについて
オーバーブッキング自体はホテルや航空券の座席予約など、「その日の分はその日にしか売れないもの」では珍しくないものです。連絡なくドタキャンする利用者がある程度存在する対応策として、本当の座席数より多少多く売ってしまうというもので、これを完全になくしてしまうと航空運賃はおそらくもっと高くなるでしょう。
そして質問者さんは意識されていないかと思うのですが、航空券というのはたとえ予約した便以外変更不可ということであっても、航空会社側からであれば変更させることが出来てしまう「とにかく目的地までその座席クラスで届けることだけ」を約束したものなのです。従って、オーバーブッキングという予定されている行動の結果、調整がうまくいかなかったという理由で搭乗拒否されるのは航空会社の発想では「想定の範囲内」だったりします(このあたり、利用者側は意外と認識できていなかったりしますが)。
不幸にも搭乗拒否対象となる人の選び方はさまざまですが、たとえば
・高額運賃を払った人は(最悪ビジネスクラスからエコノミーにしてでも)なるべく乗せる
・費用頻度が高い人やコネのある旅行代理店の客は(降ろすと後が怖いので)なるべく乗せる
・搭乗手続きが済んでいる人は(呼び出すのも面倒なので)乗せる(とはいえ、状況次第では土壇場で呼び出されるなんてこともあります)
・ボランティアに応じた人に変更してもらう(米系ではよくあるといわれています。翌日に変えてくれたらビジネスクラスにする等)
等がよく言われます。実際にどれで選ぶかは航空会社の考え方+当日の空港責任者の選択になります。

ちなみに、オーバーブッキングに関しては少なくとも「EUを出発するすべての航空会社便と、EUに到着するEUの航空会社の運航便」に関しては、EUが定めた規則によって一定額の保証が義務付けられています。(以下はルフトハンザのサイトです)
http://www.lufthansa.com/online/portal/lh/cmn/generalinfo?nodeid=2164312&l=ja
まあ、これがあるからアブダビまで結論を引っ張ったといううがった見方も出来なくはありませんが、少なくともアブダビまでは席があったのだから、アブダビで座席調整が出来る可能性に掛けてとりあえずアテネでは乗せたというほうがありそうです。万一アブダビに着くまでにキャンセルとか他の接続便が遅れるとかで席が空く可能性もあるわけですから。

アブダビで提示された条件についてですが、最低限の「宿泊施設と食事の手配」はされているようです。ホテルはクラスにもよるので豪勢かどうかはわかりませんが、航空券がエコノミーだとすればまあこのくらいになりそうな気もします。バウチャーに関してはその場での交渉次第の部分もあったりするので、粘ればもう少しでたかもしれませんし、なんともいえないところです。

3.今後について
まず、飛行機は基本的に「支払ったお金やクラス、利用頻度にあったサービスを受けるもの」という色が比較的強いと思ってください。サービスは機内食やラウンジだけでなく、こういったイレギュラー時の対応も含まれるものです。ヨーロッパへの安いチケットを選ぶと往々にして中東系の乗り継ぎ便がでてきますが、それにはこういったリスクも含まれているから安いのです。
仮にお好きな都市を経由する便であれば、搭乗できなかったとしても「何の縁もないアブダビに、手荷物一つで放り出され」る様なことはなかったはずですし(というか、この言い方は何の罪もないアブダビという都市に失礼だと思いますが)、欧州都市内経由便であれば、成田行きでオーバーブッキングを食らったとしても少なくとも600ユーロの現金での保証が受けられたことになります(ただし、それを利用者が積極的に権利として主張しなければいけませんが)。

個人的には、乗り継ぎ便を選択する時点で直行便に比べてかかる肉体的負担や荷物の紛失リスク(乗り継ぎがあるということは、それだけ空港職員が荷物をハンドリングする回数が増え、間違いや不心得ものが荷物をいじる可能性も上がるということです)と、価格のバランスを考えて「お買い得」なのか「安かろう悪かろう」なのか判断して決める、トラブルは起きるかもしれないというくらいの心と肉体の余裕を出来れば持つ(そうすれば、単語を並べる程度の英語力でも「淡々と粘り強く主張する交渉」は出来ます)、といったことが被害を最小限に食い止めるコツだと思います。

