こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

所得税について

現在、年金を貰いながら月の3/4以下の勤務を行っています。
いわゆるアルバイト勤務と言う事になります。
厚生保険には加入していますが、社会保険には加入していません。

給料明細を見ると、所得税は引かれています。
年金については、確定申告が必要なんだろうと思いますが、
初めてのことでよく判っていません。

給与で所得税を支払っていて、年金で所得税を取られる計算について
ご存知の方おられましたら、確定申告についてアドバイスをいただけないでしょうか。

投稿日時 - 2015-01-07 19:05:26

QNo.8883430

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

Q_A_…です。

>とりあえずは、会社の源泉徴収票と年金の源泉票があればよいのかな・・と思います。…これが揃えば、ネットで概略確定申告の過不足金がシミュレーションできるだろうと思っています。

はい、他に収入(≒所得)がなければ、原則として(試算には)他の情報は不要です。

なお、「給与と公的年金の収入のみ」の場合は、(まったく初めての場合は「慣れ」が必要ですが)確定申告書の作成は非常に簡単です。

もちろん、「所得控除」は「人それぞれ」申告できるものが違いますが、これも慣れればどうということはありません。

---
ちなみに、税負担を調整するための控除には「税額控除(ぜいがくこうじょ)」というものもありますが、所得控除と違い適用できる人は限られます。

(参考)

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『税金から差し引かれる金額(税額控除)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm

---
ちなみに、「申告書A」は、「申告書Bの簡易版」といった位置づけで、「給与と公的年金のみ」ならばどちらを使っても問題ありません。

(参考)

『確定申告書の記載例|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kisairei2013/index.htm


>厚生保険は間違いで、雇用保険でした。

そういうことであれば、健康保険の適用がなくても特に不自然ではありません。

(参考)

『社会保険加入の「4分の3要件」の根拠はどこにあるのですか?|労務ドットコム』(2011年08月29日)
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65508695.html
---
『労働保険とはこのような制度です|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html
『[PDF]雇用保険に加入していますか~労働者の皆様へ~|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/roudousha01.pdf
『高年齢継続被保険者|西村社会保険労務士事務所』
http://www.nsr-office.com/glossary_roudou/000508.html



*****
(その他、参考リンク)

『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01
『公的年金等を受給されている方へ|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/campaign/h25/Dec/03.htm
---
『確定申告を要しない場合の意義|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

投稿日時 - 2015-01-09 14:26:20

ANo.5

>給料明細を見ると、所得税は引かれています。年金については、確定申告が必要なんだろうと思いますが、
そのとおりです。
年金収入が400万円以下で、かつ、年金以外のその他の所得が20万円以下の場合は確定申告の必要がないとされています。
つまり、これに該当しなければ、確定申告が必要ということになりますね。

なお、確定申告する場合は、年金所得、給与所得を両方の所得を申告する必要があります。
確定申告は所得税の精算ですから、すべての所得を合計し、そこから社会保険料控除、基礎控除などの所得控除を引き、残った額に対して税額が計算されます。
年金所得は「収入」から70万円を引いた額、給与所得は「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)。源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」)」を引いた額を「所得」といいます。

>給与で所得税を支払っていて、年金で所得税を取られる計算についてご存知の方おられましたら、確定申告についてアドバイスをいただけないでしょうか。
所得税の計算は前に書いたとおりです。
2月16日から3月15日の間に、給与所得の源泉徴収票、年金の源泉徴収票、ハンコ、通帳を持って、税務署に行ってください。
国保の保険料払っていて、バイト先の年末調整でその申告をしていなければその額がわかるものも持っていけば、その分控除を受けられ税金安くなり、その額によっては還付もありえます。
なお、申告書の書き方は税務署で教えてくれます。

投稿日時 - 2015-01-08 08:51:06

お礼

有難う御座います
年金収入400万円までなら・・・・
サラリーマンには程遠い金額ですね、これだけあれば生活は十分できるのだが。
実際のところは200万円前後から250万円くらいまでが相当な数なんだろうと・・・
(44年間納めた人で)
公務員は違うのでしょうね・・・
ちょっと、話がずれました。

