こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

配当金、分配金の総合課税の深刻について

軽減税率が撤廃されたため、今年から投信の分配金や株の配当金の
税金が10%から20%に増えてしまいました。

来年の話で恐縮ですが、節税の方策を考えており、総合課税による
確定申告が有利になりそうかご教示願えれば幸いです。

以下のケースでどうでしょうか?

            所得税 住民税
給与収入      330万  330万
給与所得控除    117万  117万
基礎控除       38万   33万  
社会保険料控除 46万 46万
生命保険料控除   5万 3万
課税所得      124万  131万

これだけであれば
所得税率 5%  約6万円
住民税率10% 約13万円
ですが....

これに株の配当金、投信の分配金が年200万(税引前)
あるとします。
(平成25年まで10%の税金が源泉徴収されていた
もので、現状特定口座で源泉徴収されています。)

配当控除は所得税で 10%
     住民税で 2.8%
税額控除となるのは以前の質問で聞いていたのですが、
投信の分配金はいろいろと制約があるようなので
今回は考慮しないことにします。

上記の給与の課税所得124万に+200万で、
324万が課税所得となると所得税率は10%
約9万の控除で約23万円が所得税となる。

●源泉徴収されている
・分配金の15%の所得税30万
・給与所得の所得税6万
 なので、確定申告することで、
 36万-23万=約13万円の還付となる。

住民税は給与の課税所得131万に+200万で、
331万の税率10%で約33万円

●配金の5%の源泉徴収の住民税10万円
 があるので、34万-10万で
 翌年24万円弱徴収される

申告分離課税なら
     所得税 住民税
給与    6万円  13万円
配当金  30万円  10万円

合計 59万円の税金

総合課税なら
     所得税 住民税
総合    23万円 33万円

合計 56万円の税金

となり、約3万円は得になるかと思われます。

●Q1.以上で認識に間違いないでしょうか?

これに加えて、
1.配当控除の税額控除
2.住民税のバランスが増えることによる、
  ふるさと納税の税額控除の上限額アップ。
3.住民税の納税が分割でかつ半年以上後に
  なること
などの有利な面があると考えられます。

総合課税の所得税の累進課税率が配当所得の
申告分離課税率より低いために得になると
思われるのですが、

●Q2.そもそも、
 特定口座にて源泉徴収されている申告分離課税を
 確定申告で総合課税に申告しなおすことは問題
 ないのでしょうか?
 
●Q3.付随の質問で総合課税によって住民税を
 増やすことにより、ふるさと納税の控除上限額を
 増やすことも問題ないのでしょうか?

以上、ご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2014-08-27 15:27:50

QNo.8732437

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.1です。

>申告の仕方としては、『上場株式配当等の支払通知書』に全体の取引が書いてあっても、例えば配当控除の対象となる株や投信を選んで、確定申告書に記入して申告すれば認めてくれるということでよいのでしょうか?
そのとおりです。。
比例配分方式による受領ですね。
私は、過去は「配当金受領証方式」による受領で、税率が20%にならないように銘柄を選んで確定申告したことがあります。
受領方式による違いで、確定申告できたりできなかったりはありえないですから可能なはずです。

投稿日時 - 2014-08-28 18:56:56

お礼

実際の経験談もまじえてご回答いただき、感謝します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-28 20:21:07

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

簡単に言うと、配当の税率が上がったので、所得税の税率が20%以下の場合、配当は確定申告したほうが得です。
なお、今までは所得税率が10%以下の場合、確定申告したほうが得でした。
貴方の場合、10%なので全然得ですし、今までも得ですので、今からでも確定申告すればいいです。
5年前の分までなら、さかのぼって確定申告できます。

私の所得税の税率は20%で、来年からは確定申告したほうがトータルでは得なので確定申告するつもりです。
10%のときは確定申告していました。

>Q1.以上で認識に間違いないでしょうか?
おおむねそのとおりです。
なお、配当控除があるので、所得税の還付額はもっと多いですし、住民税の額は少ないですね。

>Q2.そもそも、特定口座にて源泉徴収されている申告分離課税を 確定申告で総合課税に申告しなおすことは問題ないのでしょうか?
全然問題ありません。
なお、いくつかの銘柄の配当がある場合、所得税の税率を考えて、ある銘柄分だけを選んで確定申告するということも可能です。
有利な方法で確定申告することができます。

>Q3.付随の質問で総合課税によって住民税を 増やすことにより、ふるさと納税の控除上限額を 増やすことも問題ないのでしょうか?
問題ありません。

投稿日時 - 2014-08-27 20:10:26

お礼

的確なご回答、ありがとうございます。

特に
>いくつかの銘柄の配当がある場合、所得税の税率を考えて、
>ある銘柄分だけを選んで確定申告するということも可能です。
はとても参考になりました。
申告の仕方としては、
『上場株式配当等の支払通知書』に全体の取引が書いてあっても、
例えば配当控除の対象となる株や投信を選んで、確定申告書に
記入して申告すれば認めてくれるということでよいのでしょうか?

確かにこれならかなり有利な申告ができ、還付も期待できます。
ただ、昨年分は給与収入が多かったので、株の配当分を配当控除
を考慮して総合課税で申告してみるかです。

重ねてありがとうございました。

投稿日時 - 2014-08-28 14:49:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-