こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

寂しい、切ない時に聴きたいJAZZ・インスト

初めまして。JAZZ・インストは素人以下なのですがよろしくお願いします。

時々、FMやショップのBGM(特に馴染みのお店はインストメインでオーナーの好み?らしいフュージョン?・JAZZ?系統を流す店。但し曲名は一切明かさない)で、ドキッとするような曲があります。

私のイメージからすると、どこか哀愁、儚さ、切なさ、寂しげ、慕情、泣きたい・・・そんな気持ちになった時だと向いているのかな?と思う感覚がありました。とはいっても・・・曲名もわからないし、何だろう・・・?

そこで、皆さまの感覚にて、前記のような時(重ならなくて良いです)に聴きたくなるJAZZ(ボーカルは無し)・インストがございましたら、ご紹介をお願いします。(私の聴いた曲が何か?は無視されて結構です。どうせオーナーに聴いてもニコニコノーコメントですから・・・。新規開拓ぐらいの心です)
当方、ジャズ・インストは好みの洋楽以上に無知なのでずぶのド素人と思って(恥)

お返事は近日からいろいろあって遅れてしまい誠に恐縮でございますが、ご了承下さいませ。また状況によって回数を重ねて試聴もします(いつも殆ど一発で判断できない orz)。

素人の浅はかな質問でございますが、ご教示の程よろしくお願い申し上げます m(__)m

投稿日時 - 2014-04-25 18:09:28

QNo.8568512

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(10)

ANo.10

最後にもう一丁いっときます。

Chris Botti - Emmanuel/(人気のトランペット奏者です)
http://www.youtube.com/watch?v=kOlvLRZ67lA&feature=related
ジャズでは無いですが何と美しい曲なんでしょう。映像も素晴らしく、まさにアートな世界ですね。

Ron Komie - Tears/Quest Of Dreams (伸びやかなギターの音色が素晴らしいです)
http://www.youtube.com/watch?v=nFNf1uiLMQQ

Max Bennett & The Maxx Band - Solitude/People and Places (渋いサックスです)
http://www.youtube.com/watch?v=ZQmFs_SxIUI

Robert Lakatos Trio - Never Let Me Go/Never Let Me Go (ブルガリのピアニストだそうです)
https://www.youtube.com/watch?v=1mqAWSkOPXA

Warren Hill - You are the One/Shelter (こちらも人気のサックス奏者)
http://www.youtube.com/watch?v=TlX0B2bL6OI

Roadmusic featuring Mark Portmann - Indigo Sunsets/Driving Beverly Hills(ピアノの旋律が美しいです)
https://www.youtube.com/watch?v=9bYHtLLd4Fs

Ricky Peterson - Song For Lou/Souvenir (サックスはDavid Sanborn)
https://www.youtube.com/watch?v=nb8sEsj1ER8

いつまでも素晴らしい音楽と出会えることを楽しみにしたいですね。。。

投稿日時 - 2014-05-19 23:56:02

お礼

yokkoloveさん。遅くなりまして大変すみません。時間が過ぎてました。申し訳ありません m(__)m

>Chris Botti - Emmanuel

気分は一足先に秋の終わり・・・抒情的な曲です。トランペットもですが、弦楽器の調べが更に引き込まれます。PVですが、プロの?ですよね・・・あまりに素敵過ぎで何度見ても良かったです。

>Ron Komie - Tears/Quest Of Dreams

ご紹介の印象で切なくも伸びるギター・・・でもどこかサラッと重くなく聴きやすいです。アーチストから、ロックバンド・エイジアにも参加・・・意外・驚きでした。

>Max Bennett & The Maxx Band - Solitude/People and Places

NO.5でご紹介の方ですネ。こちらの曲も雰囲気があって良いです。渋くて太い音色?でも優しい曲調もあって印象的なアーチストでもあります。

>Robert Lakatos Trio - Never Let Me Go/Never Let Me Go

非常に寂寥感の雰囲気あるピアノの旋律、ベースの響きです。この感じが好きですネ。終始聴きってしまう曲でした。

>Warren Hill - You are the One/Shelter

一転クロスオーバー的な曲。切なく響きわたるサックスです。こちらも曲のみならずPVが非常に美しい。よくここまで・・・曲のイメージにぴったりで素晴らしい映像・芸術センスです。

>Roadmusic featuring Mark Portmann - Indigo Sunsets/Driving Beverly Hills

寂しく切なく、スケール感もあり、ピアノの素晴らしさもですがバックの演奏も素敵です。アルバムもさっとですが試聴しましたが、全体の印象はライトだったりオシャレでテンポが良かったです。

>Ricky Peterson - Song For Lou/Souvenir

最初のゆったりとしんみりした切なげな印象から、サンボーンが途中で入ると一気に深まります。今宵眠れず通しで全体を聴きながら最後の〆にふさわしい・・・。

沢山の素晴らしい曲をご紹介くださり有難うございます。大変勉強になるとともに新たな方向性が見てて来ました。私のレベルが低く、一見似たような?印象もあったのですが、時間を置き聴き直したりするとかなり変わるものです。それと映像の凝り方が正直びっくりでした。PCでは勿体なくTVにつなげても視聴していました。

