こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

友達の多い彼、少ない私

長文失礼します。
私には付き合って1年になる彼氏がいます。両方とも同じ大学の学生です。

私は昔から人見知りが激しくて、大学でもあまりたくさん友達がいるとは言えません。中学や高校の友達といた頃の方が素の自分になれる気がして、大学の友達の前ではあまり寛げないというか、気を使ってしまって疲れます。全く友達がいないという訳ではありませんが、どうしても心から気を許せる友達というのは思いつきません。

唯一入ってたサークルでも少し浮き気味で、居心地が悪いと思うようになってしまいました。なのであまり顔を出さないようにしてるんですが、他の友達(高校時代の友人も勿論)がサークル仲間や大学の友達ととても楽しそうにしてるのを見るととても虚しくなってしまいます。

その点、彼氏はとても交友関係の広い人で、大学の友達は男女問わずたくさんいるし、周りを笑わせてくれるムードメーカー的な存在です。とても優しくていい人なので、時々なんでこんな私と付き合ってくれてるんだろう?とさえ思ってしまいます。

勿論、彼は顔が広いのでよく大人数で飲みに誘われたり、出かけたりもしてます。彼が色んな人と一緒にいて楽しそうなのは喜ぶべきことだと思います。
でも、私にはそんな友達いないし、遊びに行くことはあっても気を使いすぎて心から楽しめないのです。だからなんだか彼と少し差というか、距離を感じてしまいます。

「友達」っていう面に関する彼へのつまらない嫉妬なのかもしれませんが、1番近くにいる彼を見てるからこそ、友達と楽しんでる彼を見ると、私は居なくてもいい存在なんじゃないか、とか、私が居なくてもこの人は平気なんだろうな、とか考えてしまいます。私にとって彼は数少ない心を許せる人だし、大好きなんです。だから余計に虚しさと寂しさが大きいのもあります。

以前、上記のことをつい彼にぶつけてしまったことがあります。その時は別件で揉めてたこともあり、私の言い方も悪かったせいか、彼の返答は
「それは○○(私)のせいだし、俺のせいじゃない。友達を作る努力をしなかった○○が悪いんじゃないの?」
と、かなりきつめに言われました。その時は言葉になりませんでした。彼のせいじゃないのは重々承知でした。でも何も友達を作る努力をしなかった訳じゃない、私がかなり人見知りであまり多くの人と話すのは苦手なのは分かってくれてると思ったのに…その言い方はないよ、と唯々悲しかったです。

全く同じ立場でいて欲しいとか、友達と遊びに行かないでとは言いません。この虚しさと寂しさをまた彼にぶつけたくはないし、かと言って彼が友達と楽しそうな場面を見れば、また自分が虚しくなるだけなんだろうな、と思ってます。

どうすればこの気持ちは治まりが効くのでしょうか。

勝手で根暗だよなーというのはわかってます。でもこんなつまらないことで彼との関係を悪化させたくはないんです。
中傷はいらないです、心優しい方返答お願いします。

投稿日時 - 2014-09-24 02:16:56

QNo.8766108

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

私は分からないのは、なぜあなたは友達がいないことを悩んでいるのでしょうか?
そして、同時に彼に友達が多いことも悩んでいるのでしょうか?


たぶん、別の部分に悩みがある気がします。
例えば、彼は交友関係が広いから、別の彼女を作ってしまうのではないか…とか。



友達を作るということは、大変だし、リスクもあります。
自分から話しかけて、無視されるかもしれません。
友達が多い人は、そういったリスクを冒して、交友関係を広げているのであって、
決して楽している(そのように見えるけど)わけではないです。


おそらく、あなたに話しかけている人もいると思います。
その時にあなたが、そっけない態度をしたり、会話が続かず重い空気になっているのであれば、
相手は去っていきます。



>多くの人と話すのは苦手なのは分かってくれてると思ったのに
これは、心理学用語で、「甘え」と言います。
言わなくてもわかってくれる、でもなぜ伝わっていないんだ!と思ってしまうことです。
おそらく、あなたは友達を作るときにも、
「私は昔から人見知りが激しいです」
ということを前面に出して、話しかけられるのを待っているのではないでしょうか。


