こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語圏の人からしてみればどんな感じ?

私が英語で面倒だと感じる場面は、○○の
と言いたい時の -'s や - of です。
また、理由を言いたいときに使う
becauseという言葉の位置です。
日本人の語学的な感覚からすれば、
-'s のほうが頭の中で文章を作りやすいし、because の位置も前に持っていったほうが日本語と少し似てくるので文章が作りやすいです。
Because it rained, we left the XX.
We left XX because it rained.
どちらの文章も作れるでしょう?

またThis anime's websiteと
A website of this anime
も二通り作れるでしょう。

やはり、日本語ネイティブからすれば、
それぞれ前者のほうが文章が作りやすいと思おます。

やはり、アメリカ人など英語ネイティブの人からすれば、後者のほうが頭の中で文章を組み立てやすいですか?語学的脳みそ?


宜しくお願いします。
ちなみに、スペイン語も -の
と言いたい時に deを使いますが、
そのde は英語と同じ働きをします。

投稿日時 - 2014-12-10 15:24:50

QNo.8853610

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

わたしはネイティヴと結婚していますが、彼らは英語でしか考えることはできません。
これは日本人も同じです。 日本人は日本語でしか考えることがてぎません。

わたしの例で言えば、英語で話していても頭の中にあるのは日本語です。
口にするときに、英文法で話すか、日本語文法で話すかの違いだけです。
難しいように感じるかもしれませんが、訓練すると自動的にできるようになるものです。 また日本語が頭にあり出てこない言葉は、別のいえる英語に言い換える能力もついてきます。 ただ、わたしの例では、頭に浮かんだことが英語で言えない場合は、あとで調べてみると、日本語独特の表現で英語にない表現が多いです。

ですから、英語圏の人は常に英語で考えいるので学校で習う英語の文法通りに言えば、おそらく最初は通じるのがおもしろいくらい、通じるものです。 少々発音がひどくても、聞き取りをよくやってアクセントをまちがえなければ、けっこう通じるものです。ただ、日本人の英語発音に慣れていない人には、聞き返しはよくされますよ。

妻が家族と話しているのなどは、機関銃のように早口で互いに話しているので、よくあれだけ早くはなせるものだと関心するし、慣れてくると、普段一緒に生活している人の英語はほとんど聞き取れるようになります。 それは互いに同じで、家族もわたしの英語に慣れてきて、ほとんど困ることはありません。 見知らぬ人と話すときには、かなり英文法を頭の中で意識するようにしています。 文法がくずれると、発音の悪さも災いし通じないことがほとんどです。


夫婦喧嘩になると、妻はつねに、わたしの英語のひどさを話題に出します(苦笑) 現実にひどいんですからどうしようもありません。

そうですね。 日本人は言いたいことを最初にいいませんが、英語圏の人は、言いたいことから言い始めます。 ですから、最初の一言を聞くのはとても肝心となりますね。 英語圏の人とばかり話をしていると、日本人の、なにをいっているのかわかりにくい話し方は、イライラしてくるものです。 

それと、わりと日本人で英語がはなせる人というのは、英語で話す癖がついていて、英語ではなしているときにはキツく感じないけど、同じ人が日本語ではなすと、ひどくキツく聞こえます。 たぶん、わたしもそういう言い方になっていると思います。

また英語で話していて、途中で日本語で話そうとすると、日本語がかなりひどくなります。 スムーズに言えなくなりものです。

投稿日時 - 2014-12-12 07:19:57

お礼

回答ありがとうございました。
結論からいえば彼らネイティブは頭の中では英語で物事を考えるので、
becauseがあとに来やすい つまり、先に言いたいことを言うってことなんですね
体験談話していただきありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-12 13:23:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

初めまして。可愛いアイコンですね^^

よく学校の英語の授業で言い換えの問題がありますよね。
別の表現をを使って同じ意味に書き換えなさい、みたいな。
あれは、本当はありえないってよく言われますね。
だって似たような意味でも違う言葉を使うのには、ちゃんと理由がありますから。
ニュアンスが違うんですもん。
日本語でもそうじゃないですか、明日買い物へ行くつもりなんです、っていうのと、明日は買い物へ行くでしょう、って全然気持ちの込め方が違いません?笑


Because it rained, we left the XX.
We left XX because it rained.

