こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は、中国と韓国に勝ちたい?

「日本は中国に対抗心を燃やし、中国に負けたことをいまだに認めない」
「日本は富国強兵し、力で韓国を従わせようとしている」
など、中国や韓国において、日本人の意識をこのように分析した意見を見聞きします。
つまり、日本は、中国や韓国に勝ちたがっている、と。

そこで質問です。
みなさんは、上記のとおり、韓国や中国に勝ちたいと思っていますか?

私には、日本人の大半は「現状維持」を望んでるようにみえるんですが。
不満はあくまで両国の理不尽な言動にあるだけで。

中国と韓国に対する率直な思いを教えてください。
両国に伝える感じで。

投稿日時 - 2014-09-04 16:28:54

QNo.8742140

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> みなさんは韓国や中国に勝ちたいと思っていますか?

こんにちは。 私は七十代の男性で長年ODAのコンサルタントとして中国でもいくつかのプロジェクトを経験して来ました。 

●韓国や中国に勝ちたいとは思っていません。

中国へは1970年代から今世紀初頭まで30年に亘り10回近く訪問しました。 鄧小平氏による近代化をつぶさに見て来ました。 経済の開放による中国の近代化は目覚ましいものがあります。 

しかしそれは外側だけに過ぎません。 経済の開放と言っても、それは生産量を高めるだけのこと。 産業の発展の根幹にある品質面では依然として劣悪です。 まだ中国には品質面で改良する意識は希薄です。 とは言っても『良いもの』と『良くないもの』を見分ける目は持っています。 ですから良い品質のものはマーケットには出さない。 自分の懐に入れて、職場の上司、地域の党の支配者と言った権力の座にいるひとたちへの賄賂に使う。 

中国人の観光客が大挙して日本にやって来る。 そして日本製の電化製品を大量に買い込んで帰国する。 きっと帰国後、親戚や権力者への贈答用に使うのでしょう。 

中国人や韓国人、彼らは日本の戦後の驚異的な経済復興の歴史を見ています。 世界有数の経済大国に実に短時間に登りつめた。 日本人に出来るなら自分たちにもと考えても不思議ではない。 しかし現実には日本との差は縮まるどころか広がっている。 中国人は日本は天然資源に恵まれていない。 そのうち中国は日本を必ず追い越す。 そう考えています。 国土が広く、資源に恵まれている中国はそのうち世界一の経済大国になれる。 そう考えています。 学校の教育でそう教わっているのでしょう。 

韓国も日本を追い越すことを考えています。 しかし現実はそうなってはいません。 その差は拡大の一途にあります。 

彼らは国が経済的に豊かになれば自分たち個人もそうなれる。 そう思っています。 しかし現実には貧富の差は拡大しています。 一般国民は決して豊かになってはいません。 何故、豊かになれないのか。 それに対する明確な答えを見い出せていません。 そして豊かになって行く日本の社会と国民に対して強い嫉妬の気持ちを持っています。 

●或る結果が存在する時、必ずそこにははっきりとした原因があるものです。 

それを解明しない限り、中国も韓国も日本を追い越すことはありません。 BRICsと言われる経済発展を成し遂げつつある国々gあります。 これら国民も日本のようになることはないのです。 彼らは本当に一人一人が豊かになるためにはどんな社会システムを構築すべきかに心が及んでいないのです。 国土が広く資源に恵まれていれば国も国民も豊かになる。 誰もがそう考えます。しかし現実はそうではありません。 

国として豊かになり、しかもそれが国民の生活に反映されるような社会システムを先ず最初に構築すべきです。 それがなされないままで経済発展を続けると貧富の差が拡大するだけで、結局失敗に終わるのです。 

BRICsの経済発展は必ず失敗します。 何故なら最初にやっておくべきこの『段取り』が出来ていないからです。 それは韓国も同じです。 

投稿日時 - 2014-09-05 13:29:52

お礼

ありがとうございます。
もっとも客観的で実地の見解でしたので、選ばさせていただきました。

他の回答も含めて総合しますと、やはり日本人は中国・韓国に「勝ちたいというような対抗心はない」ということが分かりました。
といいますか、勝ち負けという次元ではなく「早く理性ある国として発展してほしい」という希望の方がはるかに強く感じられました。

重要なのは、まさに回答者さんのおっしゃられる『段取り』と思います。
中国の公害問題でよく「日本も昔は同じだった」と言う人がいますが、『段取り』は天と地の違いがありますから、ぜんぜん改善の兆しがないですよね。
韓国は、経済面では日本をモデルとして真似してきたのに、精神文化面ではことごとく日本を否定してきましたから、いろいろなところでひずみが生じていますね。

中国と韓国が、諸般の現実を客観視できるようになるのはいつのことか・・・
まだまだ先のことなんでしょうね。

投稿日時 - 2014-09-08 16:44:22

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(11)

ANo.11

>みなさんは、上記のとおり、韓国や中国に勝ちたいと思っていますか?

