こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

勤勉で知られる日本人の大学がなぜ世界だとレベル低い

日本最高学府であるはずの東京大学が、外国の頭の良い人から滑り止め扱いされてるなんてニュースがありました。

そういえば、世界レベルで観ると東大は20位以内にも入れてないそうですね。

あるマンガで「東大は馬鹿しか行かない」という台詞があったんですが、これはいったいどういう意味なんでしょう?いったい世界から観ると日本の大学は何が足りないんでしょうか?

頭の良い人から見ると、東大はどう見えるんでしょうか?

日本人は昔から勤勉で知られ、頭が良いと思うんですが、なぜその大学が世界レベルでトップ10にすら入ることができないのでしょう?

生徒数が違うから?
やはり、世界から観ると日本は田舎の島国で、イギリスとかアメリカみたいな都会に行きたがる学生が多いということ?

そういえば、日本の大学は入るのは難しいけど出るのは簡単で、逆にアメリカとかは入るのは簡単だけど出るのはものすごく難しいと聞いたことがあります。
世界トップレベルの大学は、入り口を広くしてる分、優秀な人間が集まりやすいということでしょうか?

どうすれば、日本の大学は世界のトップクラスになれるんでしょうか?

投稿日時 - 2015-04-08 15:16:52

QNo.8951774

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

『イギリスとかアメリカみたいな都会に行きたがる学生が多いということ?』

おいおい、東京のほうがよっぽど都会だよ(笑)

『どうすれば、日本の大学は世界のトップクラスになれるんでしょうか? 』

金だな。欧米の大学との決定的な違いは資金力。個人レベルでも企業レベルでも、大学に寄付をすることは至極当然のお国柄。ここが日本とは大きく違っている点だと思うよ。

投稿日時 - 2015-04-18 14:59:29

ANo.12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.11

休日でぼんやりしているので(笑),No.9の補筆。

ぼくの論述トーンは「裏」といえるんだけれども,読売新聞の(いかにも大衆紙らしい)たった数十人についての「扇情的」報道が故意に見落としているのは,すでに日本には多数の留学生が来ているということです。ばくが学生のころにくらべて,全国的にすごく増えたと思います。これもマスコミが好んで報道するような,底辺校の定員充足とか実態は出稼ぎ者という事例ではなく,まじめに勉強して学位をとり本国で活躍している人はたくさんいます。ぼくも何人か面倒をみています。

世界ランキングなんかはるかに無縁の,ぼくが勤務する田舎国立大学の大学院・学士課程にも留学生はいます。日本の歴史・文化・地理・地学に興味があるという人も,日本の農学を開発途上国へ土産にしようという人も,本国ではやりにくい環境問題・経済開発を外から研究したいという人も,それぞれの目的のもとにまじめに勉強しています。ただし,どこでもやれて金がかかる先端技術開発なんかは,わざわざうちには来ないんじゃないかな 笑。

とくにアジア系留学生にとっては,日本人教員には文化的基盤に共通性が見いだしやすいだろうと思います。授業で「中国や韓国にもこんな風習あるよね?」と問えば,「あるある(うちが本家だぞ 笑)」というレポートが提出されてきますし,太平洋諸国出身の学生にサトイモを食べさせたら「これはタロだ」(じじつ,植物学的に近縁種)と答えたのはおかしかった。イタリア人学生は,いろんなパスタ(広義に小麦粉製品の意)を紹介して,お国自慢。

そういう裾の広い交流が広がっているのですね。日本人教員は,外国人教員にたまにみられる尊大なエリートではなく,平均給与水準の独立行政法人職員で,身の丈があってつきあいやすい(笑)。前にも書いたように,日本は,片田舎でも留学生を受け入れられる教育システムを,たった1世紀(敗戦後なら半世紀)で構築したといえます。

教育方法としては,たしかに日本料理とおなじく「素材のよさ」を重視し,食えそうにない素材をこってりと調理することは下手です。バカチョンのマニュアルも整備されていません。しかし,日本人学生の学力やオトナ度が低下したため,バカチョン指向の努力を始めていることも事実です。むちろん仕事は激増する 笑。

投稿日時 - 2015-04-11 12:52:13

ANo.10

 「名実ともに」と言う表現があります。と言うことはこの二つは別物と言うことだと思います。ご質問も、こう言う物差しで違いが出ると思います。

1。名
 名があれば実もあると想像する。(日本国内の見方)

2。実
 実がなければ、名の意味はない。(世界の見方)

 ですから「サクラサク」の途端に墓場までの約束が取れる場所(日本だけでなく韓国、中国なども)と、広い世界との違いでしょう。

 欧米でも2はあります。僕は幸か不幸か、イギリスの有名な大学に行ったアメリカ人と時々飯を食うんですが、出身有名大学の名前が必ず1回は出ると言う重症です。 でご質問ですが

い。あるマンガで「東大は馬鹿しか行かない」という台詞があったんですが、これはいったいどういう意味なんでしょう?

