こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本霊異記中巻第二十七縁の現代語訳を教えて下さい

訳が分からないので現代語訳を教えて下さい。
お願いします。

尾張の宿禰久玖利は、尾張の国、中嶋の郡の大領なりき。
聖武天皇の国食しし時の人なり。
久玖利が妻は、同じ国、愛知の郡、片わの里にありし女人なり<こは昔、元興寺二ありし道場法師の孫ぞ>。
夫に隋ひ柔らかに儒かにして、練たる糸・綿のごとし。
麻の細きてづくりを織りて、夫の大領に着せたり。てづくりのうるはしこと比なし。

時に、その国を行ふ主は、稚桜部の任なりき。国の上、大領に着せたる衣のうるはしを視て、取りていはく、「汝に着すべき衣にあらず」といひて、返さず。
妻問ふ、、「衣をいかにしつる」といふ。答ふらく、「国の上、取れり」といふ。また問ふ、「その衣を心に惜しとや思ふ」といふ。答へていはく、「はなはだ惜し」といふ。妻すなはち往きて、国の上の前に居て、乞ひていはく、「衣賜へ」といふ。ここに国の上いはく、「いかなる女ぞ、引き捨てよ」といふ。引かしむるに動かず。

女、二つの指をもて、国の上の居る床の端を取り、居ゑながら国府の門の外に持ち出づ。国の上の衣のすそを、つだつだに捕り粉き、乞ひていはく、「衣たまへ」といふ。国の上、おそり煩ひ、その衣を返し与ふ。取りて持ちて家に帰り、洒ぎて浄め、その衣を牒み収む。呉竹を捕り粉くこと練糸のごとし。

大領の父母、見て大きにおそり、その子に告げていはく、「汝、この妻によりて、国の司に怨まれむ。行ふ事、大きにおそろし。国の司をすらにも是くするを、事の咎、動もあらば、われらいかにせむ。寝み食ふことあたはず」といふ。そゑに、本の家に送りて、またかへりみず。

しかして後に、この嬢、その里の草津の川の河津に至る。衣洗ふ時に、商人の大船、荷を載せて過ぎむとす。船長、嬢を見て、言ひ煩し嘲しもちあそぶ。女、「黙あれ」といふ。女いはく、「人を犯す者は、頬痛く打たれむ」といふ。船長聞きていかり、船を留めて女を打つ。

女、打たるるを痛しとせず、船の半引き居ゑ、船下りて水に入る。津のほとりの人を雇ひて、船の物持ち上げ、しかしてさらに船に載す。嬢いはく、「礼なきがゆゑに船を引き居ゑつ。なにのゑにか、諸人、賤しき女を陵がしむる」といふ。船の荷載せながら、また一町ほど引き上げて居う。ここに、船人大きにおそり、長跪きてまうしていはく、「犯せり。服なり」といふ。そゑに女、聴許しつ。その船は五百人して引けども動かざりき。そゑに知る、その力は五百人の力より過ぎたることを。

経に説きたまへるがごとし。「餅を作りて三宝を供養すれば、金剛那羅延の力を得む、云々」とのたまへり。ここをもてまさに知れ、先の世に大きなる枚餅を作りて、三宝衆僧を供養し、この強き力を得たりしといふことを。

投稿日時 - 2015-01-21 18:09:26

QNo.8899243

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

尾張の宿禰久玖利(すくね くくり)は尾張の国中嶋の郡(こおり)の大領である。
聖武天皇が国を治めになった時の人である。
久玖利の妻は、同国愛知郡(こおり)の片わの里にいた女である。(これは昔元興寺にいた道場法師の孫である。)
夫に従ってやわらかでなよなよとし、練った糸や綿のようであった。
麻の細糸の手作り布を織って、夫の大領に着せた。手作り布の美しさは、くらべるものがないほどのものであった。

時に、その国の政治をおこなう長官は、稚桜部(わかさくらべ)の任であった。
国守は、大領に着せた衣が美しいのを見て、取り上げ、「おまえに着せるような衣ではない」といって、返さない。
妻が夫にたずねて「衣はどうなさいました」と、答えて「国守に取り上げられた」と。重ねてたずねて「あの衣が惜しいと思いますか」と、答えていう「たいへん惜しい」と。妻はすぐに行って、国守の前にすわって、願っていう「衣をくださいませ」と。その国守がいう「どういう女か、ひきづり出せ」と。引きづり出そうとしたが、動かない。

女は二本の指で、国守がすわっている座席の端を持って、すわったままで、国府の門外に持ち出し、国守の衣の裾をずたずたにもみくだき、願っていう「衣をくださいませ」と。国守はおそれてめんどうに思い、その衣を返して与えた。取って家に持ち帰り、洗い浄めてその衣を折りたたんでしまった。呉竹を手につかみもみくだいて練り糸のようにした。

大領の父と母は、それを見てたいそうおそれ、その子に告げていう「おまえがこの妻によって、国司に怨まれ、処分を受けることをたいそうおそれている。国司さえもこのようにするのに、そのようなことが何かにつけてあったなら、われわれはどうしたよいか、寝るも食べるもできやしないよ」と。そこで妻を実家に返して、もうかえりみなかった。

それからのちのこと、この女は、その里の草津川の船着場に行って衣を洗っていた。時に、商人の大きな船が、荷物を載せて通りかかった。船長が女を見て、ごたごたといってひやかしからかった。女がいう「おだまり」と。重ねて女がいう「人によけいな悪いことをする者は、ほおをひどくひっぱたくよ」と。船長はこれを聞いて目をむいて怒り、船をとめて女を打った。

女は打っても痛がらず、船を半分陸に引き揚げて置いたので、船の後部は下がって水につかった。船長は、船着場の近くの人をやとって、船の荷物を陸に運び上げ、船を水に浮かべてから、改めて船に載せなおした。女がいう「無礼なことをするので、船を引き揚げて陸に置きました。なぜみなさんは、つまらないわたしのような女をからかうのですか」と。船に荷物を載せたまま、なおも一町ほど引き揚げて置いた。ここに船人はたいそうおそれ、ひざまづいて申し上げていう「悪いことをいたしました。おっしゃるとおりでございます」と。そこで女はゆるしてやった。その船は五百人で引いても動かなかった。それで、女の力は五百人を超えていたことがわかった。

経に説くように「餅を作って三宝に供養すれば、金剛那羅延(こんごうならえん)の力を得る、云々」と。これでよくわかるはずである。先の世で大型の餅を作り、三宝や多くの僧に供養して、この強力を得たのであるということが。

訳出典:図説日本の古典(3)日本霊異記P71~P72 小嶋瓔禮 集英社

投稿日時 - 2015-01-21 19:36:37

お礼

こんなに早い回答をありがとうございます!!!
助かりました!

投稿日時 - 2015-01-21 20:03:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-