勝ちたいとか負けたいとか、どこの国に対しても思いません。
そもそも勝ったというのはどういう状態か、負けたというのがどういう状態なのか、想像がつきません。

しかしながら、「○○だからうちの勝ち」みたいな発言の多い、中華人民(不在)民主(ップ)共和(www)国とか大(ップ)韓民(オイオイ)国あたりが勝手に騒いでいるのも「あぁ、五月蠅い」と思います。

>「日本は中国に対抗心を燃やし、中国に負けたことをいまだに認めない」

中国に負けた、何ですかね、これ。中華人民共和国のGDPが日本を越えたというのであればその通り。太平洋戦争で連合国に日本が敗れ、連合国に中華民国が属していたために中華民国が戦勝国となり日本が敗れたというのであればその通り。
それ以外は何かありますかね?

>「日本は富国強兵し、力で韓国を従わせようとしている」

意味不明です。

>中国と韓国に対する率直な思いを教えてください。
>両国に伝える感じで。

普通の国になれるもんならなって下さい。それを強く望んでいます。いえ、我々のためではなくあなたがた自身のために、です。
半島の上は栄養失調ですが、下は統合失調です。大陸は体幹失調なのでしょうね。自己革新は現実の認識から始まります。脱日入欧あたりを目指して頑張ってください。

投稿日時 - 2014-09-06 23:15:15

お礼

やや抽象的な質問でもうしわけありません。
意図を明確にするには相当な長文になるので、解釈について質問者さんの想像力に甘えた次第でした。

おっしゃるとおり、勝ち負けはさまざまなカテゴリーごとに異なりますが、相手国が日本に燃やしているようなライバル心ではなく、単に「五月蠅い」・・・
これ、まさに今の日本を代弁する言葉かもしれませんね。

私も、中韓が早く普通の国になることを願ってやみません。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-08 15:45:24

ANo.10

> 両国に伝える感じで。

(1)親愛なる韓国さんへ

戦後に建国した若い国で、1990年頃まではクーデターやら政変に明け暮れ、ようやく落ち着いたと思ったら、通貨危機に見舞われるなど、大変でしたね。
そんな中、OECDに加盟を果たし、先進国の末席に名を連ねたことは、素晴らしいと思います。

ただ、その先進国の中では、あくまで若輩,末席の、最弱国なのですよ・・。
「国力に関わる数値」を思料されましたか?
我が国と貴国の間で、国力に関する数値を対比すれば、2~数倍の開きがあります。
たとえば人口や軍事(防衛)費は2倍,GDPでは4倍です。

一方で我が国は、明治維新において近代国家への道を歩み始めてそれに成功し、現在で言う超大国に相当するであろう「列強」の一角を占めるに至りました。
事実、現在の超大国と言われるアメリカ,ロシア,中国の全てと戦争をした国など、世界的,歴史的にも日本だけであり、今でも大国と言われ、その大国の中でも上位国なのです。
たとえば現在のサミットのメンバーはG8(8カ国)ですが、最初期のG5(5カ国)の頃からのメンバーです。

貴国は言わば、「無事に学業を終えた、新卒の社会人」と言うところであるのに対し、我が国はこの1~2世紀ほど、「重役クラス」を務めさせてもらっています。

新人クンが、重役を目指す気概を持つのは良いでしょう。
ただ・・・重役に真正面から挑んでくるのは、単なる「バカ」ですよ。
「半沢直樹」とか「花咲舞」の見過ぎじゃありませんか?
アレはドラマの話しであって、現実社会では、相手にもされませんよ。

言い換えれば、我が国には貴国と「勝ち負け」を争う気など、毛頭ありません。
イチロー選手が草野球の試合で大活躍したとして、喜ぶワケがないでしょ?
横綱が、ちびっ子相撲のチャンピオンと、本気で取り組まないでしょ?
我が国が「貴国と争うか?」も、それと同じです。

あるいは、重役と平社員の家が、たまたま隣同士だからと言って、重役と対等だと思っているのでしょうか?
その重役から「今日はメシはごちそうしてやる!」と言われたからと言って、「今日も食わせろ!」みたいな態度は、調子に乗りすぎではないですか?

