こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故の小額訴訟について

私の身内がバイクで走行中、対抗の車と接触しそうになり、左にハンドルを切りブレーキをかけたところスリップして山肌に接触する事故を起こしました。いわゆる驚愕事故であり、相手との接触はありません。警察に届出はして事故証明は受けました。道幅は約3・5メートルで中央線のない山道であり、当方からは上りの左カーブの手前で相手車両に気づき、相手は下りの右カーブ通過中に当方に気づいたと考えられる状況です。相手は3000CC乗用車で、最大幅は2200センチ程度であり、当方は中型バイクで、最大幅約100センチです。当方は進行方向に向かって道幅が狭くなっており、カーブのところでは、3・3メートル程度まで狭まるため、回避しなければ接触は免れないと認められる状況でした。速度は、当方が時速30キロ程度、相手は時速40キロ程度です。目撃者は、当方側には後方をバイクで走行する友人が1名、相手方には、助手席に妻らしき女性が1名です。当方は打撲を負い、自賠責では、相手方の有責性が認められて、相手側保険会社から治療費・慰謝料が支払われております。バイクの修理代に関しては、「接触してないから」との理由で、相手は支払いを拒否しております。バイクの修理代が約20万円との見積もりが出ており、小額訴訟を考えております。相手方に対しては、修理代の半分程度は求めたいと考えておりますが、金額の妥当性、及び勝訴を得るために揃えるべき資料についてアドバイスをお願いします。その他、実際に小額訴訟を経験して感じたことなど参考になることがあればなんでも結構ですので教えてもらえるとありがたいです。よろしくお願いします。長文読んでいただきありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-02 23:08:01

QNo.8948049

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

他の回答にもありますとおり、少額訴訟は確定した金銭に対して請求する場合に向いた訴訟で、過失を争うような場合にはなじみません。
また、あなたが少額訴訟を提訴したところで、相手が保険会社に委任するでしょうから、保険会社が弁護士に依頼して、通常訴訟に移行される可能性が高いでしょう。

警察には人身事故としての届出があるのでしょうか?
そもそも、相手は検察に送検されたのですかね?
送検されていれば、不起訴になっていても、実況見分調書が手に入りますので、訴訟をするなら実況見分調書は必須です。
物件事故ですと、警察からの資料は出てこないので、自分で図面を作成したり、写真を撮ったりという作業が必要になるでしょう。
バイクは任意保険に加入ではないのですか?
加入であれば、保険会社に相談です。

投稿日時 - 2015-04-03 07:34:40

補足

回答ありがとうございます。私は小額訴訟は1回で終わる裁判という理解でした。過失を争う場合にはなじまないとの助言ありがとうございます。なお、相手は送検されることなく終結となりました。理由は、道幅は3.5メートルあり、離合可能であるも、バイク側が過剰反応したとの説明でした。この道幅3.5メートルというのは、バイク側が相手車両に気づいてブレーキをかけた場所の道路両端の白線から白線の間を差しているようでした。しかし、実際には、道路両端の白線幅は平行ではなく、バイクの進行方向に向かって狭くなっているのです。さらに、白線の幅は片側15センチであり、両白線の内側は3.2メートル、カーブのところでは白線の内側が2.9メートルという状況です。警察が離合できると判断したのは、相手運転手が道路左側いっぱいを走行していた旨説明したと考えられます。しかし、同所は、相手車両側からですと右カーブであり、実際に走行している車を観察するとほぼ全ての車両が、アウトインアウトの走行をしており、事故の相手車両も当時右寄りを走行していたと考えられます。相手側には、警笛鳴らせ標識もありますが、鳴らしておりませんでした。相手車両の全幅は、車検証では、1800センチとなっているのも警察が離合できると考えた理由のひとつと考えられます。しかし、ドアミラーを含めると実際には、2200~2300センチであり、相手車両の左タイヤが左側白線上でも走行しているのであればともかく、普通に走行していれば、バイクが回避しないと接触は避けられないと考えられるのです。また、バイクの後方を走行していた知人に聴取することもなく、事故処理は終結とされた次第です。送致されなかったことで相手は自分に責任はないと自信を持っているのではないかと思います。こちらとしては、双方の保険会社同士が話できれば良かったのですが、相手は保険を使いたくないとのことで、相手の保険会社は動くことができないそうです。当方としては、衝突を避けた方が100パーセントの損害を負うのが納得できません。当方の保険会社としてもこれ以上どうすることもできず、残るは小額訴訟しかないと考えた次第です。相手側保険会社も「納得できなければ小額訴訟をすればどうですか。ただし、接触がない事故の過失認定は難しく修理代の2割か3割程度しか認められないと思いますよ。」と言っている状況です。ただ10万円を求めるために通常訴訟を行うというのは、労力的にも割に合わないですよね。泣き寝入りするしかないのでしょうか。長々とすみません。アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-05 23:09:49

ANo.1

少額訴訟は
相手が異議申し立てをすれば
通常訴訟に移ります。
金額に争いがあるような場合や、相手が認めていないことを
少額訴訟で争うのは難しいでしょう。
非接触事故ですし相手側の過失行為と損害との因果関係を
1回の証拠調べで証明するのは難しいと思いますけど。
自賠責は人に対する補償なので
貴方の過失が7割以下なら減額なく支払われることになってます。
過失割合が10:0で無い限り貴方が原因で事故が起こっても
自賠責は支払われます。
参考
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/sojou-songaibaishoukoutsuujiko-setsumei-H26.pdf

投稿日時 - 2015-04-03 06:33:32

お礼

回答ありがとうございます。相手が認めてなければ通常訴訟に移るということは、かなりの労力を覚悟しないといけないわけですね。考えさせられます。

投稿日時 - 2015-04-05 21:47:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-