こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

飲食店のノンアルカクテルは本当にノンアル?

ビールやワインを売りにしたレストランのメニューで、ノンアルコール飲料を探すとします。

すると、ウーロン茶、オレンジジュースなどの「ソフトドリンク」とは別に、「ノンアルコールカクテル」が載っています。

このノンアルコールカクテルというのは、注意書きが無い以上、本当にアルコールが1滴も入っていないと考えてよろしいのでしょうか?

それとも、アルコール度数1%未満であれば「酒類」には属さないため「ノンアルコール」と記されているのであって、実際はソフトドリンクと違い、僅かなアルコールは入っていることが多いのでしょうか?

私は下戸でありつつもアレルギーではないので、僅かなアルコールが含まれていても問題はないのですが、ノンアルコールカクテルはよく頼むので、素朴な疑問を抱いてきました。

投稿日時 - 2014-11-25 02:46:35

QNo.8836447

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

普通は全くアルコールが入っていない材料で作る場合がほとんどです
ただし0.00%ではないノンアルコール飲料をベースにしている場合もあります
安い店だと市販の0.00%じゃないノンアルコールカクテル使用している場合もある
聞いてみるのが正解です
結婚式などを行うホテルレベルだと0.00%ですよ

投稿日時 - 2014-11-25 03:22:28

お礼

ご回答ありがとうございます。
ちゃんとしたお店であれば、たいていが全くのノンアルコールなのですね!

投稿日時 - 2014-11-26 00:02:10

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

お店でノンアルコールと表記する場合は間違いなくノンアルコールと言えます。道路交通法のことも有りますからお店としてはアルコール飲料を提供することは考えられません。(お店側としても責任を取らなければ行けなくなりますから)近年ではかなりの種類のシロップも販売されていますのでカクテル名が一緒でノンアルコールを作ることも出来ます。昔と比べればかなりノンアルコールカクテルの幅も広がっています。お酒が飲めなくてもカクテルが楽しめる時代になって来たと言えるでしょう。

投稿日時 - 2014-11-26 20:20:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
飲酒運転に厳しくなった現在、お店側も責任を問われますからね。
最近は美味しくてオシャレなノンアルカクテルが増えて嬉しいです。

投稿日時 - 2014-11-27 00:30:13

ANo.2

>このノンアルコールカクテルというのは、注意書きが無い以上、本当にアルコールが1滴も入っていないと考えてよろしいのでしょうか?
カクテルを作るのと同じ材料で一緒に作るのですから、1滴レベルでは混入はありえますよ。
そしてアルコールは、天然生成物であり、保存料にも使われていますから、どんな製品にも糖質を含む製品には必ず微量に存在します。

ビールやワインを売りにしたレストランのメニューで、
ノンアルコールを名乗るのに、わざわざアルコールが入っている素材を用いない。ということ。
主に酒税法と景品表示法の問題ですから、偽装表示してコストと信用面で損をする意味が無い。

投稿日時 - 2014-11-25 06:42:52

お礼

ご回答ありがとうございます。
糖質を含む製品には必ず微量のアルコールは入っているのですね。
しかし、ノンアルコールと記されながら結構なアルコールが含まれている・・・という可能性はかなり低そうですね。

投稿日時 - 2014-11-26 00:05:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-