こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

貯金ができていない…コツを教えてください!

現在社会人3年目・20代半ばの女性です。
一人暮らしをしており、田舎町のため通勤は車を使っています。

私の生活習慣が悪いこと、一人暮らしにかかる費用が多いことで、貯金ができず困っています。厳しいご意見でもかまいませんので、アドバイスをいただけたら幸いです。

月々の収入と支出は下の通りです。

<収入>
手取り19万円前後

<支出>
家賃・・・54000
水道・・・3000
ガス・・・3000
電気・・・3000
ケータイ・・・8000
奨学金・・・23000
車保険、ローン・・・31500
保険料・・・9000
ネット・・・4000
ガソリン・・・12000
食費・・・25000

食費等はおおよそですが、ざっとこんな感じです。
途中1回引越をしてしまい、現在の貯金は社会人3年目のくせに30万前後しかありません…。

私が思う「自分が貯金できない理由」として、大きく2あります。
(1)クレジットカードで払いをしてしまうことが多い。
→クレジットに頼ってしまう理由としては、仕事の都合上、手数料が発生してしまう時間帯でしか下ろせないことが多く、手数料がもったいないからクレジットで…という気持ちになってしまうことが多いです。
現金の持ち合わせがない時は、スーパーやドラッグストアでのちょっとした買い物でも、クレジットに頼ってしまうことがあります。また、衣類を買うときも「今日は○円まで」と決めるものの、現金でなくクレジットを使ってしまうことがほとんどです。
当初は、主にガソリンの支払のみに使っていました。しかしネットで使用履歴がこまめにチェックできること・レシート代わりに過去の使用分を振り返ることができるので便利と感じ、クレジットを使ってしまいます。上手に使えば、クレジットでもいいのかもしれないのですが…。


(2)大学院生の彼がおり、お金がない彼のためにといつも多めに支払いをしてしまいます。
→例えば食事に行くと(そんなに高級な所には行きませんが)、7:3くらいの割合で多めに出します。彼に「出して欲しい」と言われているわけではないのですが、自分も貧乏だった学生生活を思い出すと、つい多めに出してあげたくなってしまいます。彼は来年から社会人になるので、来年以降はぐっと出費が減ると思うのですが…。


これら2つの原因は自覚しているものの、この習慣を直せない自分がいます。
これらの悪い行動により、給料日当日すぐに家賃や奨学金・車のローンを振り込み、残高を見てみると…すでに前月分のクレジット支払額に足りなくなってしまっており、結局貯蓄(ボーナス)から切り崩す…といった状態です。

ボーナスは年2回で、合計70万円程度です。

いずれ結婚もしたいので、これから2~3年で100~150万円は貯めたいのですが…今の自分だと届きそうにもなく、途方に暮れています。本当に情けないのですが…。

客観的に見て、こう工夫したらもっと節約できるとか、20代半ばならこのくらいは貯めていないといけないとか、厳しいご意見でもかまいませんのでアドバイスをいただけたら幸いです。

投稿日時 - 2014-07-22 16:21:01

QNo.8688157

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

こんにちは。

私が20代半ばのときはもう少し収入が少なかったですが、7万円の家賃を払いながら月1万円は貯金してましたよ。どんなに少なくても毎月きちんと貯金する、ということが大事だと思ったので、初任給手取り16万の時代から月5000円は天引きで積み立ててました。
ボーナスは、もう少し多かったですが、年100万は貯めようと思っていましたね。3年目くらいまでは無理でしたけど…でも70万くらいは貯めていたかな。月々の貯金と、ボーナスで。ボーナスは、家電の買い替えや被服費、旅行代に使いましたが、それ以外は全額貯金してました。
300万貯めるまで(4年目で貯まりました)は苦しかったですが、それ以降は収入も増えたのでどんどん増えていきました。(収入が増えても支出は増やさなかったので…)

当時の自分を思い出しながらあなたの支出を見てみますと…
携帯代、高いですね。スマホでしょうか? 私はガラケーなので月2000円行きませんけど…

車保険、ローン。分不相応ですね。住宅を除き、ローンでないと買えないものは、身の丈に合っていない買い物だと思ったほうがいいです。今の車はご両親からの就職祝いだそうですが…ローンを自分で払うならお祝いじゃないですよね?売ってもっと燃費のいい、税金も安い軽に乗り換えることはできないのでしょうか?「お祝いだったし…」という気持ちはわかりますが、そんな余裕はないのではとも思います。

