こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ブリッジモードに切り替えても突然接続できなくなる

親機の機種はBuffalo WHI-300HPシリーズ、子機はBuffalo WLI-UC-G です。

無線でネットをしていましたが、母屋から離れに移動させた「インターネットアクセスなし」という表示がでて接続できなくなりました。しかしシグナルは「非常に強い」とありますし、他のパソコンは正常に接続できていますので環境ではなくパソコン側の問題かなと思いますが、

・PC と アクセスポイント側の無線 LAN 接続の設定が一致していない。
・無線LANのプロファイルを一旦削除して接続をはじめから作り直す

などには該当せず、サポートにきいたところ親機をブリッジモードにするように指示され、そのとおりにしたところ「インターネットアクセスなし」の異常は解消され、いったんはつながったものまた、いきなり接続できなくなります。しかし子機をはずし10秒ほど待って接続しなおすと再び接続しますがまたいきなり切れます…

また親機、子機のドライバーは最新のものにしていますし、SSID、パスワードはもちろん、セキュリティの種類、IPやサブネットマスク、デフォルトゲートウェイなどの正しい記号や番号も何回確認したかどうかわからないほどです。

パソコンに直接接続しているのではなく、USBケーブルでつなぎ受信させていますが、このことも原因なのでしょうか?
また子機は同じメーカーのものですが、新しくしたこの親機と相性が合わないということもあるのかと思いますが、母屋で受信していたときはまったく正常でしたので違うと思われます。

「インターネットアクセスなし」という状況はブリッジモードに切り替えてから解消されたもの、今度は同じようで別も問題がおきていると思われます。
どのような原因があると考えられますか?

投稿日時 - 2015-05-15 13:20:19

QNo.8975463

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>仕様をみたらIEEE802.11n / IEEE802.11g / IEEE802.11bとありました。リンク先に
>>IEEE802.11nでは2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯を使う事ができます。

これは機器が2.4GHz帯と5GHzの両方に対応している場合、どちらの帯域でもIEEE802.11n(2チャンネル分を束ねて使うなどして高速化する規格)が使えると考えるほうが正しいと思います。ちょっと誤解をまねく書き方していますね。
IEEE802.11nという記載イコール5GHz帯も対応ということにはなりませんので。

投稿日時 - 2015-05-15 17:30:44

お礼

「IEEE802.11nでは2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯を使う事ができます」
とは

>2.4GHz帯と5GHzの両方に対応している場合

ということが前提ということですね。

残念なことにこの親機、

周波数範囲(チャンネル) :IEEE802.11g / EEE802.11b:2.4GHz(1~13ch)
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wzr-300hp/#spec
ということですのでだめですね…

投稿日時 - 2015-05-16 11:56:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.5

2.4GHz帯は過密状態ということがあるので、一度電波の状態を確認してみたほうがいいですね。(干渉してつながりにくいことがあります。)

元々こういったソフトは「inSSIDer」というものが定番でしたが、1年位前からシェアウェア(有料)になりました。
無料で使えるものが他にあったと思いますが、あまり詳しくありません。
これでもいいのかな?
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20140618_653980.html

一応こちらもご参考に
http://musenlan.biz/blog/522/

投稿日時 - 2015-05-15 15:11:49

お礼

ご回答ありがとうございます。

仕様をみたらIEEE802.11n / IEEE802.11g / IEEE802.11bとありました。リンク先に
>IEEE802.11nでは2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯を使う事ができます。

>2.4GHzを利用する場合は、選べるチャネルは2つ、5GHzを利用する場合は9つとなります。

またIEEE802.11nで40MHzを使用する場合は、5GHz帯の利用を強くお勧めします。

とありますが、割り当てできるということですね。
やり方を調べてみます。

投稿日時 - 2015-05-15 17:12:44

ANo.4

インターネットから来ているケーブルを WAN 側に挿して使うのが普通なのですが、

それだと、ルーターは、WAN と LAN の間の通信を仕切るとともに通すべきモノだけ通す「ルーター」として機能しないと LANからインターネットが使えません。

そこで、WAN 側に挿さっているケーブルも、LAN 側に全部挿してしまえば、いきなりパソコンなどがつながっている LAN の仲間にインターネット回線も加わる「ブリッジモード」しかできなくなる、という仕掛けです。

投稿日時 - 2015-05-15 15:01:24

補足

ご回答ありがとうございます。

LAN=狭い範囲のネットワーク
WAN=広い範囲のネットワーク

のことだそうですが、この場合のWAN側というのはプロバイダのルーターでLANは無線ルーターのことなのですか?

>WAN 側に挿さっているケーブルも、LAN 側に全部挿してしまえば、

つまりプロバイダのルーター側のケーブルも、無線ルーターの親機につなぐということなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-05-15 15:20:10

ANo.3

Buffalo の無線ルーターは、通信のパケットの流れを察知して、「自分はルーター役をしなくちゃ」「自分は単なるブリッジでパケット流せばいいんだ」とかモードを切り替えちゃったりします。

完璧な判断ならいいのですが、よく勘違いしてくれる上に、スイッチで明確に切り替えても不安な動作をすることがあるので、

あきらかにブリッジとしての動作しかしなくなるように、WAN 側に刺さっているケーブルも、LAN 側の空きソケットに挿して、物理的にブリッジモードとしてしか機能しないようにするのが一番簡単です。(特に急ぎで接続を確保したいときなど)

投稿日時 - 2015-05-15 13:45:38

補足

ご回答ありがとうございます。

自分が使用しているパソコンがある側をLAN側、インターネット側をWAN側というそうですね。

つまりパソコンと子機を結ぶケーブルをルーターの空ソケットにも挿す、ということでよいのでしょうか??

投稿日時 - 2015-05-15 14:46:35

>無線でネットをしていましたが、母屋から離れに移動させた「インターネットアクセスなし」という表示がでて接続できなくなりました。しかしシグナルは「非常に強い」とありますし、

想像回答
「離れ」に移動した事で母屋からの電波が弱くなった。「非常に強い」シグナルはご近所のWi-Fi。


>他のパソコンは正常に接続できていますので環境ではなくパソコン側の問題かなと思いますが、
「他のパソコン」が母屋にあるのか離れにあるのか、ただ読んだだけの人にはわからない。もし母屋にある「他のパソコン」が正常ならば、やっぱ想像回答の通りだと思うが。


教訓
色々と設定を触ってドツボにはまる前に、単純な組み合わせで動作確認するのが吉。

投稿日時 - 2015-05-15 13:31:31

補足

ご回答ありがとうございます。

>「非常に強い」シグナルはご近所のWi-Fi。

そうなのですか。
「他のパソコン」について補足しますが、離れにあるパソコンのことです。母屋にある他のパソコンは正常です。

投稿日時 - 2015-05-15 13:39:27

ANo.1

母屋と離れの距離は?
距離が遠くなれば、当然の事に接続が途切れることがありますがそれはどうなのでしょうか?
無線LANに関しては相性などありません。
規格に合った物であれば接続できます。

投稿日時 - 2015-05-15 13:30:28

補足

ご回答ありがとうございます。

距離は10メートルもないと思いますし、シグナルは「非常に強い」とでてます。

投稿日時 - 2015-05-15 13:37:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-