こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文法 選択問題

I still can't believe that the young man I ( ) at the restaurant was Frankie.

1,should have been
2,saw
3,have seen
4,might see

という問題で、答えは2なんですが、なぜそうなるのか説明してくれと友達に言われ、頭ではなんとなくわかっているのですが、説明しろと言われると、なんて説明すればいいか分かりません。

英文法に沿って、わかりやすく説明していただけませんか?

お願いします。

投稿日時 - 2014-05-03 15:45:07

QNo.8579621

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>I still can't believe that the young man I ( ) at the restaurant was Frankie.

 主節は現在形なので、that節の中だけで判断してしまえばいいです。

>The young man I ( ) at the restaurant was Frankie.

 普通は「2. saw」しかないですし、そう言えることについては説明は不要でしょう。しかし、それ以外が絶対にあり得ないかどうかを考えてみます。

>1,should have been

 should have seenですね。あり得ます。

I still can't believe that the young man I should have seen at the restaurant was Frankie.
「私がレストランで会うはずだった若者がフランキーだったらなんて、未だに信じられない。」

 特殊な状況になりはします。話し手(I)がレストランで若者と会う予定にしていて、実際に該当しそうな若者に会ったかどうかは定かではないですが、その相手がフランキーのはずだったという状況です。

 こういうshouldを変に思うネイティブもいますが(出身地などによる)、成立しないわけではありません。しかし、状況は特殊、ネイティブでも変に思う人がいる点は留意すべきでしょう。

>2,saw

 最もよくあるパターンですね。繰り返しですが、説明は不要でしょう。

>3,have seen

 あり得ます。ただし状況として特殊です。それは時制はちょっと特殊だからです。had seenならいいのです。会ったことがあり(had seen)、そしてそれはフランキーだと分かった(was)と時系列にうまく並びます(ただし、had seenとせず、sawと単純過去で言うことが多い)。

 レストランで若者に会ったという経験を持ち続けており、少し前にフランキーだと分かったという状況です。

>4,might see

 これは無理です。might have seenならまだしも(上記、1, 3と同じ理屈になる)、「見る/会うかもしれない」のが現在~近い未来です。それがwasでは時制として成立しません。これから会うのに、過去に会ったことになってしまいます。

 上記で「あり得ます」とした1, 3ですが、仮定法を考慮したり、時制の一致を破る可能性を考慮してのことです。状況も特殊なものになります。「あり得ないとまでは言えない」といったところです。

 人によっては許容範囲外でしょう。こういう言い方もあると習うような文でもありません。

 ですので、普通の英語の言い方として適切なものを選ぶなら「2. saw」しかありません。

投稿日時 - 2014-05-03 17:03:31

お礼

詳しい説明有り難うございます。

よくわかりました。

投稿日時 - 2014-05-24 13:30:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

that 以下 the young man I ( ) at the restaurant was Frankie. は過去形で構成されています。
そこで、 1 は ダメ、 3. も ダメ, 4.も ダメ  時制の一致で選択できるのは 2. だけですね。

投稿日時 - 2014-05-03 15:58:08

お礼

that節の中だけでも時制の一致は起こるんですね。

有り難うございました。

投稿日時 - 2014-05-24 13:28:39

was とあるように、現にあった過去のことに関して

レストランで会った若者がフランキーだったなんて今でも信じられない。

この was は一種の(逆の)時制の一致みたいなもので、saw という過去と合わせたものです。

~ was your brother などという英語で「あなたの兄弟だった」とすると、
「え?兄弟の縁切ったの?亡くなったの?」と感じる生徒もいるのですが、
もちろん、その会った時のことを思い描いて「だった」と言っています。

こういう was とある以上、現に「会った」わけで、
同時の過去 saw がふさわしく、これから会うかもしれない、という might see とか
現在完了の have seen というのはおかしいです。

might は過去形みたいで、may と同じ「これから~するかもしれない」です。

投稿日時 - 2014-05-03 15:52:14

お礼

お礼遅れてすみません!

時制の一致は思いつきませんでした。

有り難うございました。

投稿日時 - 2014-05-24 13:26:52

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-