これらも、結局どちらの言い方をするかで、気持ちの込め方が変わってくるんですよね。

雨が降ったんだから、XXから帰って来たよ。
雨降ったから、XXから帰ってきた。

微妙に違うでしょ? 特に、雨と帰ってきたことの、どっちをメインに言いたいか。


This anime's website
A website of this anime

普通は何らかの特定のアニメのタイトルで言いますから、進撃の巨人としましょう 笑

Attack on Titan's website
The website of Attack on Titan

まず、一番目はちょっと言いにくいし、どこまでかタイトルかわかりにくいので、2番目の方が使いやすいと思います。
また、一番目は、進撃の巨人が持ってるウエブサイト 笑 とも考えられなくもないので、やっぱり2番目を無難に使うのじゃないでしょうか。
でもぱぱっと言いたかったら、一番目になると思います 笑


こんな感じで、やっぱりケースバイケースでどちらを使うか、その都度決めることになんじゃないでしょうか。


余談ですが、No.3さんの回答を読んでいて、あるあるで笑ってしまいました、私も昔、国際結婚をしていて当時は英語がほとんど話せなかったので、夫婦げんかの時はたいてい私が英語がうまく話せないのを茶化されたりしてむちゃくちゃ悔しかったですね 笑 あと、確かにいま日本人と会話してると、ちょっといらいらしてきます、真綿に包みすぎって 笑笑 きついのも、きっと私もなんでしょうねえ、よくはっきり言い過ぎって言われますし ^^; でも、はっきり言うのが西洋では礼儀なこともあるんですよ。相手に考えさせて余計な苦労や時間をかけさせないみたいな。特にビジネスとかで。もちろん西洋でもプライベートなことは、これでもかというくらい、ぼかしまくることもあります 笑

あ、それから私も少しスペイン語を学び始めたんですが、難しいですねえ、複雑で ^^; 女性形、男性形で分けるところなんて、覚えることが倍になるし、生き物でなくてもオスメスあるし 笑 英語の何倍も四苦八苦してます・・。


失礼しました^^

投稿日時 - 2014-12-17 04:55:22

お礼

優しいお方ですね!回答ありがとうございました!
なるほど、気持ちの込め方ですか・・・。
日本人脳からしてみれば、Attack of titan's web siteのほうが文章的にササッと組み立て易いですよね。
参考になりました。
前に中国人の(女の)先生から、中国語の例文的なので(中国語も勉強しています)
[怪不得你没有朋友](道理であなたには友達がいないんですね)
的なことを言われてしまいかなりショックを受けたことはあります笑
スペイン語は、一人称が私 あなた 君 彼 彼女 私達 彼ら 等で動詞の形が変わってしまうのが凄く難しいですよねw

参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2014-12-23 13:22:52

ANo.2

>やはり、アメリカ人など英語ネイティブの人からすれば、後者のほうが頭の中で文章を組み立てやすいですか?

完全に文脈によります。

投稿日時 - 2014-12-11 01:01:15

お礼

有難う御座います。

投稿日時 - 2014-12-23 13:24:43

ANo.1

私は英語圏とは何の関係もない人間ですが、考えたことをつらつらと書いてみます。

This anime's website はいいとしても A website of this anime は変じゃないでしょうか。おそらく This website of anime の方が自然だろうという気がします。

その場合、たとえば話し手はパソコンに向っていて、何かのサイトが表示されているのかもしれません。そのサイトのことをそばにいる人に言おうとすると、自分が言おうとしているのは今画面に出ているサイトの事なんだよ、ということを先ず言うのでしょう。そうして、それがどういうものについてのサイトであるのかを説明的に付け加えていますね。

そういう言い方もあって自然だと思います。日本語でも、「ねぇ、これ見てよ。これ。今日買ったんだよ」 などと、まずその モノ に関心を向けさせてから、その モノ に関する情報を付け加えることがあります。

Because it rained, we left the XX. の方は、いかにも文として作ったという感じがします。口頭で言う場合を考えると、We left XX because it rained. の方があり得そうに思います。

しかし、それでもまだ書き言葉のような印象も受けます。It began to rain. So we left XX. だけでも言いたいことは伝わるかも。日本語で言う場合でも、どちらを先に言うかは、場合によりけりではないかなぁという気がします。

英語だと、伝えたいことの重要な部分を先に言ってしまう、という傾向はあると思います。だから短い表現であっても、名詞を最初に言ってからその名詞の性質を後から言うことがあるのも、その延長上にあるのかもしれません。a dog over there (あそこにいる犬) なんてのは、日本語なら普通は 「犬」 という名詞は後になるはずです。でも英語を話す人の感覚では、まず目に入ったものの名前 (犬) を言ってから、次にそれがどういうものかを言うのが自然に感じるのでしょう。でも英語でも a white dog のように、形容詞を前にくっつけて表現することも珍しくないので、場合によるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2014-12-10 19:07:23

お礼

回答遅くなってしまい申し訳ありません。
なるほど、参考にさせていただきす!

投稿日時 - 2014-12-23 13:24:16

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-