こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

1980年代の不良少年のパチンコでの蛮行

70代の元中学校教諭から聞いた話ですが1980年代半ば頃、特に問題のある不良生徒がよく学校をサボってはパチンコ店でパチンコ台の出玉放出口に細工をした柔軟性のある透明のプラスチック棒を器用に突っ込んで無理矢理強引にフィーバーをかけて出玉を抜いていたそうです。
しかし店員にバレた時はもう大変で、店の事務所に連行されてそのまま警察送り、不良生徒の両親と担任教諭及び教頭が警察署に呼び出され面倒な事になるる始末、時には出玉を抜いた不良生徒がパチンコ店事務所で店長に半殺しにされる事もあったそうです。

どうやらこの違法出玉抜きは元教諭の居た学校の生徒に限らず全国各地の不良少年やヤカラがやっていたそうで当時のパチンコ店や警察署、学校が手を焼いていたそうです。

元教諭はパチンコについて詳しい事は分からないとの事なので当時のパチンコ事情に詳しい方、不良少年に詳しい方に質問です。


当時の不良少年はパチンコ台の出玉放出口に細工した棒を突っ込んで一体何をやってフィーバーをかけていたんですか?

当時のパチンコ台はどんな仕組みだったのでしょうか?

今じゃこんな事は絶対に有り得ないし通用する訳がないとは思いますが教えられる範囲で構いませんので説明お願いします。

投稿日時 - 2014-04-28 00:04:38

QNo.8571654

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

1980年代の半ば頃には既にフィーバー台はありましたけど、質問内容の件は「セルゴト(セルロイド板を用いた不正)」と言われる古典的なゴト行為です。

セルゴトは、入賞してないのにセルロイド板を台の裏側に忍ばせることで入賞を誤認識させる手法でフィーバー台の大当たりや羽根物台の大当たりに関係なく払い出し口に出玉を落とす古くからある不正行為です。

また、電子ライターの火花によるパルスノイズ信号で羽根物台の入賞チャッカーセンサー(近接センサー)を誤認識させて羽根を開かせて入賞させる電子ライターゴトも1980年代当時は流行りましたが、センサーを機械式のマイクロスイッチに換えることで対策されましたけど、不良高校生のゴト行為摘発は聞いたことがないです。

なお、私の知る限りでは、当時はパチスロのモーニングサービスが大抵の店で当たり前のように行ってたことで、朝一で既にボーナスフラグが立ってる(店側が意図的に仕込んでる)台を蟹歩き(立ち姿で次から次に横の台に移動する様子)してモーニング台を取る不良高校生の姿が目立ちました。

何せ、モーニング台を仕込むのは店側の不正ですから、朝一の千円で少なくとも五千円以上になるモーニング台狙いは高校生にとっては短時間の美味しい稼ぎでしょうから学校に行かずに朝一で並んでモーニング台狙いの高校生は確かに見掛けましたが、露骨な蟹歩きをすることや高校生らしい年齢であることで店側から直ぐに出入り禁止にされてました。

ちなみに、私の幼馴染みの友人が1980年代当時は地元パチンコ店の店長をしてましたが、不正行為を行った客をパチンコ店事務所に連れて行き事情を聞いたり、場合によっては警察に引き渡すことはあっても暴行を加えることは絶対にあり得ないです。

もし、不正行為を行った客であっても暴行を加えると「店側が暴行容疑で警察から取り調べを受ける立場になってしまう」からで、このような内部事情に詳しくない者が半殺しにさせるなど、勝手に想像してるだけと思います。

投稿日時 - 2014-04-28 06:52:52

お礼

教えていただきありがとうございます。元教諭も恐持てで冗談っぽい話を威勢を持って話す人だったので今回のパチンコの話も半ば大袈裟混じりに言ったのかもしれませんな(笑)
店員が如何なる客に対しても暴行を加える事は当時でも有り得ない話だったんですね(笑)
今回の出玉抜きは「セルゴト」と言う古いゴトの事だったのですか。
小道具を使って無理矢理強引に出玉を抜いていた訳ですな…

当時でもパチスロのモーニングと言う概念があったんですな。
結局あれはやっぱし店側が仕組んだ不正サービスだったんですね。今でもモーニングっぽいボーナスがありますが…あれはたまたま偶然早くフラグが成立したにすぎないんでしょうね…たぶん。

投稿日時 - 2014-04-28 07:52:53

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

>当時の不良少年はパチンコ台の出玉放出口に細工した棒を突っ込んで一体何をやってフィーバーをかけていたんですか?

70年代に777と並ぶパチンコはありませんから、その先生のウソか勘違いです。

玉が出る口から棒状の物を突っ込んで、玉を大量に出す技はありました
詳しく説明しないけど(^_^;

今でも・・・・・・・・・・・・・・・・・説明はしません、悪用されますから

投稿日時 - 2014-04-28 05:34:16

補足

70年代ではなく1980年代半ばの話です


中学校教諭をやっていた「70代」のお爺さんが言った話です

投稿日時 - 2014-04-28 06:41:11

お礼

教えていただきありがとうございます。
どうやら777のフィーバーではなくパチンコ台に不良少年は何やら道具を使って不正に出玉を抜いたいたのは事実だったのですね。

投稿日時 - 2014-04-28 07:35:59

ANo.1

>当時の不良少年はパチンコ台の出玉放出口に細工した棒を突っ込んで一体何をやってフィーバーをかけていたんですか?

70年代にはまだ、フィーバー機といわれるパチンコ台は登場していません。

当時のパチンコ台は台の各所に「チューリップ」と言われる入賞口があり、玉が1個入ると入賞口が大きく開き・・・再度1個入ると閉じる機械的な仕組みでした。

出玉放出口から細工した棒(薄いプラスチックなどの板など)を突っ込んでチューリップが開きっぱなしになるように細工する方法です(玉が入っても閉じない)。
強制的にフィーバー状態にするのです。

投稿日時 - 2014-04-28 03:47:40

補足

70年代ではなく1980年代半ばの話です


中学校教諭をやっていた「70代」のお爺さんが言った話です

投稿日時 - 2014-04-28 06:41:30

お礼

教えていただきありがとうございます。
意図的に777にするフィーバーではなく道具を使って細工してチューリップを開きっぱなしにして不正に出玉を盗んでいたんですね。かなり悪質で強引なやり方ですなぁ。

投稿日時 - 2014-04-28 07:38:40

あなたにオススメの質問