こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アパートの入居審査について

アパートの入居審査を無職の状態で通過するにはどのくらいの貯金が必要でしょうか?
仕事探しのため中国地方から関東への引越しを考えています。
現在は登録制の派遣会社で日雇いの仕事をしていますが遠方への引越しですので審査時には無職扱いになると思います。
家賃は3万5千~4万5千円の間で考えています。
引越し後は一先ず派遣会社に登録し日雇いの仕事をしながらパートやアルバイトを探し、最終的に正社員での就職を目指そうと思っています。
まだ20代前半でこういった審査を受けたことがなく知識が乏しいもので具体的な金額が知りたく質問させていただきました。どうかご教示くださいませ。

投稿日時 - 2015-05-19 05:22:44

QNo.8977775

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

 大家しています。

 最近の流れ?である『保証会社』の保証を条件とする物件では『審査時には無職扱い』ということでは審査に通るのはかなり厳しいと思います。

 ですから、不動産屋さんに相談して不動産屋さんが“話の通せる”ような、肉親の保証人でOKを出す物件をお探しになることでしょう。こちらは『保証人』さんの経済力とご本人の印象でOKを出すでしょう。

 『どのくらいの貯金』と言われても残高証明で審査を通すような“世間知らず”な大家はそうはいません。今では『残高証明』だって作ってくれる業者もいるのは周知の事実なんです。
 よく書かれる『家賃の前払い』も同じです。「前払い期間が過ぎたから退去して。」は通じません。裁判しても大家の負け。どんな『念書』を書いて頂いても無効なんです。
 結局『残高証明』の偽造?や『源泉徴収票』の偽造?、『借主絶対保護』の法制でどこの大家も疑心暗鬼。私の所も『源泉徴収票』は信じず、役所の発行する『課税証明』をお願いしています。これには費用も300円位?掛かるようですが、一部の不良借主の存在が多くの真っ当な借主さんには本来不要=被害となっているのです。

 申し訳ありませんが、一昔前なら質問者様のような若者が世に出ようとするのを助けようとする大家もたくさんいたでしょうが、『借主絶対優位』という法制のもとで何かあれば直ぐに裁判という状況ではそういう大家も懲りてしまった? そんな社会なんです。 

投稿日時 - 2015-05-19 11:13:44

ANo.3

元営業の立場から言うと

その物件の管理会社とかにもよるのですが

謙虚に正直に事情を言ってもらえれば
それに合わせた物件を紹介します。

保証人に支払い能力があれば
貯金額はあまり問われないかもしれません。

ただ、もし問われるとしたら
1年分くらいの備蓄を要求されるかもしれませんね。

今時だと、なかなか職にありつけないことも
考えられない訳じゃないので。

その家賃だと、首都圏でも山手線圏内から
郊外へ30分~1時間の距離で
ワンルーム程度ってところでしょうけれど

より好みをしなければどこかあるでしょう。

投稿日時 - 2015-05-19 08:55:09

ANo.2

貯金の金額は、あまり関係ありません。
ふつう、ちゃんと保証金を納めて、身元がハッキリした保証人がいればOKです。
大家さん、不動産屋さんが見るのは、「毎月、キチンと家賃を払ってくれるか」「トラブルを起さなさそうか」です。
キチンとした身なり、態度、言葉づかいで接して、印象を良くするのもポイントです。
健闘を祈ります。

投稿日時 - 2015-05-19 07:53:45

ANo.1

私も過去に地方から出てきて関東で無職で部屋を借りたことがあります。経験的に預金額を聞かれたことはないので恐らく保証人を見られていたと思っています。
当時、私は父に保証人になってもらいましたが、最近は保証会社を使う方も多いのであまり心配はないかもしれませんね。
ただ不動産会社さんから大家さんに相談して決まったりするので不動産会社の担当の
方に悪い印象を与えないように気をつけたほうが良いと思います。頑張ってください!

投稿日時 - 2015-05-19 07:42:18

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-