彼は、彼。
あなたは、あなた。

友達が多い少ないは、何も関係ないと思います。


おそらく別の部分に、悩みがあると思いますが、
いかがでしょうか。

投稿日時 - 2014-09-25 18:59:13

お礼

そうですね、確かにそう言った別の不安を感じなかったわけではありません…私も甘えが大きかったですね。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-02-15 01:26:05

ANo.2

貴方と彼はハッキリと違う。
好き同士でも違いの大きな二人。
そんな二人の関係に対して、
違うんだと思って関わっていくのと、
違いよりも近い部分を強く感じようとして関わっていくのと。
それは全然違うんだよ。
貴方は明らかに後者にあたる。
貴方はまだ、
二人は違うんだという目線に立ちきれない人なんだよ。
同じものを同じように見たい(求めたい)人だから。
今の貴方の収まらない気持ちは、
自分の目線から彼を捉えてしまうから。
そして、
自分の目線で捉えるように、
彼も私に対してそういう目線で向き合って「欲しい」。
そう思ってしまうんだよ。
私はとても世界が狭い人間だ。
狭い私にとって、
その中に存在する彼氏(交際)という営みはとても大きい。
大きく自分の中に置いておきたい欲も勿論ある。
でも、
友達というスペースが私の中には多くない。
その分だけ、
本来友達という存在に使うべきスペースは、
私の中では交際(彼氏)の為にも使われている事になる。
貴方は、
彼氏に友達としての効果さえも期待している人なんだよ。
軽い繋がりも、重い繋がりも含めて、
彼氏との間で足りない部分を補おうとしている貴方。
対して彼は、
友達というスペースはしっかりと存在している。
それも、
一人一人に個性があり、
歴史があり、深さがあり、共有があり。
日々現在進行形で友達スペースは開拓されている。
それは、
単に友達好きという性格の問題でも無くて、
彼自身の人間性の成長にも貢献している。
貴方が好きになった彼の良さは、
友達関係の中で沢山磨かれ、育まれていった部分が大きい。
彼自身もそれを感じている。
だからこそ、
沢山友達がいても、
その一人一人を丁寧に大切にする事が出来ている。
そんな彼を友達として慕い、親友だと思う人は沢山いる。
友達というスペース(営み)の充実があるからこそ、
勉強や将来や交際(今は貴方)に対しても前向きになれる。
彼の中では、
沢山の友達を大事にする自分としてのバランスが出来上がっている。
貴方にはそれがとても羨ましい。
そして、
そんな友達関係に恵まれた(上手い)彼と付き合っているからこそ。
私も彼から良い影響を受けていきたい。
ノウハウがある訳じゃ無いけれど、
彼から学ぶものはとてもとても多い筈だ。
彼が友達に恵まれている理由も含めて、
私はこの交際で学び、活かし、私の世界も広げていきたい。
活きた彼女力を使うなら、本当はそう思いたいんだよ。
でも、
貴方は世界が狭い。心の風通しが悪い。
世界が狭い中に「彼氏」が存在する。
私の中にそれなりの大きさがあるからこそ、
気付いたら彼にもそれに見合う大きさを欲しがる時がある(私)。
彼は彼で、
今の私に対して一人分の大きさで向き合ってくれている。
「交際」というスペースの中では丁寧に接してくれている。
それでも、
私にとっては正直「一人分」で足りない(と思う時がある)。
一人分なら、
友達としての一人分と区別が付かないじゃないか?
それを寂しいと思う貴方さえいるんだよ。
私は「彼女」だ。
何人分とは言わないけれど、
少なくとも私には「一人以上」の存在感がある筈だ。
言葉にすれば「特別」である筈だ。
当然特別なら、
出来る限り優先されたいし、常に重きを置かれたい。
貴方はそういう角度で彼を欲する人なんだよ。
だからこそ、
彼が持つ友達関係の沢山の枝葉がライバルになってしまう。
私という特別性を奪う存在だから。
私には、
彼という存在が息抜きでもあり、また補給の場所でもある。
対して彼は、
私に対して本当にシンプルに向き合っている。
私が強く求める特別性や優先性のようなもの、
それは彼の中ではそんなにプライオリティーが無い。
そういう姿勢で交際に臨めるのは、
友達関係の充実は日々のバランス、そして心の風通しがあるからだろう。
対して私は・・・
どうしても彼によって満たされる事を前提にしてしまう。
補給庫であり、捌け口であり、拠り所であり、
人間関係として身軽になれるフィールド(≒友達)であり。
私がこれだけ苛立つのは、
彼に対して実に沢山のものを求めているからだ。
彼は、
私に対して求めているものは多くない。
少なくもないし、多くもない。
あくまで今の自分が無理なく楽しく分かち合えるもの。
その目線から私と接しているだけなんだ。
そんな彼に、
私に無いものを見い出して(でも自分に活かそうとせず)、
私のように捉えてくれない彼にイライラしたり、寂しく感じたり。
それは本当に彼の言葉通り、私自身の問題だ。
だったら、
私は彼氏という存在も大切な心の支えにしながら。
常に支えありきの自分に頼るばかりでは無くて。
私は私「なり」に良いなと思える自分自身を目指していこう。
私は彼のようにはなれないけれど、
私は私というキャパシティーの中で、
自分自身に簡単に言い訳したり、後ろを向かないで。
今の自分でも前向きに認めていける自分自身を増やしていこう。
そう思える活きた貴方がいても良いよね?
ゆっくりと深呼吸を。
誰も貴方を追い込んでいない。
誰も貴方に悲しい思いなんてさせていない。
悩む為のお付き合いにしてしまったら続かないよ?
改めて、
貴方も貴方の「今」を大切に、そして誠実にね☆

