こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

PDFファイルをリンクするには?

初心者です。
PDFのファイルを、ホームページでリンクしたいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか。
ツールは、ホームページビルダーの最新版です。
JPGのファイルなら、ページに貼り付けましたが、PDFの場合にどうしたらよいのかがわかりません。PDFファイルを直接リンクすることなど、出来るのでしょうか?

投稿日時 - 2014-05-18 11:22:40

QNo.8600072

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

リンクと言う言葉を正確に理解しないと・・話の前後で意味が変わっている。
リンクとは、
『ハイパーテキストリンクを通じ、オンライン情報をボタンのクリックで取得すること。( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.2 )』
 <a href=""></a>でリンク先のページを取得--移動することで。
>JPGのファイルなら、ページに貼り付けましたが、
 <img src="***.jpg">のsrc( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/struct/objects.html#adef-src-IMG )は【リンクではありません。】
 PDFの場合は、IMGと同じ埋め込みでしたら、OBJECTt( http://www.asahi-net.or.jp/~sd5a-ucd/rec-html401j/struct/objects.html#h-13.3 )要素で埋め込みます。HTML3.2では<EMBED>要素を使用します。(EMBEDはHTML4.01で破棄されました。)

 また、それとは全く異なる方法でiframe( http://www.asahi-net.or.jp/~sd5a-ucd/rec-html401j/present/frames.html#edef-IFRAME )やframeがあります。(frameは使うべきではないでしょう。)
<object data="images/XXX.pdf" width="400" height="300" classid=”CLSID:CA8A9780-280D-11CF-A24D-444553540000″ >
<p>ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。<a href="images/XXX.pdf">PDFファイルをダウンロードしてください</a>。</p>
</object>
 など・・

 古い方法(HTML3.2以前)
  <embed src=”XXX.pdf”></embed>

外部ウェブデータを表示する
<iframe src="images/XXX.pdf" width="400" height="300">
も使えます。

 
 
なお、直リンクも意味が違います。
 ⇒リンクとマナー( http://park5.wakwak.com/~tanaka02b/column/aoifuku.htm )
直リンクとは、インデックス(表紙)を経由せずに、直接データのあるページに飛ぶことを言います。
 

投稿日時 - 2014-05-18 15:28:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

文字化けはAdobe Readerで表示した状態で化けると言う事でしょうか?
もしそうなら、それはPDF自体の問題です。

PDFを直接Adobe Readerで読み込んだ場合はどうですか?

あとは、FFFTPの環境設定で、PDFの転送モードがASCIIモードになっているとか、その辺くらいかな?。

回線速度が遅い場合で、データが完全に読み込まれる前にスクロールさせたりすると、エンコード情報が飛んで文字化けしたりする事もありますよ(これはAdobe Readerの問題)

投稿日時 - 2014-05-18 14:19:27

ANo.1

HTMLの構文を勉強しましょう。


一般的なリンクは以下の通り。

<a href="リンク先URL" target="ウインドウ名">文字または画像</a>


【リンク先URL】:リンク先のURL。絶対パスか相対パスで指定。

【文字または画像】:リンクを貼りたい文字、または画像(imgタグ)

【ウインドウ名】:リンク先を表示するターゲットウインドウを指定。無指定や「_self」では今表示しているウインドウ(またはタブ)へ、「_blank」では新しいウインドウ(またはタブ)を開き、そこに表示します。
フレームやスクリプトで開いたウインドウに表示する場合は、フレームやスクリプトで設定した「ウインドウ名」を指定します。


「絶対パス」とは、対象のファイルのURLを全て含めたもの。
「相対パス」とは、そのページから見て、対象の位置がどこにあるかを表したものです。


例えば、www.hogehoge.jp/mypage/ と言うURLでサイトを公開するとして、以下のような配置になっていたとします。

「mypage」┳ index.html
       ┃
       ┣ sample1.html
       ┃
       ┗ 「contents2」 ┳ sample2.html
                  ┃
                   ┗ 「sample」━ sample3.html


初期ページ(index.html)から見た場合sample1.htmlは

絶対パス:www.hogehoge.jp/mypage/sample1.html
相対パス:./sample1.html

となります。

sample2.htmlから見た場合、sample1のパスは

絶対パス:www.hogehoge.jp/mypage/sample1.html
相対パス:../sample1.html

となり、sample3.htmlは、

絶対パス:www.hogehoge.jp/mypage/contents2/sample/sample3.html
相対パス:./sample/sample3.html

となります。


相対パスのファイルの前に付く「./」は今いるページと同じ階層を表し、「../」は一つ上の階層を表します。
ですから、sample3.htmlから見てsample1.htmlは2階層上にあるので「../../sample1.html」となります。


なぜ「相対パス」と「絶対パス」があるかというと、自分のサイト内を全て相対パスで指定しておけば、ホームページスペースのURLが変わったとしても、ホームページ内の配置を変えなければ、パスを変更する必要がありません。

もし、絶対パスで指定していたのなら、ホームページスペースのURLが変わると、全てのページに記載されているパスを書き換えなければならなくなり、非常に手間をとります。

ですから、絶対に移動しないURL(他のサイトへのリンクやCGI等のURL)は絶対パスで指定し、自分のサイト内のファイルは全て相対パスにしておくと、管理が楽になります。



最後に、ホームページビルダー等のWYSIWYGエディタ(実際の見た目で編集できる機能)しか使えないと、できることが非常に限られてきます。

Webページを作るのであれば、ソースコード(HTML構文)を編集できる程度の基本的な知識は身に付けておきましょう。
ホームページビルダーにもソースを直接編集できる機能はあります。

投稿日時 - 2014-05-18 12:47:21

お礼

大変に詳しくありがとうございました。
PDFのリンクはするのですが、文字化けを起しています。この理由がわかりません。何でしょうか?
FFFTPを使って転送しています。

投稿日時 - 2014-05-18 13:25:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-