こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヨーロッパ周遊旅行の鉄道移動について

来年、イタリア、フランス、スペインの周遊を予定しています。
ローマ→フィレンツェ→ヴェネツィア→ミラノ→ニース→バルセロナ→マドリード
の予定で、各都市間の移動は列車を考えています。
どのような鉄道を選びチケットを購入すればいいのか悩んでいます。

ユーレイルセレクトパス(リージョナルパスというのもあるみたいですが)を購入?
イタリアは移動が多いのでイタリアのみユーレイルパスにして他はその都度購入?
すべてその都度購入?

詳しい方よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-11-22 01:39:20

QNo.8833079

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.2&3です。コメント拝見しました。

試しにレイルヨーロッパとsncf(フランス国鉄)で、Milano Centrale~Nice Ville駅で、来年1月初め頃の日程で検索してみましたが、IC+REの組み合わせによる時刻表が出て、購入画面まで進めました。(Trenitaliaだとうまく検索できません。フランス国内でRE区間を含むからでしょうか?)
ですが来年2月頃の日付で検索すると、TGV利用のルートしか出てこないようですね。料金もその分かなり高いです。(でも所要時間はIC+REの場合とほぼ変わりません)
sncfの予約は一般的に2ヶ月前からで、区間や列車によっては3ヶ月前からできるものもあります。もし2ヶ月後より先の日程で検索しているのならば、早めに予約開始されている一部の列車を使ったルートしか出てきていないのだと思います。
料金検索は2ヶ月以内の、利用日に近くて同じ曜日(現地祝日を除く)の日付でやってみて、実際の予約はもう少し日が近づいてきてから試してみてください。

この区間のICは、sncfの時刻表に拠れば予約必須と出ますので、ニースまで通しでIC込みで事前購入しておいたほうが良いでしょう。
ただ、なんでも事前予約が良いかどうか、これは現地の鉄道事情とチケットの利用条件をよく知った上で判断してください。例えば、REなどの普通・快速列車だけの利用の場合は、当日購入のほうが無難です。なぜかと言えば、割引料金の設定がなく、予約して日付指定してしまうとその変更が非常に面倒だからです。(ヨーロッパの鉄道は、窓口での処理はとても並ぶ上に、日本のようにはテキパキしていないので、一人当たりの時間もかかります)
飛行機と同じように、割引率の高いチケットは一切の変更不可だったりしますので、ストや遅延などの可能性も大いに考慮して、リスクをよく理解して購入してください。

なお、レイルヨーロッパ・ジャパンは円建ての代理店ですから、円で示されている料金はレイルヨーロッパが設定した料金で、直販価格とは異なります。
試しに、各国の鉄道会社公式サイトでも料金をユーロ建てで調べて計算してみてください。今後さらに円安が進んだとしても、たぶん、鉄道会社公式サイトで予約&チケットレス発券(または現地発券)をしたほうが、安くて確実な気がします。
ちなみにsncfで検索したMilano Centrale~Nice Villeの料金は39.50ユーロ、同じ日付でレイルヨーロッパ・ジャパンで検索したMilano Centrale~Nice Villeの料金は6600円。sncfで出てきた39.50ユーロで計算すると、1ユーロ=167円の計算です。(もしチケットレス発券が不可の種類のチケットの場合は、さらに発券手数料と送料がかかります。)

パス類は現地で買えないので、日本で代理店などを通す必要がありますが、普通の区間チケットは鉄道会社の公式サイトでチケットレス発券できるようになってきています。代理店はそれを日本語で仲介しているだけで、英語できちんと利用条件を読んで確認できるのならば、割高の代理店を通す意味はありません。
価格を気にするのならば、この点も気をつけてください。

投稿日時 - 2014-11-29 12:57:01

お礼

ありがとうございます。
レイルヨーロッパで検索すると1/11は出るのですが、12~15日は出てこないんです。
もう一度旅行の日程を考えてまた検索してみますが。

利用条件を英語で正しく理解できる自信がないので今回は代理店を通して購入します。
HISや地球の歩き方の代理店よりレイルヨーロッパの方が割安と聞いた気がするのですが
数社で比較してみたいと思います。

投稿日時 - 2014-12-01 15:24:26

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

No.2です。
先ほど書いた内容について、一部訂正があります。

×ミラノ~ニース、ニース~バルセロナのように一日でかなりの長距離を移動する場合
○ニース~バルセロナのように一日でかなりの長距離を移動する場合

ミラノ~ニース間はIC+REなので時間はかかりますが、距離そのものはパスの元が取れるほどではありません。予約不要の列車なので、チケット購入の手間が省けるという、パスのメリットはありますが。