保険料、養う相手もいないのに、高すぎませんか?貯金がないので医療保険は必要かと思いますが、掛け捨ての日額5000円~10000円のものでよいのでは?
ちなみに、私は保険に入るくらいなら貯金を頑張ろうと思って、民間の保険には一切入っていません。本当に病気になって困窮したら親に助けてもらおうという考えもありましたが、民間の保険で賄えるような保障って、実はたいしたことないな、と思ったからです。私が加入している健保の保障が充実していて、月額負担上限が2万円までしかない、ということもありまして。

ネット。スマホなら、ネットはいらないのでは?もしくは、ガラケーにしてネットを残す。

ガソリン。とても高いですね。車の燃費が悪いのでしょうか?もっと燃費のいい車に乗ったほうがいいのではと思いますし、通勤にそんなにかかるなら、会社のそばに住んで自転車で通うとか公共交通機関で通って通勤費を負担してもらうほうがよいのでは?

食費も高いと思います。自炊をちゃんとすれば、2万円以下にはできると思います。
ちなみに私は15000円~18000円でした。

クレジットで払うから貯金ができない、という意味がちょっと分かりません。
私は現金を持ち歩きたくないのでクレジットカードを多用していて、1000円を越えたら基本カード払いですが、使った時点で家計簿につけてますよ。
ちなみに、銀行に時間外手数料を払ったことは一度もありません。給料日後にその月に使っていいお金は全額下ろしているので、そこからカードで払った分を別によけています。(カードの引き落とし日前にまとめて入金)
あなたの問題は、クレジットうんぬんよりも、クレジットを理由にして自分が使っているお金を把握していないことにあると思います。支払い能力以上に使ってしまっているのだから。…それなら、クレジットカードを使うのはやめたほうがいいでしょうね。給料日に銀行には行けているのだから、そこで使っていい現金を下ろして、その範囲で暮らしましょう。財布から現金がなくなったら、もう使わない。

彼氏との外食にお金ががかる、なら、外食しないで家で食べたらいいだけでは? 外食がいけないとは言いませんが、貯金ができない言い訳にするくらいなら、対策を考えたらどうですか?ということです。


お金を貯めたいなら、自分に言い訳をしないこと。
3年で150万貯めたいなら、1年で50万。ボーナスで貯められる分を除けば、月々の貯金すべき額はすぐに出ます。
お給料が出たらその額を貯金して(自動積立がいいと思います)、残りで暮らす。残りのお金をどう使うかは、あなたの自由です。自転車で通勤して、その分を彼氏との外食にあてるもよし。食費を節約して服を買うもよし。
とてもシンプルでカンタンなことですよ。

頑張ってください!

投稿日時 - 2014-07-22 19:46:53

ANo.7

「私の生活習慣が悪いこと、一人暮らしにかかる費用が多いことで、貯金ができず困っています。」
もう理由解っとるやん
言い訳すんなや
車は売ってチャリやな。ええチャリ買うたらめちゃめちゃスピードはでる

投稿日時 - 2014-07-22 18:52:32

ANo.6

車を手放すしか無いでしょ。

投稿日時 - 2014-07-22 17:37:52

ANo.5

積み立て預金をやる
毎月50000円。
保険解約。車を売る。自転車通勤をやるもちろん雨の日も。

二十代半ばなら二百万円位預金が必要。

投稿日時 - 2014-07-22 17:12:20

社会人三年目で高給取りというわけでもないのに、54000の家賃と高級車ってのが問題ですね。
ガソリン代もかかってますね。
家賃と車関係合わせて、ここで5万くらい削れれば、毎月5万の貯蓄が出来ます。
会社に定期代出してもらって電車かバス通勤するべきでしょう。

家賃東京並みです。
とても田舎町とは思えません。
ボーナスは全部貯蓄に回して、尚且つ月、3~5万貯蓄に回せるよう考え直して下さい。

投稿日時 - 2014-07-22 17:07:40

ANo.3

クレジットカードで払いをしてしまうことが多い。>
クレジットカードは一括払いのみでポイント分得するようなら使う意味は大いにありますが、カードがあることによって余計に使うようでは意味がないでしょう。逆に手数料が掛かると思えば、買わないという選択肢も出てくるかと思いますよ。自制出来ないなら、その月の生活費は全部家に置いておき、封筒か何かに支出項目毎に分けて、その中で遣り繰りするのが良いかもしれません。

いずれ結婚もしたいので、これから2~3年で100~150万円は貯めたいのですが…>
貯蓄とは使うためにするので、この考え方自体は正解です。あとはこれをどう確保するかの問題あって、収入があった時点で先に取り分けておけば良いのです。残った分を貯蓄するから、使い過ぎた時に貯蓄出来ないという事態になるということです。先に貯蓄して、残りで遣りくりする努力をしましょう。