重役の立場から新入社員に一言だけ言うとすれば、「キミも社会人なんだから、もっと大人になりなさい」と言う、小言に尽きてしまうのですが。
ただ「キミにとっては、それが大事なことだ」と思うからです。
もう少し謙虚に、頑張ってください。


(2)親愛なる中国さんへ

貴国の最近の経済発展には、目をみはるモノがあります。
世界最大の人口大国と言う点は、貴国にとって「諸刃の剣」ですが、片方の刃を上手く使われましたね。
また、社会主義と言うハンデの中、上手く資本主義的な手法を取り入れ、それでも共産党の一党独裁を維持していることは、「スゴい!」としか言えません。

ただ・・貴国は国外にちょっかいを掛けている場合かな?とは思いますよ。
まあ国外に食指を伸ばさなければ、国民などに理解が得られない点も判るのですが、食指が伸び切った時には、国内が反乱を起こしかねません。

十数億人の頂点に君臨する主席などは、日本の閣僚が束になって掛かっても叶わない、英邁な方でしょうから、そこら辺も良く判った上でのご判断とは思いますが、昨今は国外へのちょっかいが、余りにも度を過ぎ、国際社会からも批判を受けています。
国際社会から孤立しても、やはり反乱が起きかねません。

薄氷を踏む様な政策の舵取りは、本当に難しく、大変かと思います。
でも難しい時こそ、「国民の幸せ」など基本に立ち返り、経済の発展で得た資金を、軍事予算などに充てず、国内政策に充当すべきではないでしょうか?
尖閣諸島や南沙・西沙諸島などが、本当に貴国の「核心的利益」でしょうか?

あるいは、貴国が真にアジアのリーダーを目指すなら、韓国やら北朝鮮みたいなチンピラ国とは、袂を分かつ
くらいの覚悟が必要ではないですか?

我が国は、別にリーダーなど望んでおらず、貴国が正しい方向性を目指すなら、そのサポートに回っても構いませんが、貴国が正しい方向に向かっていないため、ASEAN各国などからリーダー格に推されているのです。

貴国はそのリーダー格の日本の頭を力ずくで押さえ付け、「中国がアジアのリーダーである!」と言いたいのかも知れませんけど・・。
我が国の場合、推されたリーダーであり、我が国を推す各国が多数存在する限り、その座は揺るがないし。
我が国は推してくれる各国と連携し歩調を合わせ、貴国に軌道修正を求めざるを得ないのです。

貴国が正しい道さえ歩めば、貴国は世界から尊崇を受けるポテンシャルはあります。
後は指導者が、その勇気ある決断をするだけです。
貴国がその決断が出来ないならば、我が国は「是非に及ばず」の矜持で、貴国に相対します。

投稿日時 - 2014-09-06 15:06:18

お礼

長文ありがとうございます。
しっかり読ませていただきました。
しごくもっともな内容と思います。
韓国については、独立から始まった不幸な歴史もあるので、私もやや同情する面があるものの、「調子に乗り過ぎ」なので、早く大人になってほしいと願うばかりですね。

>我が国は「是非に及ばず」の矜持で
この言葉が最も印象に残りました。
ある意味こわいですよね。
日本が一丸となって本気で危機意識を持ったら、と考えると。

私も、勝ち負けより中国が良識ある国に発展することを願っています。
それまで多少のことには目をつぶる覚悟はありますが、何事も限度がありますからね。
日本が理性的であるうちに、中国はそのことを理解してほしいですね。

投稿日時 - 2014-09-08 15:34:27

ANo.9

脱亜入欧。
中韓みたいな遅れた田舎には興味が無い。
欧米の先進国に学び、マネしていく。
あと数十年ぐらいで追いつけると思う。

投稿日時 - 2014-09-06 00:13:41

お礼

そうですね。

科学技術の分野ではすでに追いついた感がありますが、精神文化的にはやはり欧米の方が進んでいますから、学ぶ必要ありますよね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-08 15:49:07

ANo.7

日本の失敗は、ロシアを信じて太平洋戦争を行い敗戦したことです。

そうじゃなければ、中国も北朝鮮も韓国も、もっと民度の高い素直な国民に
成長していただろうに。

友好的な国なら何も敵対することはない。日本人は共存って言葉が好きだから。

どっちが、利権を得ようとしているのか?
日本が、利権を得ようと何か問題を起こしてますか?

