こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダブルワークと偽っています。

お恥ずかしい話で恐縮なのですが、なんとか出来ないかと悩んでおります。年末調整や確定申告等に詳しい方、どうか知恵をお貸しください。

私はここ数年間、貯金を切り崩しながら、うつ病の治療を行なっていて無職だったのですが、生活費を得る為とリハビリの為、今年の6月頃に体力的に厳しく拘束時間が3日間と長いけれどお給料が良いアルバイトを始め(何件かそれを理由に不採用になったので、うつ病の事は隠して採用されました)7月には人出不足による連続勤務で身体を壊してしまい、それ以降はダブルワークと偽り休日を多めにもらいながら働いております。

採用半年で仕事にも慣れ、これから頑張ろうと思っていた矢先に年末調整の話が会社の上司から出てしまい、咄嗟にもう一つの仕事の事もあるので来年、自分で確定申告しますと言ってしまいました。

そう言った所、それとは別の書類を書いて提出しないと来年からの給料が大幅に(具体的には1/8~1/16位?)減ると言われました。来年の控除の申請が~と説明を受けたのですが忙しい時間帯だったのと普段は会わない偉い上司にイライラと説明されて緊張してしまい、全く理解出来ませんでした。

その会社は新しいアルバイトが入社しても長くは続かず常に人出不足の為、もし、ダブルワークだと偽って休日を多くもらっていた事がバレれば、同じ様なダブルワークと偽った人が何人か嫌がらせの末に辞めさせられているそうなので私も解雇されてしまうと思います。

その確定申告とは別の書類?を提出するにあたってダブルワークだと偽っていた事がバレてしまうのならば給料の減額を覚悟して書類を提出しない事も考えています。今の時点では来年の確定申告もしないつもりです。

自分の嘘から始まった事で本当に恐縮なのですが、その書類について詳しく教えて頂きたいのと、もしあればですが、別の仕事をしていない事がバレない方法がないか教えて頂ければと思っております。

わかりにくい質問で申し訳ありませんが、どうかよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2014-12-11 15:15:15

QNo.8854734

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>それとは別の書類を書いて提出しないと来年からの給料が大幅に…

それは、平成27年分の「扶養控除等異動申告書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h27_01.pdf
のことで、これは来年の給与から所得税を分割前払いさせるための資料です。

これを出しておけば甲欄、出さなければ乙欄で前払い (源泉徴収) させられるのです。
例えば給与額が 10万円の独身者だとしたら、甲欄は 720円、乙欄だと 3,600円の前払です。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2014/data/01_1.pdf

そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
サラリーマンの場合に限り (ほかにも一部あるが)、源泉徴収の名の下に分割前払いさせられます。
源泉徴収は、あくまでも取らぬ狸の皮算用ですから、1年間が終われば過不足を生じることも多々あり、これを是正するのが年末調整です。

したがって、甲欄であろうが乙欄であろうが、最終的には同じ納税額になるのです。
まあ、前払が多かったとしても利息分だけ安くしてくれるわけではありませんので、前払は少なければ少ないに越したことはありませんけど。

>その確定申告とは別の書類?を提出するにあたってダブルワークだと偽っていた事がバレ…

いやいや、ダブルワークうんぬんというのは今年の話でしょう。
個人の税金は 1年 1年で区切られ、今年の話と来年の予定とは全く別物です。
ばれるばれないの懸念は無用です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2014-12-11 17:40:51

お礼

詳しい回答ありがとうございます。

扶養控除等異動申告書について少しだけ調べた所、名前や住所を書くだけで今年の収入額等を書く欄は無いようで安心しました。早い内に提出しようかと思います。

ここ数日間悩み続けていたので本当に助かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-11 21:50:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

はい、わかりにくい質問ですね。
およそ質問は本人がわかってないので発生するものですから、それは大丈夫ですが、悩みが二つあるのを一緒くたに捉えておられるので、大変に感じておられるようです。
問題をバラバラにして考えましょう。

1、ダブルワークをしてるという嘘はなぜついてるのか。
「うつ病治療者であることを伝えたら、採用されない。
採用されるがために、健常人として申し出て採用された。
しかし、うつ病なので、健常者のように働けない。
そこで「ダブルワークをしてる」と嘘をついて、勤務時間を少なくしてもらってる。」
ということでしょう。

この嘘は今の雇用情勢ではやむを得ない嘘と言えます。
バレないように気をつけるべきですが、嘘をついてるあなたは「何も悪くはない」として、ストレスに感じることはやめましょう。
精神疾患治療をされてる方がそれを告げないで就労されることを「クローズ」、治療を受けてる事を告げて就労することを「オープン」というそうですが、現状ではオープンで就労できる企業は極めて少ないと聞いております。
企業側から「あなた、精神疾患の治療を受けてるのではないか」と聞かれないのでしたら、嘘を突き通していればわからない状態なのですから、気にしないで方が良いですよ。

2、「確定申告とは別の用紙」って何でしょうかね。
実はこれがなんであるか分からないと明確な回答ができませんし、ご質問文で「その書類のことを教えて欲しい」とありますが、書類の名称がわからないので、お教えすることは無理です。
しかし、源泉徴収制度の中で、または税金に関する書類のなかで「その書類を提出すると、ダブルワークではないことが企業にバレてしまう」書類など、ないと思いますよ。
「思います」と述べると、アテにならない回答だと思われるでしょうから、言い切りますと「ありません」としておきましょう。

3、ちょっと、お勉強してください。
「私、他社に勤務してません」という方が実はダブルワークしてるのが見つかるケースはあります。
企業は給与支払報告書を市に提出します。市はこれを基に市民税を計算します。
市民税の徴収を給与からしてくれ(特別徴収といいます)と書類が来たさいに「我社では、この人にこんなに給与を払ってない」ということから、ダブルワークが会社にバレることが多いです。