でも、アルバイトをやめると確定申告が必要ないとの情報は助かります。

投稿日時 - 2015-01-09 08:09:27

長いですがよろしければご覧ください。

>給与で所得税を支払っていて、年金で所得税を取られる計算について…

「給与から源泉徴収される(天引きされる)所得税」「年金から源泉徴収される所得税」の金額は、「給与だけ」「年金だけ」で計算された所得税額に過ぎませんので、「hana-51さんが納めなければならない所得税の額」では【ありません】。

そして、「納めなければならない所得税の額」を確定させる手続き(≒所得税の過不足を精算する手続き)が「【所得税の】確定申告」です。

※なお、「給与」「年金」ともに、必ず所得税が源泉徴収されるわけではありません。

(参考)

『確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>【所得税の】確定申告は、……1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金……などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。

---
具体的には、以下のように「hana-51さんが納めなければならない所得税の額」を計算することになります。

・「給与所得の金額」+「公的年金等に係る雑所得の金額」=総所得金額
  ↓
・総所得金額-【所得控除の額の合計額】=課税される所得金額
  ↓
・課税される所得金額×所得税率=所得税額

この所得税額よりも「源泉徴収の制度により納付済みの所得税額」の方が少ない場合は、不足する所得税を【国に】納めます。

逆に、「納付済みの所得税額」の方が多かった場合は、その差額が国から還付されます。

---
なお、「給与所得の金額と公的年金等に係る雑所得の金額の求め方」や「所得控除とは何か?」については、以下のリンクなどをご参照ください。

(参考)

『所得金額の計算|新潟市』
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/zei/siraberu/kojin/shotokukingaku.html
※「所得税」でも「個人住民税」でも「所得の種類と所得金額の計算方法」は同じです。
---
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

---
ちなみに、「所得税の確定申告書」は、「国税庁のサイトで作成→所轄の税務署へ郵送」などの方法で提出することもできますが、『給与所得の源泉徴収票』と『公的年金等の源泉徴収票』の原本を添付する必要があります。

また、受けたい(申告したい)「所得控除」によっては、別途証明書などの添付が必要になります。

詳しくは、以下のWebページなどをご参照いただいて、それでもよく分からなければ最寄りの税務署へご相談ください。

(参考)

『所得税(確定申告書等作成コーナー)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
『確定申告期に多いお問合せ事項Q&A|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/01.htm
>>【確定申告・還付申告】>>Q3 確定申告はどのように行えばよいのですか。
>>【申告相談】
>>【申告書の提出】>>Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。
---
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm


*****
(備考1.)

◯「個人住民税の申告(≒市町村への所得の申告)」について

「国へ所得税の確定申告書を提出した人」などは、「個人住民税の申告」は不要になります。

細かいルールは自治体ごとの条例により異なりますので、「1月1日に居住している市町村(の課税担当課)」へご確認ください。

(参考)

『確定申告期に多いお問合せ事項Q&A>【確定申告・還付申告】>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
---
『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『市・府民税(個人住民税)の申告について|泉佐野市』
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/somu/zeimu/menu/sizei/sizei_kojin/1329096024124.html


*****
(備考2.)

>いわゆるアルバイト勤務…厚生保険には加入していますが、社会保険には加入していません。

「厚生年金保険」は、「社員、アルバイト」のような「雇用契約の仕方」とは関係なく、以下のリンクにあるようなルールで適用になるかどうかが決まります。

(参考)

『Q.会社に勤めたときは、必ず厚生年金保険に加入するのですか。|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=1053&faq_genre=024
『従業員を採用したときの手続き|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2027
>>……原則として、70歳以上の人は健康保険のみの加入となります。……
---
『社会保険|kotobank』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen

ちなみに、「厚生年金保険」と「健康保険」の加入要件は原則として同じですから、「なぜ健康保険が適用にならないのか?」については「事業主」にご確認ください。
(【国民健康保険組合】に加入している事業所など、一部の事業所で健康保険が適用除外となります。)

(参考)

『公的医療保険の運営者―保険者―国民健康保険組合|WEBNOTE』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/_1_117.html
『適用除外について | 神奈川県医師国民健康保険組合』
http://www.k-ishikokuho.or.jp/other02.htm

