こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

LEDと蛍光灯の明るさ・電気代・リモコンでのOFF

LEDと蛍光灯の「明るさ」と「電気代(消費電力)」、そして「リモコンでOFFにするか、元のスイッチを切るか」、この2点について教えてください。

1.まず、従来の蛍光灯に比べてLEDは「電気代」が安くてすむ、というのはよく知られていることですよね。
ただ、どれくらいの(段階の)「明るさ」にして使うかですが・・・
現在ひとつの部屋でLEDを使っていて、別の部屋では蛍光灯を使っていてその部屋もLEDに変えようかどうか迷っています。
その蛍光灯は、明るさが3段階 1)豆球 2)中程度の明るさ 3)最大の明るさ
普段は 2)の明るさで読書をするにも十分です。
一方、LEDの部屋は、なんだか少し暗く感じていて、最大の明るさにして初めて、蛍光灯の 2)中程度の明るさ と同じくらいに感じるのです。
だったら、電気代が安いと言われているLEDと、蛍光灯を比較して、どうなのかな(>_<)と思ってしまいます。
この点、両者の消費電力と明るさを考えた場合、どうなんでしょうか?

2.それから2つめです。
照明をOFFにする場合、リモコンで切っても電力は消費されているので、消費されないためには元のスイッチでOFFにする必要がある、と聞きます。
ただ、蛍光灯からLEDに変えようか迷っている上記の部屋には、部屋内のスイッチがありません(蛍光灯のONとOFFは、蛍光灯自体に付いた昔ながらのヒモで引っ張る方式のもの)。
この場合、ヒモを引っ張って電灯をOFFにするのと、かりにLEDに変えたとしてリモコンでOFFにするのとで、消費電力の比較はどうでしょうか?

投稿日時 - 2014-10-25 12:46:46

QNo.8802439

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1.まず、従来の蛍光灯に比べてLEDは「電気代」が安くてすむ、というのはよく知られていることですよね。

残念ながらこれは嘘で、現実的に安くはなりません。
電力1Wあたりを光に変換する効率は、LEDより蛍光灯の方が上なのです。
なので、同じ明るさを得るためには、蛍光灯以上の消費電力が掛かります。

なんで明るいと言われて居るかと言うと、ごまかし方があります。

蛍光灯の下半分に放たれて居る光と、LEDは光の向きがあるので、その光の量を比べると、光の量が多いから明るい。と言っているにすぎません。

しかし、蛍光灯の上側に放たれる光も、天井や灯具に当たって反射して下に降りてきますので、実際にはこちらも有効利用されているため、LEDは明るさで負けるのです。


>2.それから2つめです。
>照明をOFFにする場合、リモコンで切っても電力は消費されているので、消費されないためには元のスイッチでOFFにする必要がある、と聞きます。

リモコン用の待機電力は、0,1W以下~古い機種でも1W如何普通です。

0.1Wで計算してみましょう。1日24時間ですので、1日で2.4Wです。
1か月31日で、74.4W 1年は365日ですので、766.5w
1Kwあたりの電気代は26円程度ですので、
このリモコンに掛かる年間の電気代は、19円程度となります。


で、寿命ですが、LEDの需要よりLEDを点灯させるための電子回路の寿命の方が早く来ます。
なので、良く言われる寿命の1/3程度しか持たないのが現実です。

そうすると・・・メリットが少ない。となります。

今は、そのことがばれて来て居るために、各照明メーカーは、明るさを無段階で変えられるようにしてみたり、明かりの色を変化させられる様にしてみたりと、明るさ(電気代)以外の所で一所懸命付加価値をつけて価格維持に努力している状態になって居ます。

投稿日時 - 2014-10-25 15:07:47

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-25 20:42:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

先ず蛍光灯とLEDシーリングとの明るさの差ですが、言っちゃえば蛍光灯の方が必要以上に明るいというのが正しいのです。
日本は先進諸国の中でも、特に欧米に比較しても部屋の照明が明るすぎるくらいの照度があります。
まちがってもLED照明が暗いなどというものではありません。
LED照明器具は実際には畳数に見合った明るさの照明器具であり問題ないのですが、他の照明器具と比較して暗いと思うのなら、畳数の大きい照度の高い器具の選択をすれば問題ありません。

基本的にリモコンで入り切りできる照明器具は壁に照明器具のスイッチがない場合は、メーカーでは取付も使用も推奨されていません。
それでも使用したいのなら何があっても自己責任です。

ちなみに今時の蛍光灯でもLEDでも、リモコンで照明を切っても待機電力などほぼないに等しいくらいなので気にする必要はありません。

投稿日時 - 2014-10-25 18:41:48

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-25 20:41:58

ANo.4

こんにちは。

1.明るさに不満を感じているなら、定格光束を示すlm(ルーメン)の最大値が大きいものをお勧めします。
適応畳数には表示基準があり、明るさによって対応畳数が定められています。

