こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

消去算の問題、解説をお願いします

小4年生に説明したいのですが、うまくできません。問、りんご2個の代金は、みかん5個の代金と同じです。ようこさんは、りんご4個とみかん10個を合わせて1200円で買いました。りんご1個のねだんを求めなさい。解答を見て、答えはわかったのですが、導き方が本人はよくわからないといいます。解説をお願いします。

投稿日時 - 2015-04-25 23:25:59

QNo.8963486

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

消去算の問題であり、りんご1個のねだんを求めるので、みかんを消去することを考えます。

みかん10個の代金は、みかん5個の代金の10÷5=2倍
みかん5個の代金は、りんご2個の代金と同じなので、みかん10個の代金はりんご2×2=4個の代金と同じ
りんご4個とみかん10個の代金は、りんご4+4=8個の値段と同じ
よって、りんご1個のねだんは1200÷8=150円

投稿日時 - 2015-04-26 02:44:00

お礼

とてもわかりやすい、説明ありがとうございました。本人に、もう一度やらせています。また、機会がありましたら、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-04-26 23:04:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

こうした問題は図を見て考えるのがわかりやすいと思います。

りんご2個の代金はみかん5個と同じなので、みかん5個とりんご2個を交換しても
値段は変わらないということがわかれば、あとは簡単でしょう。

投稿日時 - 2015-04-26 14:36:17

お礼

本当にわかりやすい回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-26 23:02:12

No.3です。ひとつ問題を見落としていました。みかんではなくりんごを出すんでしたね。失礼しました。

ただ、こういうときに何が何でもりんごを先に出さなくちゃと思う必要はありません。今はお子さんが感覚的にわかりやすい方を出せばいいのです。りんご1個の値段が先に出てきたらそれでいいし、みかんが先に出たら、
「そしたらあとは簡単だ。りんご2個とみかん5個の値段がおんなじなんだから、みかん5個の値段を計算すればりんご1個はすぐに出せるんじゃない?」と言って解かせればいいでしょう。

投稿日時 - 2015-04-26 10:46:16

お礼

わかりやすい回答ありがとうございました。導きかたまで詳しく教えて下さって、助かりました。

投稿日時 - 2015-04-26 23:02:59

4年生だとまだまだ頭の中だけで考えるのは難しいし、式だけを見ても意味が理解できないお子さんも多いでしょう。だから、こういうときは面倒でも絵を描いて説明するのがいちばんいいと思います。
例えばこんな感じです。

「りんごが3個で600円です。1個だといくらでしょう?」
「200円」
(ここで間違っていたら割り算の基本をやり直しましょう)
「正解! 割り算はちゃんとわかってるねえ。じゃ、みかん1個とりんご2個で300円でした。みかん1個はいくらでしょう?」
「う~ん。わかんない」
(ここで「100円」などと答えてしまったら基本をやり直しましょう)
「大正解! やるねえ。同じものなら割り算で出せるけど、りんごとみかんは値段が違うから割り算ができないんだよね。りんごとみかんと、どちらか1種類なら答えが出せるけど、2種類の果物が混ざってると答えが出せないんだ。この問題も、りんご4個とみかん10個だから、このままじゃ答えが出せない。困ったね」
ここで、りんご4個とみかん10個の絵を描き、その横に「1200円」と書きます。また、りんご2個とみかん5個の絵を描いてこれをイコールで結びます。
「ほら、りんごとみかんと両方あるね。これを、りんごだけとかみかんだけとか、1種類にできれば答えが出るんだけどな。どうすればいいと思う?」
「う~ん。りんごを買うのやめる」
「そりゃいい考えだ。だけどりんご買うのやめたら1200円じゃなくなっちゃうよね。みかん10個で1200円なら答えが出せるけど、りんごを買わない分だけ絶対に安くなるでしょ。値段がわからないと割り算ができないよ。他にいい考えはないかなあ」
「う~ん。わかんない」
「じゃヒントを出そうか。りんご2個の値段はみかん5個の値段と同じなんでしょ。だからね、このりんご2個を買うのやめて、その代わりにみかんを5個買うことにするんだよ」
ここでりんご2個の絵の上に斜線を引いて消し、その下にみかん5個の絵を描きます。
「ね。そしたらりんごがあと2個残ってるから、これもみかん5個に取り換えちゃえばいいんだよ。今度は自分で書いてみな」
ここでお子さんにも同じ作業をさせます。
「ほら、これでみかんばっかりになったよ。同じ値段のものを取り換えたんだから、値段は1200円のままだよね。これでもう解けるんじゃない?」
「ほんとだ。みかんが20個ある。これで1200円だから1200÷20だね。え~っと、60円だ!」
「大正解! よくできました~。こうやって、同じ値段のものを取り換えて1種類にしてしまえば割り算で解けるんだね。はい、ごほうびにみかんをどうぞ」

5年生や6年生になればこういう問題はささっと解けた方がいいのですが、今はまずイメージをしっかりつかむことがとても大切です。絵でわかりにくければ実物を使ってもいいので、感覚的につかめるようにしましょう。

投稿日時 - 2015-04-26 10:36:38

りんご2個の代金は、みかん5個の代金と同じ

りんご4個とみかん10個で1200円
(算数なので割引とか考えないとする)

ここから、
りんご2個とみかん5個で600円

りんご2個とみかん5個の値段は同じだから、600円÷2=300円がりんご2個、みかん5個それぞれの値段

りんご2個で300円なので、りんご1個で150円


とりあえず、問題文の数に持って行くにはどうするか? かな。

投稿日時 - 2015-04-25 23:57:56

お礼

わかりやすい説明、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-26 23:04:59

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-