 「東大は馬鹿しか行かない」という意味でしょう。

ろ。いったい世界から観ると日本の大学は何が足りないんでしょうか?

 実です。

は。頭の良い人から見ると、東大はどう見えるんでしょうか?

 僕にはお答えの資格がありません。

に。日本人は昔から勤勉で知られ、頭が良いと思うんですが、なぜその大学が世界レベルでトップ10にすら入ることができないのでしょう?

 実が足りないからでしょう。

ほ。生徒数が違うから?

 いえ、先には「駅弁大学」、今は「バス停大学」と結構あり、生徒数という量より質の問題だと思います。

へ。やはり、世界から観ると日本は田舎の島国で、イギリスとかアメリカみたいな都会に行きたがる学生が多いということ?

 いいえ。

と。そういえば、日本の大学は入るのは難しいけど出るのは簡単で、逆にアメリカとかは入るのは簡単だけど出るのはものすごく難しいと聞いたことがあります。世界トップレベルの大学は、入り口を広くしてる分、優秀な人間が集まりやすいということでしょうか?

 それもあると思います。

ち。どうすれば、日本の大学は世界のトップクラスになれるんでしょうか?

 分かりません。今のままでは到底なれないでしょう。でもこれは日本人全部がまじめに考えるべきことでいいご質問だと思います。

投稿日時 - 2015-04-11 03:35:41

>日本最高学府であるはずの東京大学が、外国の頭の良い人から滑り止め扱いされてるなんてニュースがありました。

たぶん情報源は下記だろうと推測します。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150401-OYT1T50108.html
あなたの要約は,正確ではありません。合格者のうち3割も残った(そのなかには海外有力校の合格者もいるらしい)のなら,りっぱなものじゃないですか? ふつうの大学入試の合格者でも,他大学医学部などに合格して入学辞退する人は昔からいます。そこらは個人ごとに思惑や価値観があり進路決定の自由がありますから,他人がとやかく言う筋合いのものではないと思います。

まあ,予定した入学定員が満たせないと,用意した英語による教育システムの運用効率は悪化するとは思います。しかし,合格者全員でも61人ですから,最初から本気とも思えませんがね。「周囲がうるさいから,前向き姿勢だけはとっておこうや」という,いわば「おまけ」かもしれません。東大は教員数がおおいので,みなが「余興」で少しずつ英語授業を分担すれば,学士課程の要卒単位はだせるんじゃないでしょうか。海外の目が利く受験生は,そんなことを考えたかもしれません。

>そういえば、世界レベルで観ると東大は20位以内にも入れてないそうですね。・・・日本人は昔から勤勉で知られ、頭が良いと思うんですが、なぜその大学が世界レベルでトップ10にすら入ることができないのでしょう?

で? 勤勉だからこそ,大学という制度を輸入してから100年ちょっとで世界的に名前がでるようになった,とも言えるわけ。近代化してやたらと戦争をおっぱじめたのは問題だけれども。なにも Japan as No.1 じゃなくてもいいし,わるい覇権欲をもつ国家(とその周辺国家)の国民は不幸になります。

しかも,日本では博士課程まで母国語(日本語)で勉強できる。これはじつは大変なことなのですが,海外から学生を集めるというはなしになると,裏目にでるわけですね。国家戦略としては,「外国人には,日本語を理解しないかぎり,美味しいことは教えてやんないよ」というやりかたもありえます。その結果,日本人の日本語論文が海外で読まれもせず評価もされず,学術賞を受けられなくてもどこ吹く風。一時は海外から「情報の輸入超過だ」と批判されたこともありましたが,彼らが批判したということは,彼らにとって不利だったからといえるわけですよ 笑。

ものごとには,いろんな「裏」のみかたがあります。あなたは直球勝負がお好きのようですが,「日本の大学がんばれ!」と直球を投げたいなら,自分の懐から1万円でもいいですから大学に投球していただけるよう,切にお願いします 爆。