※なお、「加入している社会保険の種類」と「税務申告の仕方」に直接の関係は【ありません】。



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『日本における税務行政>第2 税務執行のあらまし|国税庁』
http://www.nta.go.jp/kohyo/katsudou/report/2003/japanese/text/02/01-03.htm
>>3 源泉徴収制度
>>所得税及び法人税については、納税義務者(所得者)自身が、課税期間の所得金額とこれに対応する税額を計算し、これを自主的に申告して納税する、いわゆる「申告納税制度」を建前としているが、これと併せて特定の所得については、その所得の支払の際に支払者が所得税を徴収して納付する源泉徴収制度を採用している。……
---
『大混雑の確定申告|あなたの知らない方が良かった世界』(2007/03/12)
http://kaisendon.seesaa.net/article/35827006.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署の無料セミナーを活用して記帳方法を勉強|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html

***
『全国の相談・手続窓口|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp
『各種相談窓口|全国社会保険労務士会連合会』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

投稿日時 - 2015-01-07 23:01:25

お礼

有難う御座います
いろいろなケースでアドバイスを書いていただて長文になっていますが、ケースになった時には助かります。
とりあえずは、会社の源泉徴収票と年金の源泉票があればよいのかな・・と思います。
先ほど、年金事務所に連絡したところ26年分の年金の源泉票は20日過ぎに届きます、と言う事でした。
これが揃えば、ネットで概略確定申告の過不足金がシミュレーションできるだろうと思っています。

質問文中に、間違いがありました。
厚生保険は間違いで、雇用保険でした。
大変失礼しました。

投稿日時 - 2015-01-09 13:14:45

ANo.3

社会保険と言うのは医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険のことを言うんだけれど,「社会保険には加入していません」と言うのに「厚生保険には加入しています」とはどういうこと?
よくわからない状況でも,かろうじてアドバイスできるのは,確定申告をしてください,ということです。給与の方からも年金の方からも源泉徴収票がもらえますから,それを元に確定申告書に記入して提出すればOKです。

もっとアドバイスが欲しければ,年齢(生年月日)と性別と収入の状況をを明らかにしてください。

投稿日時 - 2015-01-07 20:43:25

お礼

有難う御座います
説明文に間違いがありました。
誤:厚生保険
正:雇用保険
でした。
申し訳ありませんでした。

性別、年齢くらいは書くべきでしたね、ご指摘もっともです。
性別:男
年齢:63歳

投稿日時 - 2015-01-08 06:42:57

ANo.2

>給与で所得税を支払っていて、年金で所得税を取られる…

それは、どちらも取らぬ狸の皮算用で、仮の分割前払いをさせられているだけです。

そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
自営業者等が、年が明けてから確定申告をするのはこのためです。
サラリーマンの給与と年金に限り (ほかにも一部あるが)、源泉徴収の名の下に分割前払いさせられます。
源泉徴収は、あくまでも取らぬ狸の皮算用ですから、1年間が終われば過不足を生じることも多々あり、これを是正するのが年末調整または確定申告です。

給与だけなら年末調整をしてもらってそれでおしまいになりますが、年金は年末調整の守備範囲外なので、給与と一緒にして確定申告をします。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

「確定申告書 A」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/01.pdf
で、給与は ○ア と ○1 欄、年金は ○イ と ○1 欄、前払いさせられた所得税は ○38 欄です。

「収入」と「所得」の関係は、
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

【年金による雑所得】
年齢区分に応じて一定額を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2015-01-07 20:26:41

お礼

有難う御座います

>「確定申告書 A」
これは、年末調整した会社からの源泉徴収票と年金の収入を記載するのでしょうか?
年金は、年金事務所のNET情報で年間収入が確認できるかもしれませんので、
記入のトライをしてみたいと思います。
他の情報については、確定申告までに確認したいと思います。

質問文中の、
厚生保険は間違いで、雇用保険でした。
大変失礼しました。

投稿日時 - 2015-01-08 07:01:38

ANo.1

給与も年金も所得税を支払います。必要により確定申告が必要です。月の3/4以下の勤務でしたら、おそらく確定申告が必要です。

投稿日時 - 2015-01-07 19:31:45

お礼

有難う御座います。
確定申告はするつもりでいます。

投稿日時 - 2015-01-08 06:38:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-