例えば、8畳用の表示基準では4,300lm未満となっているため、定格光束が4,299lm(ルーメン)が上限値となっており、日立に限らず他のメーカーでも適応畳数表示基準上限値の明るさを実現したり、それを上回る機種があります。しかしながら、定格消費電力に違いがあり、定格光束を定格消費電力で割った値で算出される固有エネルギー消費効率でも違いが見られます。

LEC-AH800C(日立アプライアンス)
定格消費電力:34.5W
固有エネルギー消費効率:124.6lm/W
http://kadenfan.hitachi.co.jp/lighting/lineup/led_ceiling/ah_c/

HH-LC569A/LC575A(パナソニック)
定格消費電力:41W
固有エネルギー消費効率:104.9lm/W
http://panasonic.jp/light/led/lineup/standard.html

CL8D-WHL,CL8D-WP-R(アイリスオーヤマ)
定格消費電力:48W
固有エネルギー消費効率:91.6lm/W
※本機種では高齢者が利用することを想定し、定格光束が8畳用の上限値を少し上回る4,400lmに設定しており、10畳まで対応可能。また、CL8D-WP-Rでは、リモコンでの操作に加え、引きひも式のプルスイッチも搭載しています。
http://www.irisohyama.co.jp/led/ceiling/cl8d_whl.html
http://www.irisohyama.co.jp/led/ceiling/cl8d_wp_r.html

日立の場合、LEDモジュールをドーム型レンズで覆うことで光を効率よく広げるレンズ付きドーム型LEDユニットを採用し、配置を工夫することで適応畳数最大値の明るさを実現すると同時に、大型放熱構造を採用することで消費電力の低減も両立しています。そのため、アイリスオーヤマの該当機種と比べ、定格消費電力で14W、固有エネルギー消費効率で33lm/Wの差があります。

2.私の場合、大光量の明るさに惹かれて日立製のLEDシーリング(現行の2つ前のLEC-AH800A)を取り付けています。この機種の取扱説明書に仕様が記載されており、待機電力は消灯時で0.4W、LED保安灯点灯時で0.5~1.0W(LEC-AH***A品番共通のスペック)です。

最近では引きひも式のプルスイッチを採用したLEDペンダントも普及してきています。
例として、シーリングライトと同じ日立製の場合、LED保安灯消費電力は1.0Wですが、保安灯もすべて消灯した場合、明記されていないため、待機電力はかかりません。

とはいえ、すべて消灯した場合、LEDペンダントとLEDシーリングの待機電力の差は僅かだと思います。

投稿日時 - 2014-10-25 14:57:35

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-25 20:42:58

ANo.3

デスクスタンド(周辺の)を使えばよい。

投稿日時 - 2014-10-25 14:44:11

ANo.2

簡単に言うと、

LED照明器具は、1ランク上の商品にする。
これは、あなたが言う「薄暗い」が原因。
同じような目的でも光の成分や構造で、適用範囲が狭くなります。
なので、1ランク上の器具を使えば、解消できると思われます。


待機時の消費電力については、悩むほどのものではありません。
せいぜい、1~2w程度がいいとこでしょう。

この消費電力すら、気になってしょうがない!
ということであれば、電気を使わない生活をお勧めします。

投稿日時 - 2014-10-25 13:33:49

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-25 20:43:39

ANo.1

1. LED 製品は発展途上で時期によって違うものが発売されたりしています。私は興味を持って見ていますが、「同じ明るさで比べると電力消費(つまり電気代)は同程度だがLEDの方が製品価格がかなり高価」に見えます。

備考:「明るさ」は単位が異なるので比べにくいのですが単純には白熱灯(大正、昭和の電灯)のワット数(40/60/100W)に換算した<等価換算値>が表示されていますので、それで比較します。「LED電球 電球100W形相当 1520 lm電球色相当 広配光タイプ E26口金 LDA14LGK100W」とある場合、1520 lm は LED 特有の明るさ表示、100W は白熱灯 100W と同等の明るさと読みます。100W相当の蛍光灯と100W相当のLEDの明るさは同等と考えます。

LEDは明るいものの開発が遅れていましたが、最近は100W相当のものも発売されています。「少し暗く感じる」なら 100W相当に置き換えれば(価格を別にして)良くなるかと思われます。あるいは、丸い電球型の蛍光灯 (100W相当) もありますので、それに置き換えます。
LED を買うメリットは寿命がやたら長いことですが、蛍光灯の寿命も十分長いので、コスト的にわざわざ LED を買うメリットがあるのか私には疑問です。

2. ON/OFF 機器の OFF 状態の電力消費はさほど大きなものではないと思います。また、ヒモで切った場合の OFF 状態の電力消費はゼロだと思います。

投稿日時 - 2014-10-25 13:22:06

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-25 20:44:03

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-