投稿日時 - 2014-09-24 16:53:06

お礼

丁寧なご回答ありがとうございました。私のスペースと彼のスペースは違う、その理解が足りなかったと思います。もっと彼と誠実に、今を大切に生きていきたいです。

投稿日時 - 2015-02-15 01:24:54

ANo.1

>私がかなり人見知りで
あまり多くの人と話すのは苦手なのは
分かってくれてると思ったのに…

これはわかってくれていますよ。
付き合っているわけですから。
質問者様が
自分のストレスを彼に向けて発散してしまったから
彼も言い方を変える余裕が持てなくて
売り言葉に買い言葉になっちゃったんだと思います。

でも確かに
人見知りで喋るのが苦手、を
いいわけにして行動しないのはご自身だし
彼がわかったふうに同情してくれても
根本的な解決にはなりません。

自分の中の虚しさと寂しさにとことん向き合いましょう。
どうすれはそれが軽減されるのか考えて行動しましょう。
でないとずっとついて回ります。
おそらく質問者様以上に人見知りで喋るのが苦手、
としている男性とお付き合いすると
今彼が質問者様に対して思っていることがわかるんだろうな、と思います。
必要なものは自分で動いて手に入れるしかありません。

中傷も拒否ではなく
その相手がどういう状況や心境でそういう風に言うのか
考えてみるといいです。
人のことをあれこれ推測して
そのうえで対応を考えることが
無用な先入観を取り払う手助けをすることになります。
「なんか気を遣う」のは自分に対して気を遣っているからです。
嫌われないようにとか、自分が嫌な思いをしないようにとか。
相手が何をすれば喜ぶのか
相手を楽しませるためにどうしたらいいのか
そういう視点を持ってみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2014-09-24 02:32:15

お礼

ご返答ありがとうございます。
そうですね、人見知りを理由にして逃げていた部分は確かにあるかもしれません。
>>その相手がどういう状況や心境でそういう風に言うのか…
これはよく考えなければならないと思いました。少し、自分と向き合いつつ考え方を変えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-24 11:30:10

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-