投稿日時 - 2015-04-09 11:56:19

ANo.8

「勤勉さ」の方向性が違うからでしょう。
そういう意味で、日本の大学は世界標準の「勤勉さ」ではないと思います。


日本の大学の多くは、たとえば大学受験の際など、多くが『覚えた知識量』を問う場合が多く、『思考力』や『発想力』を問うケースはそれほどありません。『思考力』や『発想力』を問うものでも、大抵の受験生は、予備校などでそれらの解き方を教わってきてしまっているのですし、『思考力』や『発想力』があるかのように見せかけるだけで、実際には自分で考えた答えを書ける学生はほとんどいません。
ですが実際に大学に入り、グレードが進み、それこそ研究的側面が強くなると、『思考力』や『発想力』が非常に重要になってきます。知識は、覚えていなくても、必要な知識を調べられればそれでいいのですし。
卒業論文などの精度もそうです。東大生の卒論でも、結局は、学生本人の『思考力』や『発想力』を活かし、なおかつそれらが論理的にしっかりと証明されているような論文は一握りもないでしょう。多くがすでに書かれている論文をコピーしただけのような、学生自身の考えなど何一つ入っていないようなものばかりです。

日本の大学は、大学への入り方も、大学の卒業の仕方も、すべてがマニュアル化され、教本がないと何もできないような学生ばかりですし、教員の側も、教本通りに動く学生の方が扱いやすいので、結果として、自分で考え自分で動き、豊かな発想を実現させる、といった学生の自主性というのを育てられていないのでしょう。


ざっくり言えば、「勤勉」に本を読み教えを請い知識を蓄えることが日本人は得意だけれど、論理的な思考という「勤勉さ」に関しては苦手なのだと思います。
文化的にもそれが反映され、論理的に物事を思考し原因と結果などを断定するようなことはあまりせず、感覚的で曖昧模糊とした状況を好むようになっていると思います。


が、それは日本の特異性だとも思います。
世界標準でのランキングを意識するよりも、日本のそういったところを面白い、と思ってもらえるような、島国なら島国らしい独自性というのをしっかり持つべきだと思います。
実際に、日本の大学に留学してくる外国人の多くは、日本の大学のレベルうんぬんよりも、「それが日本という特異な国の大学だから」という理由が多かったします。まあ、日本の大学は人気がないので留学生を受け入れてくれやすいのもありますけど、それでも日本に留学してくる理由は、やはり日本に興味があるから、です。

研究分野も、そういった独自性というのが評価されたりもします(独自過ぎると異端扱いされたりもしますけど)し、ランキングのみでは、世界の大学の良し悪しは計れないでしょう。



また、「日本の大学は入るのは難しいけど出るのは簡単で、逆にアメリカとかは入るのは簡単だけど出るのはものすごく難しい」というのは実際にそうです。日本は入りさえすればだいたい卒業できてしまいますが、他国では進級の度に試験があったりします。卒業だけが難しいのではなく、進級するのも困難なので、留年者や退学者も日本よりもはるかに多いでしょう。
ただ「大学に入りやすい」かどうかは、また別で、特にヨーロッパなどでは、大学に入る以前の基礎教育の課程ですでに、後々大学に進学できる学力や思考力を持つ人と、職業訓練校などに行き仕事に就く人とで選別されてしまっていたりします。ですので日本のように、『高校までは低偏差値だったのに慶応大学に合格しちゃったギャル』みたいなのが存在しませんし、『ヤンキーくんが東大に合格』みたいなケースはまずありえません。
しかし例としてドイツのマイスター制度のように、職業訓練校組でも先々「優秀な人材」として認められる社会制度もあるので、大学ばかりが「優秀で勤勉」であることを示すものではなく、それぞれの分野で目標を立てやすい社会環境があるのだと思います。

このように学問を取り巻く社会環境も、日本は世界と違う、ということでしょう。
そういう意味では、確かに飛び抜けて優秀な人材は日本では生まれないかもしれませんが、たとえ中学や高校で落ちこぼれでも、その気になって傾向と対策をマスターすれば高偏差値の大学にすべり込めるので、平均値としては、世界的には非常に高い水準だと思いますし、誰にでも何歳になってでも高等教育を受けられるチャンスがある、というのは、稀有なものだと思いますよ。

投稿日時 - 2015-04-09 04:36:34

ANo.7

世界ランキングの評価基準は学生の質は含まれません。
また、学生の質が落ちているのは長年の教育政策の過ちのツケがボディブローのように効いてきています。

投稿日時 - 2015-04-08 18:51:57

ANo.6

日本の大学は、以下のような特徴があります。

・受験勉強さえしていれば誰でも入れる

・一旦入れてしまうと、講義に出席さえしていれば良い(講義内容を理解する必要はない)

