こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

給与明細の項目について

お恥ずかしい話なのですが給与明細の内容で理解できない部分があるので
質問させていください。

今の会社の給与明細を見ると、支給項目にある職能給・定額残業手当・地域手当・通勤費等は理解できるのですが、『課税対象支給』という項目があり月50,000円になっています。

ただ、控除項目を見ると健康保険・厚生年金・雇用保険・所得税等の他に、
こちらには『課税対象控除』という項目があり月50,000円控除されています。

結果としてプラスマイナス0なのですが、支給合計から比べると差引支給額がかなり減ったように見え、何のために『課税対象支給』が給与に入っているのかが理解できません。

手取りは増えないが、課税対象額だけ増やすため?などと考えてしまったのですが、
分かる方教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-08-24 11:20:51

QNo.8728437

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

『課税対象支給』の50,000円と『課税対象控除』の50,000円は税金計算を行う為に必要なデータとして、記載されているのでしょう。例えば、通勤費については非課税のはずですが、コンピュータの計算上とか経理システム上の処理項目の変更が容易ではないためとか。具体的に5万円が何なのか解らない場合は会社の総務に聞いてみてください。

通常の給与に加算して支給する通勤手当は、一定の限度額(1か月当たり10万円)まで非課税となっています。

平成10年1月1日以後、支払われるべき通勤手当の非課税限度額の上限額が5万円から10万円に引き上げられました。

投稿日時 - 2014-08-24 11:48:52

お礼

なるほど。
そういう理由も考えられるのですね。
トータルでの帳尻を合わせるためなら納得できます。
勉強になりました!

迅速な回答ありがとうございますm(__)m

投稿日時 - 2014-08-24 13:44:47

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

あ~の~
社会人なんですよね。
そんなの、だれも判りませんよ。
似たような名目は色々な会社にも有るだろうけど、
その項目の内訳説明は会社ごとに違うから
判るのは、貴方の会社の就業規約の給与の項目を確認できる貴方だけですけど。

投稿日時 - 2014-08-24 11:34:45

お礼

そう思われてしまったのであれば申し訳ないです。

ただ、わざわざ人を馬鹿にしたような文章を書きに来られる
あなたの資質もどうかと思いますが。

投稿日時 - 2014-08-24 13:48:19

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-