一方、ダブルワークしてるという方が、一箇所で勤務してるとしても、何も問題が起きません。
起きるとしたら「ダブルワークをしてるというから、勤務体制を楽にしているのに。嘘をつくとは何事だ」という倫理面を問われるときだけです。

確定申告書の提出でダブルワークをしてないことが企業にバレることは「ありません」。
障害者手帳を持ってる方は障害者控除を受けることができます。
そこで、確定申告書の控えを見ると障害者手帳を持ってることがバレるという事があります。
確定申告書の内容が企業に行くことはないのですが、給与から天引きする住民税額の通知でバレることがあります。
給与から住民税の天引きがされるので(特別徴収という)、バレてしまうのですから、給与から天引きではなく自分で納税するようにすれば「障害者手帳を持ってる」ことが企業にバレる機会はなくなります。

4「確定申告書に代わる用紙でそれを出すと手取りが減るもの」?とは。
給与から天引きされる所得税は源泉徴収月額表から算出します。
この表では「甲欄」と「乙欄」があり、甲欄ではなく乙欄で算出すると「甲欄よりも高い税額」になります。
 つまり「同じ給与額でも、手取り額が減る」ことになります。
ご質問文中の「給与が減る」はこれだと存じます。
ダブルワークをしてる方は「扶養控除等申告書」を提出することができません。
扶養控除等申告書を提出してない方は「乙欄」適用になります。つまり源泉徴収される額が高いです。手取りは下がります。
 給与から天引きされる所得税額が多くなるだけで、支払される給与が下がるわけではありません。
とりあえずは手取りが少なくなることに我慢をしておかないといけませんが、「確定申告すれば返ってくる」と理解されれば良いと思います。

4-1
確定申告書に「住民税は普通徴収で支払う」欄があり、そこにチェックすると普通徴収つまり「自分で住民税を払う」ことになり、企業には住民税特別徴収の通知等であなたがダブルワークをしてない状態であるとか、障害者手帳を持ってる状態(仮に持ってるとしてですが)はわかりえない状態になります。

現在、地方自治体では特別徴収を強く薦めているので「なぜ普通徴収を選ぶのか」を聞いてくる可能性があります。それには
「クローズで採用されている」と回答しましょう(※)。
「クローズって何ですか?」と聞いてくる市役所の人間は、結構アホなので、オープンとクローズの話をして、オープンになると職を失うと教えてあげましょう。
このあたりは微妙な問題ですので、市担当者は「わかりました」と対応してくれます。

5、念のため
「確定申告をしないつもりだ」と言われてる点が気になります。
確定申告書の提出をしてもダブルワークではないことが企業にバレることは、住民税の普通徴収を選択しておけばありません。
税法は複雑で理解しがたい点も多いでしょうが、天引きされた所得税の還付を受ける権利を放棄することなど、やめましょう。無意味です。

6、おまけ
ダブルワークに関する質問のほとんどは「どうやったら今働いてるところにアルバイトがバレないでしょうか」です。
これに対して、あなたの質問は「ダブルワークをしてない。これが会社にバレないようにするにはどうしたらよいか」です。
失礼ながら、それらの質問者からみれば、アホらしい質問なのですが、実は嘘をつかないとどうしようもない悲しい現実があって、その現実から出てる悩みなのだと存じます。お気持ちお察しします。

また企業の担当者も「よく知らないが、うちではこうしてる」と税法で求めてない書類まで提出させてることもあるのです。
だとすると「どんな書類なのか」が実際にわからないと、答えがでないという「振り出しに戻る」になります。

できたら、「それとは別の書類」は一体どんな書類なのかを聞き出して、補足で質問なさってください。お力になれると思います。


政治や行政などは、差別のない社会を求めてますが、現実には障害者の中でも精神疾患治療者が就労できる機会は「ほとんどない」と言えます。
就労してる方は極めてラッキーか「治療を受けてること」「かって治療を受けていたこと」をクローズしてる方です。
社会問題として市職員ぐらいは知っているべきことですが、特に税に関わってる職員は結構知っているようです。
「クローズで働いてますので」というだけで、通じる職員も多くなったと聞いてます。

投稿日時 - 2014-12-11 21:50:15

お礼

投稿とお知らせメールのタイミングがずれてお礼が遅れてしまいました。すみません。

精神疾患患者に対しての目線での詳しい回答を頂けて、とても嬉しくありがたいです。

上司はおそらく扶養控除等申告書の事を説明していたのだと思います。

ダブルワークの人間が扶養控除等申告書を提出出来ないというのはどういう事なのでしょうか?

別の方の回答を見て早い内に扶養控除等申告書を提出するつもりになっていたのですが、本来提出できない物を提出する事でダブルワークでないとバレてしまうのでしょうか?(障害者手帳に関しては医師と相談して取得しない事にしたので持っていません)

重ねて質問してしまい申し訳ありませんが、どうか回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-12-11 22:32:18

ANo.1

内職でもしていることにすれば?個人事業主扱いなので何も提出できませんから。

投稿日時 - 2014-12-11 15:50:36

お礼

解答ありがとうございます。

>内職でもしていることにすれば…

内職等、自宅で出来る仕事だと強制的に休みの少ないシフトを組まされる可能性が高いのでそれは出来ないんです。

実際、シフト自体もあってないような物で毎日の様に電話で明日の予定を聞き出して来て、少しでも予定が空いていれば出勤を要請してくる位に人出不足な会社ですので…

投稿日時 - 2014-12-11 21:29:11

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-