こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不動産登記の内容が分からないことだらけです

10年ほど空き家になっている他界した祖父母の家の登記を調べたところ、
名義人が祖父のままになっていました。

1.これは、誰も相続しなかったということなのでしょうか?

2.また、家は祖父の建てたものでしたが、土地は借りていた為、そちらの登記も調べたところ土地の名義人の方も他界されている可能性が高いことが分かりました。
土地も建物も固定資産税は払い続けなければならないでしょうから、名義人ではない人間が支払い続けているということなんでしょうか?

3.これが一番知りたいのですが、名義人が亡くなっている場合、法的に認められる所有権利者は固定資産税を支払っている人間になるのでしょうか?相続もしていない&固定資産税も支払われていない場合は自治体などが管理するのでしょうか?

アドバイスを頂けるととても助かります。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-02-02 17:29:40

QNo.8909697

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

建物の登記上所有者が祖父である以上、固定資産税を誰が支払っていても、

所有者は祖父(の相続人)である事は間違いありません

しかしながら、誰かが固定資産税を払っている訳ですから

それが相続人以外の場合申し出があれば、相続人が固定資産税の

立て替えた分を返還しなければいけません

祖父の死亡時に、遺産分割協議書により誰かが相続したとしても、

所有権の移転登記はされてないという事ですね

土地も同じでしよう

考えられる事は、

(1) 土地の所有者か、所有者と同居している相続人
  土地の所有者が無くなっている場合は、土地の相続人が、
  あなたの祖父の代わりに支払っている

(2) あなたの祖父の相続人の誰かが、建物を相続し、移転登記をしないまま
  固定資産税を支払っている

どちらにしても、固定資産税は支払っていない、という事は考えにくいですね

投稿日時 - 2015-02-02 18:52:55

お礼

とても
参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-17 13:35:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

1.相続手続をしていないと言うことです。
2.その不動産関係者が税金を払っているのでしょう。
3.税金を払っても所有者ではありません。税金を払わなくても役所は管理しません。

相続はすぐにしなければならないわけではないのです。役所は税金が入れば良いのです。所有権は登記の名義人変更をしなければ移りません。おそらくそれが揉めているのでしょう。そのような状態を放置すると孫の代に進むと相続協議がさらに難しくなります。

投稿日時 - 2015-02-02 18:48:54

お礼

とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-17 13:36:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-