こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

国際結婚に伴う重婚罪

この女性はアメリカでアメリカ人の男性と13年前結婚しました。7年間アメリカに住んだ後、夫婦で日本に引越しました。その数年後アメリカ人の夫は心臓にペースメーカーを入れる手術をし、身体障害者手帳を日本の福祉課で配布され保持し、ほとんど働かなくてよくなりました。妻は家計を立てるためパートでフルタイム仕事をし、夫を、そして家計を一生懸命支えてきました。今年になり夫は英会話個人レッスンの生徒である独身女性と秘密で交際/不倫をしていました。そして妻には冷たくあたり、心臓の負担が大きく婚姻関係を終わりにしたい、、その代わりいつまでも家族として支えても行くし、家計の支えもしていくから、自分の心臓の負担を離婚によって軽くして欲しいと懇願され離婚に応じたのです。その同じ月に不倫相手と同棲が始まり、3ヶ月後には入籍、現在アメリカに新婚旅行に3週間出かけています。その事実をこの妻は今になって全て知りました。家財も車も夫が欲しい/要るものはすべて持たせた離婚でした。なぜならかれは妻にこれからも家族として生活費・家族関係を継続していくからと約束したかのでその言葉を完全に信用しての離婚への署名でした。今元妻は家のローン、車のローンを残され精神的ショックでぼろぼろです。今に来て家裁に調停を申した立て、慰謝料、生活費を取り立てる申し立てを始めています。
日本ではアメリカで結婚した証明書に基づき日本でも入籍していました、そして夫に推し進められるまま離婚も正式に済ませてしまっています、また元夫は3ヵ月後に不倫女と入籍してしまっています。ただしアメリカの法律では元夫と元妻はまだ婚姻関係にいます。(離婚はしていません。)元妻は結婚証明書も、ソーシャルセキュリティーカードも、永住許可証明書も持っています。この事実を元にアメリカン人の元夫に対して重婚罪を問うことか可能でしょうか?
このアメリカ人の元夫の早業は配偶者ビサを保持して身体障害者手帳を継続して保持したい一心だったことの離婚ー入籍の行動だったのが明らかです。
ちなみにこの元夫は地元の小学校や中学校の客員英語教師、不倫女はやはり音楽教師でもあります。こんな人間が教壇に立つべきでしょうか?何とか制裁がくわわる方法はあるでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-29 00:00:09

QNo.8696286

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

元夫はあなたと離婚後、役場から離婚証明書を発行してもらい、それを持って新しい女性とアメリカに渡ったのです。
そしてアメリカの役場に行って「日本の妻とは離婚した」と届けたはずです。
そうするとアメリカの役場はそれを受理しているから、これを質問したころには既にあなたはアメリカでも離婚は終わっています。


さらに元夫は新しい彼女と結婚した後日本へ戻って来る。
アメリカで結婚しているし、しかも新しい彼女と一緒で役場に行って結婚を届ければ、役場の職員は受理しなければならない。


これからあなたがなにをできるかとなると道義的責任を問うしかないでしょうね。
しかし難しいね!

投稿日時 - 2014-08-08 18:37:22

ANo.1

その元夫が、、どこにいるかでは、、、アメリカにいるなら、、、大金かけて、渡米して、、アメリカで、訴訟をすればいい、、、。

日本では、離婚手続き完了しているでしょう、、、意味無いのでは、、、。

旦那がいる場所での裁判で、、、日本では、意味ないでしょう。

全てが手遅れだし、、、。正式離婚もしたのだしね、、、その女性と、あなたの関係がわかりませんが、、、息子なら、

ダメな母を持ったなあ、、、諦めるべきでは、、、。

元夫がアメリカなら、、、あんたがお金稼いで、弁護士屋とえれば、、勝算ありかも、、それに見合う話なのかな、、、金銭的に、、恨み的に、、、元夫が大富豪なら、話は別だけどね、、。

聞くところによると、、日本のリーガルより、向こうは、、高いらしいですよ。

投稿日時 - 2014-07-29 04:13:16

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-