こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本で外国語を学ぶ意義・利点とは?

外国語学部へ帰国生受験を考えています、高校3年生です。

外国語学部フランス語学科に受験したく思っているのですが、面接等の質問で「どうしてフランス語科を志望したのか?」と聞かれた際、うまく答えられる自信がありません。

4年間中国に住みインターナショナルスクールに通っていたため、日本語はもちろん、中国語と英語は日常会話程度に話すことができます。

海外で生活していたおかげで、積極的に分からないところを先生に質問したり、外国語を臆すことなく話す度胸が身についているので、語学を身につけるための努力や学習意欲は十分に備わっていると思うのですが、自分がそれらの行動実行できる理由・きっかけがあまりにも薄すぎると指摘されました。

私が受験を志望する大学には、フランス語の他にもスペイン語やドイツ語があります。

大学に入ったあとに語学を積極的に学ぶ意欲があることが面接官に伝わっても、それがフランス語科にて学びたい理由にはならない、と言われまさに図星であることに気づき、少々戸惑っています。

この場合、志望理由は今から知識を蓄えてでも自分特有のアピールができる、個性ある台詞を準備しておくべきでしょうか。または、自分の正直な意見で在り来りなことを言うべきでしょうか?

(例えば、前者で言うと「上海のフランス租界地に魅了され、歴史に興味をもちました」
というアピールは、自分が育った環境の自己アピールにもなるのでいい素材かもしれません。
しかし、正直歴史に興味がないので、深く聞かれた時にボロが出ます。

本心はフランス語の美しい響きや、マドレーヌというアニメ、星の王子さま等の文学からフランスという国に興味を持ったのに、それでは「中国に滞在していた」という自分らしさをアピールできず、他の人と差が出ず在り来たりになってしまうため合格は難しいと言われました。)

真剣に、本当に大学に合格したい場合、本心か洗脳か、どちらで面接準備をするべきなのでしょうか?



また、どうして語学を日本にて学ぶのかという質問にもうまく答えることができません。
語学を習得する上で海外での生活が影響することは事実です。
中国語や英語を学んだ時にそれは痛感しているので、「あなたが中国で中国語を学んだように、フランスでフランス語を学んだほうが身につくのではないか?」と聞かれたらグウの音も出ません。

外国語を日本で学ぶという事の意義、また利点とは何でしょうか?

長文失礼いたしました。温かいご意見を頂けたら幸いです。
どうか皆さまのお力をお貸しください。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2014-06-16 17:54:58

QNo.8640787

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

世界で一番使い道があるのは「英語」です
次に世界で通用するのは「フランス語」です


国連職員、NGO団体、PKO団体は、英語がフランス語のどちらかを使えれば問題ありません
「将来的に国連職員を目指しているので英仏の両言語を学習したい」なんていうのも良いのではないでしょうか


フランス語でなければ仕事が出来ないのは「アパレル業界」です

アパレルの中心地がフランスということもあり全てがフランス語です
外語学部でフランス語が常に偏差値が一番高いのは「アパレル業界」を目指して、女性がたくさん応募するからです


国連職員やアパレル業界を目指すと言うのであれば、フランス語を学ぶ理由にはなると思います
それと、どうして日本で学ぶのかと言うのは聞かれないと思います
日本人として親と一緒に暮らしているので日本で学ぶのは当然のことだからです
「親の引越しに伴って日本に来たから」で通用すると思います

投稿日時 - 2014-06-16 19:08:35

ANo.1

そもそも、中国から日本に戻ってこられるからには、日本を拠点にして暮らし学び働く、というのが大前提でしょうから、フランスで学べ、という反論は愚の骨頂です。(面接官こそ、なんで日本でフランス語教えてんだよ、という話ですから)

まあ、中国で学ぶよりはいいのか、日本に戻る必要があり日本で学ぶのか、というのをハッキリさせておき、

なぜフランス語か、というのは、中国語や日本語とはルーツの異なるラテン語系言語、それも国連で条約などの際に用いられる外交的に重要な言語であるから、とかしかいえないでしょう。いちおう、スペイン語よりはこれらの点で優位ですし、ドイツ語とは言語系統が違いますし。

投稿日時 - 2014-06-16 19:02:07

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-