客観的に見て、こう工夫したらもっと節約できるとか…>
ケータイ・・・8000:家でネットしているなら、携帯電話は通話とメール程度で良いのでは?端末代を分割払いにして頻繁に機種変更をしているようなら、それも止めましょう。ちなみに、うちは携帯2台と固定電話、家でのネットで月8,000円くらいです。
保険料・・・9000:何の保険ででしょうか?死亡保険なら必要ないので解約しましょう(あなたの収入で生活している人が居るなら話は別で、そうでないならお金を捨てているに等しい)。満期時等にお金が貰えるタイプなら少しは貯蓄が出来ていることになりますが、この金額が不明とかいつでも使えないようでは現状死に金になっている可能性があります。保険は掛け捨てにし、貯蓄は自分で管理しましょう。掛け捨ては損だと思う人も多いですが、その分余計に保険料を払っているに過ぎません。掛け捨てであれば保険見直し時に制約もなく、比較検討も簡単です(保険は状況変化によって補償内容を随時変更する)。
車保険、ローン・・・31500:車検や税金も毎月積み立てるように計上しておきましょう。この先もずっと乗るなら、次の車の購入費用も貯蓄しておかないと、その時になってまたローンを組んで無駄な金利を払うことになります。ひいては、何でも貯蓄して買うくらいの心構えの方が将来困りませんよ(ローンを組んでも良いのは住宅ローンくらい)。ローンというのは将来の収入を今使ってしまうことであり、これが過分だと困る可能性がありますので。
被服費、医療費、小遣い等抜けていると思われる項目もあります。全てを家計簿につけ、支出を管理するようにしてください。足りないからカードを使うとか預金をおろすとか、ボーナスを全額当てにするのも危険ですよ。

20代半ばならこのくらいは貯めていないといけないとか…>
上記したように使う時期と金額を試算し、その時までに足りるように貯蓄出来ていれば良いのです。
なお、目的が決まっている貯蓄とは別にいざという時のための貯蓄も必要です。これは減給(ボーナスは真っ先に減ったり無くなったりするので、これは当てにしない!)や失職、不意の大きな出費にも対応出来るようにしておくもので、生活費の3ヶ月分程度以上は常に現金貯蓄で置いておくことをお勧めします。

投稿日時 - 2014-07-22 17:00:29

ANo.2

削れそうなとこはぱっと見なさそうな気が・・・

でもこれだけで17.5万
あなたの日用品入れたらそれだけで一杯一杯でデート代はマイナスじゃないですか?


あえてツッコムとすれば
車通勤しか出来ない田舎の割に家賃54000円って結構良い部屋にすんでません?
車もローンのない中古の軽じゃダメだったんですか?

問題点は毎月のやりくりより使うべき点を見誤ったような気がします

投稿日時 - 2014-07-22 16:47:52

お礼

>車通勤しか出来ない田舎の割に家賃54000円って結構良い部屋にすんでません?
→家賃の中には駐車場代も含まれています。
前に住んでいた家が交通の便が良かったものの、家賃が65000円と高かったもので、1年後に思い切って引越をしました(被災地なもので新居を探すときに選ぶ余地もなかったもので…)。確かにもっと安いアパートもあったと思います…。

>車もローンのない中古の軽じゃダメだったんですか?
実は車は「就職祝いに」と、両親が購入してくれたものでした。私自身は“中古のものか、今乗っているのを譲ってくれたらいいよ”とは言ったのですが…。月々のローンも両親が払ってくれる予定だったのですが、母が仕事を辞めることになってしまい、それ以来支払を私がすることになってしまいました。

できるだけボーナスには手を付けないよう、頑張って生活するのが唯一の手段かもしれませんね…。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-22 17:00:28

ANo.1

彼氏はいつ社会人になるのですか。ボーナスだけを残せばよい。この給料では貯蓄は無理です。これ以上節約はできません。しないでよい。

投稿日時 - 2014-07-22 16:37:48

お礼

ありがとうございます。彼は上にも書いたように、来年の4月から新社会人になります。

「貯金しないでよい」と言ってもらえたら気が楽なのですが(笑)、ネットで見ていても20代一人暮らし女性の方々の平均貯蓄額を見ると、やはりあせってしまいます。どうにか貯金できればいいのですが…やはりクレジットを使う習慣を止めるべきでしょうか。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-22 16:52:38

あなたにオススメの質問