このところの中国、韓国の動きは、あきらかに日本に対して問題を起こし利権を得ようとしてます。
いわば、侵略です。

侵略してくる国には、断固として守りを固め、利権を奪われないよう努めなければいけません。

ただ、それだけです。

投稿日時 - 2014-09-05 10:28:14

お礼

やや飛躍しますが、友好であれば勝ち負けは関係ない、ということですね。

たしかに、台湾とは領土対立など抱えながらも深刻な事態はなく、対抗意識もないですね。
台湾をみると、中国・韓国のやり方は侵略とも思えますね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-05 11:57:24

ANo.6

チャイナ得意のプロパガンダに乗せられてはいけません。
蒋介石は執拗に日本人居留民、軍人に対する挑発行為をして、日本を戦争に引きずり込み、欧米の軍と対決させて漁夫の利を得ました。
今の時代でも同じ手法で日本に対して「最初の一発」を撃たせようとしています。
こちらは、相手の挑発は無視して「来たらやるぞ」との意思表明、準備を怠ることなく構えていればいいのです。

参考URL:http://sankei.jp.msn.com/world/news/140903/chn14090312580005-n1.htm

投稿日時 - 2014-09-05 00:15:48

お礼

積極的に勝ちたいとは思わないが、備えはすべき、ということですね。

>チャイナ得意のプロパガンダに乗せられてはいけません

日本人は大丈夫と思うんですが、中国人が乗せられているのが怖いですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-05 11:47:35

ANo.5

>韓国や中国に勝ちたいと思っていますか?
古来、優れた物を取り入れて、それを自分たちに
合った物になる様に努力・工夫をしていましたが
勝ちたいという気持ちは薄かったと思います。
明治維新以降の追いつけ追い越せの対象は欧米で
あって、中国でも韓国でもありません。
目指しているのは、他国に勝つ事ではなく、現在
よりも上の自分自身。

>中国に負けたことをいまだに認めない
大切なのは、過去の負けや失敗を引きずる事では
なく、その後に何をするか。
負けた事に気落ちするだけではなかったからこそ
日本の戦後の復興、高度成長が実現しました。

何十年も過去の勝利の味を、未だに反芻するだけ
で、自分は問題解決の為の努力をせずに、嫌な事
困った事は全て他人の所為にする今の韓国に学ぶ
物はありません。
#従わせる価値も無し。

投稿日時 - 2014-09-04 20:54:58

お礼

おっしゃるとおりと思います。
日本の立場的に、中国を勝ちたいと思うべき対象とする意味はなく、韓国は問題外、というところでしょうか。
たしかに、韓国から学ぶことは思いつかないですね・・・
あるとすれば、その利己性くらいでしょうが、マネはしたくないですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-05 11:43:29

ANo.4

「日本は中国に対抗心を燃やし、中国に負けたことをいまだに認めない」
      ↑
これは勘違いですね。
・ここ百年ぐらいの間、中国に対抗心など燃やした覚えは
 ありません。
・日本人の多くは、中国に負けた、という認識は無い
 でしょう。
 米国に負けた、という認識だけで。
・ましてや、日本軍とケンカしたのは蒋介石であって
 毛沢東の紅軍などは逃げ回っていただけです。
 それを長征などとネーミングして、偉大なる功績に
 仕立て上げているのはさすが、ウソしかつかない
 共産党です。


”上記のとおり、韓国や中国に勝ちたいと思っていますか?”
     ↑
最近の中国はともかく、韓国に勝ちたいなんて思った
ことは一度もありません。
そもそも競争相手と認識したことはありません。


”日本人の大半は「現状維持」を望んでるようにみえるんですが。”
     ↑
そんなことは無いでしょう。
中国の軍事費は日本の三倍にも達しています。
何とかしないと、戦争を仕掛けてくる可能性が
あります。
事実、ベトナムやフイリピンは軍事攻撃を受けています。
軍事力の現状維持ではマズイです。
1974 ベトナムのパラセル諸島を中国海軍が軍事攻撃し、実効支配
1988 南沙諸島で中国とベトナムが衝突 ベトナム艦艇が撃沈され
60人以上の兵士が死亡。
1994 南沙諸島で中国とベトナムが衝突
1995 南沙諸島のミスチーフ環礁を中国が占領
1996 中国とフイリピン海軍が銃撃戦

