こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

50代夫婦の節税対策を教えていただきたいのですが

娘二人を嫁がせて、やっとほっとしている50代の夫婦です。
家のローンもあと五年(定年の年に)終わりそうです。
老後に備えお金を蓄えないといけない時期になってきました。
今の家をリフォームして最後まで住むか、便利な福岡市のマンションに
引っ越すか・・など考え中です。(福岡市から1時間の地方都市在住)

扶養者が減ったせいかこの頃税負担が大きく、わずかに昇給しても
税金が上がってしまい却って手取りが減るありさまです。
年収は税込900万前後です。
今はやりのふるさと納税も私たちのようなケースだと全額もどるのか心配で
しておりません。

どなたか効率的な節税案を知っておられる方教えていただきたいのですが・・・
リフォーム減税も調べましたが上限12万くらいだそうですね。
それから私たちくらいの年齢でマンションを買ってローンを組めるものなのでしょうか?
若い頃のように団体信用保険なども掛け金が高くなるんでしょうか?

いろいろ教えてくださいませ。

投稿日時 - 2014-09-01 10:42:32

QNo.8738183

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>昇給しても税金が上がってしまい却って手取りが減る…

大げさすぎます。
稼いだ額以上に税金を取られることなど、理論的にあり得ません。

確かに所得税は累進課税ですが、税率表をグラフにしてみれば分かるとおり、税率の境目は階段ではなくスロープになっています。
たくさん稼いで逆ざやになることなどないのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

>リフォーム減税も調べましたが上限12万…

住宅ローン減税 (リフォーム減税) などというものは、借金がある人には税金を少し負けてあげますと言うだけの話です。
少々の節税のために大きな借金を作るなど、本末転倒です。

>今はやりのふるさと納税も私たちのような…

ふるさと納税もしかり。
多額の寄付をした人には税金を少し負けてあげますと言うだけ。
寄付した額以上に税金が安くなってかえって儲かる、なんてことは絶対に絶対にないのです。

>どなたか効率的な節税案を知っておられる…

給与から引かれる所得税・住民税は、社会生活を営む上での最低限必要な負担金です。

必要以上の税金を払いたくなかったら、稼いだお金を使わないでタンス預金にでもしておくことです。

リフォーム減税だのふるさと納税だので少々の所得税・住民税が安くなったところで、財布から出ていくお金は節税幅の何倍にもなるのです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2014-09-01 11:22:31

お礼

なんだかとてもきっぱりしたご意見、税務に詳しいかたなのでしょうね。そうですねコツコツ老後に備えて参ります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-01 22:27:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-