こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

VAIOノートPCのバッテリー起動ができない

VAIO(VPCEE26FJ)のユーザーです。

PC購入後3年経ちますが、初めてバッテリーを装着しました。
※購入後、箱の中にそのまま入れっぱなし

実は、このPCの前に使用していたVAIOで、バッテリーがすぐにダメになったため、このPCはなるべくACで使用しようと思いそのままにしてしまいました。
バッテリーは、購入後すぐにフル充電しなければならない。外している場合も定期的な充電が必要であるというような記憶もありますが、全く行っていませんでした。

今回装着し2日充電しましたが、「74%使用可能(電源に接続:充電しています)」の表示が変わりません。恐らく現状がフル充電と思います。いたわりモード対象外機種のため100%にならない理由が3年放置のためのバッテリーの劣化としか考えられません。

それは仕方ないとしても、バッテリーを74%認識しているのにACを抜きバッテリーで起動しようとすると全く立ち上がらないことに納得できません。
ACだと問題なく使用できるので、バッテリーに問題があると思いますが、新品のバッテリーを初めて使用するのに起動しないってありえないと思うのですがいかがでしょうか。

このような質問ですいませんが、どなたか詳しい方いましたら、ご回答のほどよろしくお願います。


※OKWaveより補足:「ソニー製品」についての質問です。

投稿日時 - 2014-09-10 10:31:45

QNo.8749088

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

新品のバッテリーといえども、3年放置した訳ですよね。
それだけ放置をすると、いわゆる「過放電」の状態になってしまいます。
外した状態で放置しておいても、バッテリは少しづつ放電(自然放電)していきます。
放電が進んでいき、いわゆる「過放電」の状態になってしまった場合はほとんどの場合充電ができなくなります。
74%と認識しているのは、何らかの原因で出荷時のバッテリ充電値をシステムが記憶してしまい、メモリ効果が発生しているため、と思われます。
詳細は下記リンクをご参照ください。
http://jpn.nec.com/products/bizpc/support/information/batterypack/

ということで、質問者様のバッテリーは「新品で一度も使わないまま過放電となってしまい、結果としてバッテリが使用できなくなった」状態と思われます。
こうなると、残念ながらバッテリを新規に購入する以外に解決策はありません。

以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2014-09-10 11:07:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

AC付(バッテリーも付けて)でパソコンを起動し、その状態でACを外して、そのまま最後まで放電させてから、再充電してみて下さい。念のため、バッテリーモードXX%以下で起動しないように設定されていないことは確認して下さい。

投稿日時 - 2014-09-10 11:58:38

ANo.2

動いてる最中にACアダプタを抜く(システムへのダメージを避けるためBIOS画面などでやることをお勧め)などで、どうにかして「実際に充電されているバッテリを放電させることが出来る」なら、それを何度か繰り返してやれば復活する可能性はあります。

BIOSとかWindows上のユーティリティでバッテリリフレッシュをかけることができればそちらの方が復活可能性としては確実かも。

まあ、ダメな時はダメでしょうが。過放電というのは実際バッテリにとって深刻なダメージです。

投稿日時 - 2014-09-10 11:34:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-