投稿日時 - 2014-09-04 19:46:34

お礼

中国に負けたという認識自体ない、韓国に対しては勝負の相手としても見ていない、ということですね。
私も負けた認識はありませんでした。
あくまでアメリカによって撤退させられただけで。

現状維持に関しては、NO3のお礼でも述べましたが、説明不十分で申し訳ありません。
主に日本の平和な暮らしについての現状であって、それを他国に乱されることなく維持したい、というイメージでした。

中国の横暴な活動を含めた現状であれば放置できない、というのは私も同感です。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-05 11:32:28

ANo.3

>「日本は中国に対抗心を燃やし、中国に負けたことをいまだに認めない」

そもそも大東亜戦争に於いて、日本は中国(中華人民共和国)とは交戦していません。宣戦布告はしていませんが戦ったのは中華民国とです。(中共は山の中に隠れていましたし、中華人民共和国成立は1949年です。したがって、中共が日本から人民を解放したというのは出鱈目です)サンフランシスコ平和条約締結時、中華民国とロシア(当時はソ連)は不参加でした。あの状況ならば、向こうが参加するといえば、日本は拒否できるような立場にはなかったでしょう。その後、中華民国とは1952年に日華平和条約を締結しています。(ロシアとは現在もまだ締結していません)つまり、認めるも何も、上記の事実が全てです。

>「日本は富国強兵し、力で韓国を従わせようとしている」

何がソースですかねぇ。信じられません。半島人とはもう二度とかかわりたくないというのが本音ではないでしょうか。

>みなさんは、上記のとおり、韓国や中国に勝ちたいと思っていますか?

最初の前提が突拍子もないので、こういう質問の出るのが理解できませんが、少なくとも日本国民は「勝ちたい」とは思ってないでしょう。なぜなら「勝つ」ためには戦うことが必要で、戦えば少なからず犠牲が出ますので。

>私には、日本人の大半は「現状維持」を望んでるようにみえるんですが。不満はあくまで両国の理不尽な言動にあるだけで。

現状維持は望んでないでしょう。少なくとも私は望んでないです。現状維持というのは「従軍慰安婦」や「南京30万人民間人虐殺」を認めることですよ。こんな事実でないことを認めて、国のために尊い命をささげ、靖国に祀られた英霊たちを貶めたくありません。

>中国と韓国に対する率直な思いを教えてください。両国に伝える感じで。

出鱈目いうなこの野郎!と言いたいところですが、言ったところで始まりませんので言いません。彼らが武力で攻めてこない限り、外交できっちりとかたをつけるべきだと思っています。でも朝鮮はどうでもいいです。「クソして寝ろ!」って感じですかね。

投稿日時 - 2014-09-04 17:35:08

お礼

少なくとも、勝ちたいとかそういう次元にない、半島に関しては関わりたくない、ということですね。

質問は、読みやすさ優先で説明不十分となり、もうしわけありません。

日本は、中国から撤退したが負けたという認識がないのは、同意見です。

>「日本は富国強兵し、力で韓国を従わせようとしている」
とは、テレビでキムキョンジュ氏のされた発言ですが、韓国の新聞でもそう読み取れる内容をいくつか目にしました。韓国ではそのようなロジックで分析する方が多いようです。

「現状維持」というのは、豊かで平和な日本の暮らしを維持するというイメージで、これも説明不足ですみません。

ここでいう「勝ちたい」というのは、戦争に限らずスポーツや経済も含めてのことなんですが、私はまあ、スポーツなんかはさておき、たとえば経済などを含めた国力で他国に負けても平和ならいいか、と言う感じで、他の人はどう思ってるのかを知りたく質問した次第でした。

(クソして寝ろ、とは、私もときどき思います・・・)

投稿日時 - 2014-09-05 11:16:16

ANo.2

中韓?

寄るな!
触るな!
話しかけるな!

ですね。
これに尽きます。

どうぞ、断交で構いません。
今後とも引き続き日本抜きでお願いします。

投稿日時 - 2014-09-04 16:52:52

お礼

勝ちたいということではなく、単に関わりたくないということですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-05 10:51:21

ANo.1

どうぞ、勝ちたかったら勝って下さい。そのうえで問います。

「で、それがどうしたの?」

投稿日時 - 2014-09-04 16:35:03

お礼

勝ちたいとは思っていないということですね。
ありがとうございます。

で、どうもしません。
他の方の意識を知りたかっただけです。

投稿日時 - 2014-09-05 10:49:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-