投稿日時 - 2015-08-01 12:58:57

ANo.2

それは大変な思いをされましたね。

> アブダビ発成田の10時間前にチェックインされることになります。

これがアテネで、システム側の都合でできなかったから、してもらえなかったのだろう、としか、分かりません。

10時間後に発つ便に乗り継ぐのだと、最初の空港で搭乗券をまだ発行してもらえないって、普通のことなのではないかと思うんですが・・・
私は、6時間後ぐらいに発つ便に乗り継ぐときは、もう、トランスファーカウンターに寄って発券してもらうのは普通だと思ってました。
「カウンターに寄って発券してもらってくださいね」なんて説明さえ、してくれない航空会社も利用したことがあります。(書いちゃうとシンガポール航空)

Webチェックインできていれば確かに、オーバーブッキングの犠牲になることはなかったと思います。
私は犠牲にならなかった方の経験をしてます。Webチェックインしたとき、変なエラーが出て同行者の夫と座席が離れたまま確定せざるを得なくなってしまったので、システムの不具合にぶりぶり怒っていたのですが、フランクフルトで乗継したとき、パリからの日本行きがストライキでキャンセルになったとかで、振替便として選ばれたらしいフランクフルト発日本行き便に、オーバーブッキングが複数発生しているとのアナウンスがありました。
何ヶ月も前から先に予約していた人が乗れなくなっていて、昨日今日急遽手配しただろうパリから帰る人が乗れるだなんて、どんな仕組みなんだろう?と今でもフシギですが。
(このへんの仕組みは知らなくてすみません)
座席が離れてしまっても、乗れなくなるよりはよかった、と怒りはここで収まりました。

なお、このときは「600ユーロ(多分現金だったと思う)とホテル代、食事代を差しあげますから、どなたか」とボランティア募ってました。
「私、明日の便でもいいけど」と近くの日本人の団体さんが話してましたけど、こういうとき口先だけで、本当に困っている人を助けようとはしないのが、日本人らしいなーと思いました。

知人がそれよりも前に、オーストリア航空利用時に600ユーロ実際にもらってボランティアしたことがあり、ルフトハンザ系は「600ユーロ」との認識です。
200ドルのバウチャーはちょっと少ないのでは?でもこれから「他より少なすぎるからもっとくれ」ってダダこねるわけには、いかないですけどね。
エディハド航空は要注意。私も覚えておきたいと思います。

でも、今回のたいへんな経験をされたことで、次回以降は確実に、もっとずっと効率のよい対応と的を得た交渉をすることは、確実にできるようになったと思います。
こうやって旅行力(?なんて言葉はないですが)って、少しずつ上がっていくものなんでしょうね。

今後に役立てる情報、少しはあったでしょうか。次の旅行は、何のトラブルもなくスムーズに行くこと、お祈りします。

投稿日時 - 2015-08-01 02:03:12

ANo.1

>なぜ私が選ばれたのか、
航空券が安い物であった、ステータスが低かった、神の思し召し、たまたまのいずれか。

>なぜ、搭乗券を成田まで発券しないのか、
オーバーブッキングだから。

>もらえるべき補償ももらえなかったのではないかと腑に落ちません。
航空機の予約は搭乗できることを確約したものでは有りませんからオーバーブッキングに補償はありません。
本来ホテルも交通費も食費もこちら持ちです。

>アテネでオーバーブッキングをしらせてくれたら、アテネでもう一泊することを選びました。たとえ自腹でもです。
ホテル代だけではなく航空券も買い直しです。
それだけ出せる余裕が有るのなら最初から高い券を買うべきですね。

投稿日時 - 2015-07-31 23:26:26

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-