こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

資産運用、資産形成、ETFについて

現在20歳独身で貯金額が500万円程度になりました。20歳になったということでSBI証券のNISA口座を開設して、資産の運用を始めたいと考えております。

初めての投資なので放置できる形のものを探していて、債権やREIT比率が少なく、海外株に長期分散投資を行えるような海外ETFの購入を考えています。
そこでバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に興味を持っているのですが、どうお考えでしょうか?

SBI証券NISA口座で買付け手数料無料を活かし、1~3ヶ月毎にNISA口座で買付けするのが効率が良いのか、
中長期的に保有すると考えるとドルコスト平均効果のためにNISA口座を利用するより、特定口座で買付けをするほうがいいのでしょうか?

また、米国の利上げが起こる場合、VTのような米国株比率の高いETFは現在購入するリスクが高いのでしょうか?
ノーロード型のインデックスファンドで積立てていったほうがいいのかと悩んでいます。

おすすめの投資方法や、投資先、今後の資産運用についてアドバイスください。投資勉強も始めたばかりの初心者で支離滅裂な文を書いたりしているかもですがご容赦ください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-06-24 19:34:34

QNo.9000222

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。

二十歳という早い時期に投資に目を向けた貴方は賢明です。

まずNISAですが、利益が出たら税金が増えない、損失が出ても税金が減らない、という制度です。ですので、使わない方が良かったという場合もあり得ます。しかも年100万円という小額な制度なので、この際、無視しても良い。NISAの外で投資しましょう。

また、債権やREITを避けようとしているようですが、これもまた賢明です。20歳の貴方に債権は百害あって一利なしです。債権はご老人用です。またREITは不動産業者の株です。特に理由も無く、特定の業界に投資範囲を限定するのは危険です。マーケット全体型が最良です。

VT(世界株)の信託報酬は0.17%です。VTI(米国株)は0.05%、VXUS(非米国株)は0.14%です。投資対象は、VTI+VXUS=VTになります。組み合わせた方が信託報酬は低い。

「ETFよりノーロード型のインデックスファンド、、、」という疑問ですが、VTはノーロード型インデックスファンドそのものです。上場しているかどうかの違いだけです。非上場型の投信でVTに類似するものは、ニッセイ外国株インデックスファンド(信託報酬0.4212%)です。

結論。VT一つで問題なし。VTIとVXUSの組合せも良い。ニッセイ外国株インデックスファンドも非常に良い。投信を選ぶ時には、購入時手数料・信託報酬・留保額という三つの経費を必ず確認しましょう。要は、長期間に渡り、ひたすら追加し続け、何があっても絶対に売らない(←分配もゼロ)、Buy&Holdの姿勢を堅持することです。健闘を祈ります。

投稿日時 - 2015-06-25 05:05:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

自分ならアクディフ3割で冒険とまでいかないまでも無難に双日とか現物買って優待狙い、今だったら金が安いので金3割.あとは国家破産対策でイギリス辺りの外貨預金を考えますね。

投稿日時 - 2015-06-25 00:12:10

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-