まずは区間ごとの料金を、早割と当日料金の両方を調べてみて、セレクトパス、リージョナルパス+都度買い、イタリアパス+都度買い、全部都度買いのどのパターンが一番良いか、考えてください。早割が売り切れた場合や、利用したい列車が既に予約満席になってしまった場合のことも考えておく必要があります。
料金を優先するか利便性を優先するかなど、判断基準は人それぞれです。
またNo.2にも書いたように、高速列車利用が前提なら、事前予約の手間や追加料金なども考慮に入れる必要があります。

パスを購入する際は代理店を通すことになりますが、代理店によって設定している為替レートや手数料が異なるため、パス料金もいろいろです。為替レートの変動で料金も変動したりしますが、どのタイミングでどのように料金に反映させるかも代理店によって異なります。
代理店サイトの信頼性や発券方法も含めて、よく検討してください。

投稿日時 - 2014-11-22 14:34:30

お礼

詳しく教えていただきありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

各区間のチケットを予約購入しようかとレイルヨーロッパのサイトで調べていたのですが、
ミラノ~ニース間の検索が出ませんでした。
IC+REとのことですが、この区間は事前にチケット購入できないということなのでしょうか?
ご存知でしたら教えていただけますでしょうか。

投稿日時 - 2014-11-28 17:33:56

ANo.2

面倒かもしれませんが、各国鉄道のサイトで運賃は調べられますので、それで試算してみてください。
どこも最近はネット割、早割(利用条件によって細分化されているので要注意)が設定されており、同じ区間の同じ種類の列車でも混み合う時間帯は高いなど、航空券の価格設定と同じように細かく料金設定されています。
個人旅行の場合、自分で調べたり計算したりする手間を惜しまないことです。
割引チケットも、その分融通性が低くなっていますので、購入前によく規約と条件・発券方法などを確認してください。

また、どのような列車で移動するかも要注意です。
イタリアのフレッチャ(ユーロスター)、フランスのTGV、スペインのAVE等は、パスだけでは乗れず、事前に座席指定してパス利用者向けの追加料金を払わないといけません。この事前予約も、駅の自動券売機でできるのか、窓口でないと受け付けてくれないのかなども確認してください。大きな駅の窓口はどこも人が多く、対応にも時間がかかって待たされます。
パスの利便性は、事前予約なしにいつでも乗り放題、という点にあります。ですが、近年は予約必須の高速列車がメインになってきているのと、ネットでの早割設定が一般化したことで、そのパスの利便性が生かせる国が減ってきています。
ドイツだと高速列車ICEも予約無しのパスだけで乗れるので(ICE Sprinterなど一部例外はありますが)、パスの優位性がまだあるのですけれどね。

例えば、ローマ~フィレンツェ~ヴェネツィア~ミラノの場合。
ネットで今日の朝~昼便の当日料金(2等、割引なしのBASE)を調べてみると、いずれも乗り換え無しのフレッチャ利用で、
 ローマ->フィレンツェ 38ユーロ~63ユーロ
 フィレンツェ->ヴェネツィア 45ユーロ
 ヴェネツィア->ミラノ 37.50ユーロ
一番高く見積もって、合計145.50ユーロ。
来年とのことなので、ユーロスターの料金改定や円/ユーロの為替変動によっても多少は変わってきますが、1ユーロ=155円で見積もるとして約22,553円。
Raileurope社の日本サイトでの現時点での「イタリアパス3日/2ヶ月」の料金が、大人2等で個別27,100円、セーバー(2名以上で使う場合の1人あたり)23,100円ですから、現時点でのBASE料金でも、都度買いのほうがパスよりも安いという計算になります。
早割だと、座席数限定の最安が残っていれば、BASE料金の半額で買えたりします。

周遊ではなくどこかを拠点に高速列車で片道2時間程度の距離を日帰り往復するとか、ミラノ~ニース、ニース~バルセロナのように一日でかなりの長距離を移動する場合は、パスのほうがお得だと思いますが、これも早割や高速列車の追加料金との兼ね合いがあるので、試算してみないとわかりません。

これは料金とは別の話ですが、イタリア、フランス、スペインのいずれも頻繁にストライキを行う国ですので、特に国境をまたがって長距離移動がある場合は、こまめにスト情報をチェック、そしてストにぶつかった場合の回避手段も考えておいてください。
高速列車はストでも間引き運転で運行が確保されることが多いですが、予約していた便がキャンセルされたり、運行されてもストの影響を受けた他の乗客で大混雑します。
特にミラノ~ニースはIC(インターシティ)とRE(快速)の乗り継ぎですから、ストの場合にはもろに影響を受けるはずです。

投稿日時 - 2014-11-22 13:09:15

ANo.1

各都市で泊ながら移動し日時が確定できるのであれば区間毎に各鉄道のWEBサイトから変更不可の割引乗車券を買う方が割安になります。
ユーレイルパスの類は毎回1日に1000km位は移動するような行程か行き当たりばったりの予定無しの旅行でないと元が取れません。

投稿日時 - 2014-11-22 10:42:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-