・レポートや卒論は、先輩や先輩卒業生か誰かの論文やレポートを参考にでっち上げれば良い

・入れてしまえば、一切勉強してなくても、誰でも卒業できる

簡単に言えば「バカ製造機関」なんです。

で、日本人は「社会に出て、新入社員として実務を経験しながら、自分で考えて問題を解決する能力を身に付ける」のです。

本来、大学に在学中に「自分で考えて問題を解決する能力を身に付けるべき」なのですが、それが出来てる大学生は「極少数」です。東大でも、毎年、10人以下でしょう。

日本の大学も、海外の大学みたいに「自分で考えて問題を解決する能力を身に付けないと卒業できない」ようにしてしまえばいいのです(そうなったら、卒業できるのは1%未満で、99.9%は留年を繰り返した挙句に中退・退学する事になるでしょう)

投稿日時 - 2015-04-08 16:53:33

ANo.5

言語の壁に尽きます。
日本語ってどうみてもメジャーではありません。
英語って世界語ですよね。
英語の国はやっぱり強いです。母国語ですから。

落ちぶれた英国が今だに威張っていられるのもやはり英語の本家だからでしょう。
国連職員などどうしても英語圏の国の人が多くなってしまいます。
日本は分担金を払うだけのようです。

投稿日時 - 2015-04-08 16:40:44

ANo.4

「外国の頭の良い人から滑り止め扱い」というのと「世界レベルで観ると東大は20位以内にも入れてない」というのは,全く理由が異なります。

滑り止めになるのは,単純に東大の人気がないから。日本語以外で小中高と学習してきた人で,わざわざ東京で学生生活を送ろうと考えている人は珍しいですね。そんな人は,例えばアメリカの大学に行くでしょう。それでも東大に入学してきた人のレベルは,日本人で普通に東大に入学した人と比べると,たいしたことはありません。

20位以内に入れないというのは,国際化とかの指標があったりするというのもあるけど,大学教員のレベルが世界的に見れば特に高いわけではないから。この手のランキングでは入学者の学問レベルは関係がありません。そういうランキングがあれば東大は文句なくトップレベルです。

「勤勉で知られる日本人」なんていうときは,日本人の平均レベルが高いということであって,これは文句なく日本はトップレベルです。しかし大学ランキングなどに影響するのは平均のレベルではなく,トップレベルがどれだけ優秀かということであって,これは東京大学といえども世界的には特に高いわけではありません。

投稿日時 - 2015-04-08 16:07:06

ANo.3

大学のランキングは、教員がどれだけ賞を取ってるかと、教員の論文がどれだけ引用されているか、賞を受賞した卒業生がどれくらいいるかなどで、実際に行われている研究や講義の内容を細かく吟味しているわけでは有りません。

投稿日時 - 2015-04-08 16:02:36

ANo.2

日本の大学には、学問での実績が非常に少ない。
また、ゆとりのためのレジャーランド、大卒という名を持った者のための
ハロワになったところが大半です。

トップクラスというならば、大学自体が自らの存在意義を示さなければならない。
研究なりとかね。小保方のようなパチモンで話題になっているようでは話にならない。

日本人の頭の良さには戦略性、いわば目的意識が欠落している。
だから、最高学府が自らの存在意義を示す事ができない。

まともに勉強しに大学に進学する者など殆どいない、それが日本です。

投稿日時 - 2015-04-08 15:30:51

ANo.1

世界的に見て、ドイツ語やフランス語など一部のメジャーな
言語をのぞけば、中学や高校から英語で教育し、少なくとも
大学では英語で教えているケースが多い。
それを、日本語という特殊な言語を使っていながら大学まで
母国語で教えるというのは、文化的障壁以外の何物でもあり
ません。
日本で学ぶためには、まず日本語という面倒な言語を習得せ
ねばならないのでは、来たくなくなるのも当然です。

次に日本の教育は、受験競争を経て学閥に参加するための
詰め込み教育であり、大学に入るのが目的であって、入った
ら遊びまくる。
勉学は卒業の単位をとるためのヤル気のない創造性の欠けた
ものであっては、東大がノーベル賞で京大に負けるのも当然
であり、わざわざ海外から留学する気にならないのも当然です。

投稿日時 - 2015-04-08 15:30:16

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-