こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

扶養親族、特定扶養親族の税金

あと成年扶養親族、老人扶養親族もあるようですが、

これは家族が例えば
扶養親族(17歳)1人=所得税の控除38万、住民税33万
特定扶養親族(20歳)1人=所得税の控除63万、住民税45万円
つまり、年齢が(19歳以上~22歳以下)高い子供が居たほうが、税金はお得になるという事でしょうか?

できれば具体的な家族の例などを上げて説明できる方が居れば、ご教授下さい。

投稿日時 - 2014-10-06 19:58:50

QNo.8781357

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>つまり、年齢が(19歳以上~22歳以下)高い子供が居たほうが、税金はお得になるという事でしょうか?
そのとおりです。

>できれば具体的な家族の例などを上げて説明できる方が居れば、ご教授下さい。
年収500万円で、専業主婦、17歳の子がいる場合
(所得税)
500万円(年収)-154万円(給与所得控除)=346万円(所得)
346万円(所得)-60万円(社会保険料控除)-5万円(生命保険料控除)-38万円(配偶者控除)-38万円(扶養控除)-38万円(基礎控除)=167万円(課税所得)
167万円(課税所得)×5%(税率)=8万3500円(税額)
(住民税)
346万円(所得)-60万円(社会保険料控除)-3.5万円(生命保険料控除)-33万円(配偶者控除)-33万円(扶養控除)-33万円(基礎控除)=183.5万円(課税所得)
183万5000円(課税所得)×10%(税率)=18万3500円(税額)
合計267000円

年収500万円で、専業主婦、20歳の子がいる場合
(所得税)
500万円(年収)-154万円(給与所得控除)=346万円(所得)
346万円(所得)-60万円(社会保険料控除)-5万円(生命保険料控除)-38万円(配偶者控除)-63万円(扶養控除)-38万円(基礎控除)=142万円(課税所得)
142万円(課税所得)×5%(税率)=7万1000円(所得税額)
(住民税)
346万円(所得)-60万円(社会保険料控除)-3.5万円(生命保険料控除)-33万円(配偶者控除)-45万円(扶養控除)-33万円(基礎控除)=171.5万円(課税所得)
171万5000円(課税所得)×10%(税率)=17万1500円(税額)
合計242500円

なお、復興特別所得税もかかりますが、大した額ではないので省きました。

投稿日時 - 2014-10-06 20:30:00

お礼

大変詳しい解説でわかりやすかったです。
具体例も出して頂き助かりました。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-10-07 20:31:00

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-