こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ラジコンヘリのローターが2段なのはナゼ?

本物のヘリコプターのローターは1段なのに
小さなラジコンヘリの場合は 多くが2段になってるのは
ナゼなのでしょうか
1段の場合は機体が反作用で回り出すので それを
後部の小さなローターで押さえ込む理屈は理解してます
本物のヘリと同じような1段ローターのラジコンは
少しはあるようですが少数に見えます
2段ローターを採用して 機体の回転を抑え 後部の
小さなローターを水平に回転させて機体を前後に傾ける
仕組みを本物のヘリコプターで採用しないのは 何か
理由があるのでしょうか

その辺の相互関係を判り易く説明していただけると
うれしいです
よろしくお願い致します

投稿日時 - 2015-05-23 15:25:47

QNo.8980523

54b

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

実機にも二重反転型はありますよ。
ロシアのカモフとか…しかし極めて少数です。

二重反転型を取るメリットは上下同じ大きさのローターが逆に回転することで「反トルク」を打ち消すことができます。
これによりテールロータが不要となり飛行姿勢が安定します。
だからトイラジなどはこの形なのです。

では、なぜ実機では少ないかといえば…実機は電動ではないからです。
モーターであれば上下別々のモーターで回し回転数を電子制御することで制御は足りますが、これをエンジンと機械的機構で再現するのは大変複雑化してしまいます。
また、ローター位置が高くローターシャフト(マストなんて呼びますが)が長くなってしまう。
長い軸のバランスを取るのは大変で歪みが出れば振動となってしまいます。
また、全高が高くなって着陸時などひっくり返ってしまう不安も出てきてしまいます。
このように実機で二重反転型を取るのは非常大変で実用化された例も極わずかに過ぎません。

投稿日時 - 2015-05-23 18:23:47

お礼

トイラジでテールローターも付いてる物はモーターが
3つも有りますね モーターだから可能なことで
エンジンだったら確かに難しいですね
ありがとうございました

投稿日時 - 2015-05-24 12:08:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ラジコンでもテールローターが付いていますよ。

しかし、二重反転ローターなら、ゴム動力のおもちゃでも実現でき、取りあえず飛ばせるので、構造的に極めて安価というメリットがありますね。

投稿日時 - 2015-05-23 20:02:30

お礼

二重反転式であってもテールロータで後部を上下させて
前進後退させるタイプが多いようですね
ピコファルコンのように超小型の機体にモーターが
三つも付いていて実際に飛び上って自由にコントロール
出来る物もあるんですから トイとはいえビックリです
数千円で買えるファルコン4などはテールローターは
付いてませんが 4チャンネルで真横にも移動出来るし
私が子供の頃には考えられなかったような世界が広がっていて
楽しいですね
尚私は今66才です (笑)

投稿日時 - 2015-05-24 12:44:51

ANo.4

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%87%8D%E5%8F%8D%E8%BB%A2%E5%BC%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC#.E6.AC.A0.E7.82.B9


メリット デメリットは上記のような感じですね。



トイラジコンの小型機に多いのは普通の1ローター+テールローター機よりも安定し易いからです。
2段になっている二重反転機の実際の操作(チャンネル数)が2(または3)チャンネルですが、一般機は4チャンネルです。
さらに実機のようにピッチを可変するものは5(6)チャンネルになります。

二重反転機は初めてでも結構飛ばせますが、一般タイプではいきなり飛ばすことさえ難しいです。

操作しなければならない数が増えると操作も大変になります。なのでセットで売られているタイプのトイラジコンでは二重反転機が多く見られます。(初心者向けや空撮用に安定し易い機体が必要な場合など)

機体を組み立てたりするタイプ(中級者~上級者)等のラジコンヘリは一般タイプのほうが多いです。


実機ではコストの問題や機構の複雑さ等から二重反転機は少ないですが、ラジコンでは初心者でも飛ばしやすい機種として多数売られているのです。

投稿日時 - 2015-05-23 18:25:35

お礼

本物のヘリコプターにも二重反転式があったんですねー
メリットも沢山あるようなのでもっと頑張って欲しいと
思いました
今までは二重反転式のトイラジコンしか経験が無いので
いつかはシングルローターの物に挑戦してみたいと
思うようになってきました

投稿日時 - 2015-05-24 12:25:07

ANo.2

そんなに詳しいわけではないですが、おそらくコストの関係だと思います。小型ラジコンの場合は、テールローターがさらに小さくなるわけで、そうなるとちょっとしたことで壊れやすくもなるし、構造が複雑かつ繊細になります。
それなら二重反転式のほうが部品数も少なくなるし生産しやすくなるのでしょう。

ラジコンヘリ界では、形にこだわらない初心者向けには4軸のドローンが主力になりつつありますね。

投稿日時 - 2015-05-23 17:45:03

お礼

二重反転式のローターを持つラジコンヘリでも
小さなテールローターは付いているんですよね
ただし目的が違うため 垂直ではなく水平に
回転するようになってます
テールローターが無いタイプも有ったりして
色々な物があり 比較のために次々と欲しくなって
しまい 困ったものです

投稿日時 - 2015-05-24 12:01:08

ANo.1

大型のヘリ(屋外専用ラジコン模型)は1段の方が多いと思います

1段で上下動は可能ですが 前後左右に移動させるにはプロペラに傾きを付ける必要があります
小さなヘリに組み込むには難しい 商品単価も高くなってしまう 安価に作ると壊れやすい
http://yszone.cocolog-nifty.com/yszone/2010/10/rc-2ded.html

玩具かホビー(模型)か 販売価格も関係すると思います

本物のヘリの採用が少ないのは音の問題が大きいと思います 1段の方が静かなので
2段にするなら前後に分けてタンデムにすれば後部ローターが不要になり機体面積が増やせる(実用的)
http://ja.wikipedia.org/wiki/V-107
http://model.hirobo.co.jp/products/0406-904/

投稿日時 - 2015-05-23 16:23:49

お礼

回答ありがとうございます
本物のヘリコプターってエンジンが止まった時でも
下降しながらローターが回って軟着陸出来るって
聞いたことがありますが ローターが前後にある
大型機で片方のエンジンが止まった時には どう
なるんだろうと新たに疑問が生まれました (笑)

投稿日時 - 2015-05-24 11:50:30

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-