こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ロックフェラーは何を狙っているのか?

ロックフェラーは何を狙っているのか?

直近のアメリカの動きとして注目すべきは、やはり日本への異常とも言える執着だろう。

元々、環太平洋の農業国家同士・資源国家同士の貿易協定だったTPPに、強引にねじ入り、さらに日本に参加を強要し、とうとう取り込んでしまった。

思えば、東南アジア発のASEANが力を伸ばし、日本がASEANとの連携を強める中、APECを強引に立ち上げて、日本を引き剥がしに掛かった時から、アジア経済圏における橋頭堡として、アメリカは日本に目を付けていたのだろう。

TPPに取り込まれた結果、日本で革命が起こらなければ、日本は限りなくアメリカの法体系に近づいていくことになる。

アメリカはここまでする必要があったということだ。

関税撤廃によって農産物輸出を増やす、あるいは雇用拡大という狙いもあるにはあるだろうが、そんな小さなものが本来の目的ではないだろう。

米ロックフェラーのドル戦略はどういうものなのか?

ここで、ドル暴落をロックフェラーは避けたいのか、望んでいるのかという問題が出てくる。

ドル安は、行き過ぎなければ輸出が増え、景気が回復するため、アメリカにとっては歓迎すべき事態だ。

ドル暴落局面でのアメリカ=ロックフェラーの懸念は、最終的に秩序が維持できるのか、ドル暴落→インフレの結果起こるであろう、暴動を鎮圧できるのか、に絞られる。

もし、その暴動を米軍やFEMAを動員して鎮圧することが可能とロックフェラーが読んでいるならば、ドル暴落をロックフェラーが仕掛ける可能性は高い。

繰り返すが、ドル暴落によってアメリカの借金はほぼチャラにになり、輸出の大幅回復が見込めるのだ。

アメリカで起こるであろう暴動は、鎮圧できるのか?

但し、まだ残る問題は、その暴動が国際金融資本家・ウォール街を狙った暴動になる可能性が高いということだろう。

さすがに、本社施設が暴動の標的になれば、いかなロックフェラーといえど、ドル暴落後に世界を支配し続けることはできない。

この局面での安全を確保するためには、ドル暴落局面での避難先を作っておく必要がある。

その避難先が日本であり、本社機能を移転させるための布石が、TPPによる日本のアメリカ化なのではないか?

さらに、アメリカのTPPへの参加は、環太平洋の資源国家を取り込めるという利点も大きい。

などの情報・主張をどう思いますか。

投稿日時 - 2014-08-15 10:54:38

QNo.8717537

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

仮面ライダーの昔から「悪の結社」が狙うのは、世界征服と決まっている

投稿日時 - 2014-08-15 11:23:16

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-