こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社会復帰 作業所利用にあたり

精神疾患が有り精神手帳を所持しています。

アルバイトも経験しましたが、長期間はやったことは有りません。

でも、自分で今の状態ではいけない。【自分のペースで】(アルバイトでは感じられなかった)いつかは何処かの正社員になって、就労をしたいと思います。

先日 作業所の体験に行くと「アルバイトをしていたが、そこでいじめを受けた。自分としてもかなり頑張ったし、他の人がアルバイト先を直ぐに辞めるのに対し、辞めない記録も更新してしまった」と言った人と出会いました。その人もアルバイトでは、自分のペースで仕事が出来ず、作業所を利用するようになった、と言っていました。


前置きが長くなりましたが質問はここからです。

友人で私が精神疾患で有ること・精神手帳を所持していることを知っている人はいません。お互いに近況報告をする際、友人から「今、〇〇で働いている。通勤時間が〇時間」と言われます。友人は私が体調が悪いのは【身体的】だと思っており、「早く良くなって働けると良いね」と言ってくれます。私を気遣っての言葉だと受け止め私は苦痛には思っていない状態でした。

私は今回、作業所を利用することは、社会復帰の第一歩だと思っています。ただ、作業所の利用は「仕事をはじめた」と言って言いのだろうか?と、思っています。作業所を利用する=工賃有り となりますよね? 作業所の利用は、何処かの企業に就職はしたこととは異なる気がします。
ただ、工賃有りは決まった時間 作業所を利用すると、毎月同じ額の収入を得られる状態なので、就労をして得た状態は、何処かに勤めていると言って良いのだろうか?と思っています。 最近 「自分のペースで仕事が出来るところを探す」と知らせると、「就活」頑張って!と言われました。

作業所は少しずつ自分のペースで、一週間のうちに利用する回数を増やして行こうと思っています。

作業所利用は就労と言える・仕事をはじめたと言う状態になるのでしょうか?

友人に何と言えば良いのか困っています。

投稿日時 - 2015-01-23 11:16:48

QNo.8901133

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、ご質問者様が考えている「社会復帰」って何なのかが問題になると思います。

「社会復帰」=「社会のために貢献したい」なら、「作業所」を利用しても既に目的は達成したことになります。


これが健常者と同じように残業をバリバリして「正社員」として働くようになりたいということが、「社会復帰」と考えているなら、ご質問者様がどのような「精神疾患」に罹患されているか存知上げませんが、軽度の「精神疾患」では通常では精神手帳は交付されないはずです。

健常者と同じように残業をバリバリして「正社員」として働くことがご質問者様の健康状態に悪影響に及ぼすことも考えられますので、その点は医師にご相談ください。

但し、障害者採用枠で正社員を目指すというなら、現実的だと思われます。

投稿日時 - 2015-01-23 11:34:24

お礼

回答 有り難うございます。

>「社会復帰」=「社会のために貢献したい」なら、「作業所」を利用しても既に目的は達成したことになります。

そのような考え方です。後、他者との交流なども考えています。

>但し、障害者採用枠で正社員を目指すというなら、現実的だと思われます。
私は長い間、世間から切り離れた生活を送っていたので時間はかかるとは思います。でも、いつかは一般企業で障害者枠で正社員を。。と考えています。

投稿日時 - 2015-01-23 12:53:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-