こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

退職所得(退職金・企業年金一時金・役員退職慰労金)

退職所得にかかる所得税と住民税について調べています。
自分の理解が正しいか確信が持てず、お力をお貸しください。

民間の上場企業の正社員が58歳の時に、執行役員となり、
従業員(35年間在籍)としての退職金3,000万円を受け取る際の税金は、

退職所得控除額=70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円
退職所得=(3,000万円-1,850万円)×1/2=575万円
所得税額=575万円×20%-427,500円=722,500円
所得税+復興特別所得税=722,500円×102.1%=737,672円
住民税=575万円×10%=575,000円

で正しいでしょうか?

その後、執行役員を2年間で退職し、
60歳で、役員退職慰労金3,000万円を受け取る際の税金は、

退職所得控除額=40万円×2年=80万円
退職所得=(3,000万円-80万円)=2,920万円
所得税額=2,920万円×40%-2,796,000円=8,884,000円
所得税+復興特別所得税=8,884,000円×102.1%=9,070,564円
住民税=2,920万円×10%=292万円

で正しいでしょうか?

上記の役員退職慰労金と同時に、企業独自の年金上乗せ分を一時金で1,000万円、
受け取った場合の税金は、役員退職慰労金3,000万円とあわせると、

退職所得控除額=40万円×2年=80万円
退職所得=(3,000万円+1,000万円-80万円)=3,920万円
所得税額=3,920万円×40%-2,796,000円=12,884,000円
所得税+復興特別所得税=14,476,000円×102.1%=13,154,564円
住民税=3,920万円×10%=392万円

となりますでしょうか?

35年間の従業員としての期間の年金を一時金で受け取る際の所得控除額が、
どの額で算出するのが正しいか、理解があやふやです。

退職所得控除額=40万円×2年=80万円?
退職所得控除額=70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円?
退職所得控除額=70万円×(37年-20年)+800万円=1,990万円?

数字だらけの質問で、すみませんが、お詳しい方、お力をお貸しください。
是非よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-03-28 14:27:05

QNo.8944447

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

全て正しいです。
35年間の従業員としての期間の年金を一時金で受け取る際の所得控除額は、
退職所得控除額=70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円です。

投稿日時 - 2015-03-28 17:52:37

補足

コメントをくださり大変にありがとうございました。
いただいたコメントについて、もう1つご教示ください。

>35年間の従業員としての期間の年金を一時金で受け取る際の所得控除額は、
>退職所得控除額=70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円です。

58歳で、従業員としての退職金を受け取り、
60歳で、従業員としての年金一時金と役員退職慰労金を受け取る場合、
58歳の時に、70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円の
退職所得控除額全額を使い切っているので、
60歳で、従業員としての年金一時金を受け取る時は、
70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円の所得控除でなく、
40万円×2年=80万円の退職所得控除となるという理解であっていますでしょうか?

仮に、58歳で受け取る退職金が1,000万円で、
退職所得控除1,850万円の範囲内の時は、
60歳で受け取る年金一時金1,000万円の退職所得控除は、

70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円
70万円×(35年-20年)+800万円=1,850万円-1,000万円=850万円
40万円×2年=80万円
のいずれを適応すればよいのでしょうか?

何度もすみませんが、是非お教えください。
何卒よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-03-29 11:19:26

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-