大変丁寧で素敵な曲のご紹介、誠にありがとうございました。

♪-----------♯-----------♭-----------♪

(申しわけございませんがこの場を借りて失礼します)

ご回答頂きました皆様へ。

今回、沢山の名曲・素敵な曲をご紹介いただき誠に有難うございました。ここ暫く一通り数回は視聴して相違や好み等も模索したのですが、正直アタマがパンク状態の時もあって、本来より大変遅れたお礼・お話で御無礼誠に申し訳ありませんでした。
曲の印象については当方の思い込み程度なので相違ございましたら申し訳ございません。

最後になりますが、心よりお礼申し上げます。こうなかなか周囲でも知りえない内容ばかりなので、今後の音楽の楽しみにしていきます。

大変お世話になりました。有難うございました m(__)m

投稿日時 - 2014-07-18 04:08:16

ANo.9

Jacques Loussier Trio - Two Part Invention No. 2 in Cminor, BWV773-Allegro
https://docs.google.com/file/d/0B1K8c0viRd01c1k2dnlwb3V5M0k/edit

MJQ - Django
https://docs.google.com/file/d/0B1K8c0viRd01aENLcVNHN2cwWlk/edit

Chet Baker - Autumn Leaves
http://www.youtube.com/watch?v=O923RxX4Hpc

Pat Metheny Group - This Is Not America
https://www.youtube.com/watch?v=KTzT2KzoJCg

Wes Montgomery - Fly Me To The Moon
https://www.youtube.com/watch?v=T7aUCE4ehwA

Ron Carter - Shadow Of Your Smile
https://www.youtube.com/watch?v=temff_JYTT0

Chuck Mangione - Give it all you got
https://docs.google.com/file/d/0B1K8c0viRd01dkNuOXNlNnk4azQ/edit

Keith Jarrett - The Köln Concert(Part I)
http://www.youtube.com/watch?v=TzJlbD9cSzk

Chet Baker - Lament
https://www.youtube.com/watch?v=8LAAi_BanJo

投稿日時 - 2014-05-18 07:24:04

お礼

mandodiao909さん。遅くなりまして大変すみません。時間が過ぎてました。申し訳ありません m(__)m

>Jacques Loussier Trio - Two Part Invention No. 2 in Cminor, BWV773-Allegro

クラシック・JAZZのピアニストです。ウィキを見ましたらブランデンブルグ協奏曲や水上の音楽、サティ等多々演奏されています。イントロの雰囲気が寂しげでスタートして徐々にピッチが上がっていく、原曲も聴きましたが、JAZZとの印象の違いには驚きでした。

>MJQ - Django

こちらも古典的なJAZZで穏やかながらピアノとベースの雰囲気が切なげで、夜に静かに何度も聴きました。とてもカッコイイ曲です(表現下手ですみません)。

>Chet Baker - Autumn Leaves

曲はナット・キング・コールで知っていましたがこちらも素敵ですネ。テンポは速めなのですが、トランペット、ヴィブラフォンの雰囲気が寂しげでしっとりと聴きました。

>Pat Metheny Group - This Is Not America

こちらもテンポが良いのですが寂寥感とメロディが美しい曲です。しっとりスロー系?の曲が多い一方でとても印象的です。クルマを走らせながら聴いてみたのですが、とても夕方の時間にマッチして良かったです。

>Wes Montgomery - Fly Me To The Moon

JAZZのすたんだーのナンバーでウェス・モンゴメリー演奏。多くの歌手が歌っていますが、この雰囲気は初めてでした。切ない恋する女性の想い・・・久しぶりに聴くことが出来ました。

>Ron Carter - Shadow Of Your Smile

映画『いそしぎ』のテーマソング。バーブラ・ストライサンドで耳覚えがありました。最後は其々別れ孤独になる寂しい最後でした。曲としてもベースの深い響きと音色がまた印象的です。

>Chuck Mangione - Give it all you got

こちらも勿論初めてなのですが、テンポが良くトランペットの伸びのある響きが美しいです。切なくも爽快感?でしょうか。始めての印象でした。PVを見ると街の雑踏の中の黄昏時の憂鬱でしょうか。素敵です。

>Keith Jarrett - The Köln Concert(Part I)

このアルバムは最近ですが購入して聴いてました(といってもキースのアルバムはこれが初めて買った)。アルバムとしては様々な展開がありますが、Part Iは本質問のイメージの一つでご紹介に驚きました。何も言えない・・・。

>Chet Baker - Lament

抒情的な曲です。Chuck Mangioneから一転して、じっくりずっしりと聴きました。前出のビル・エバンスのような、切ない、寂しいの域を超えていると思います。他に『Ellen David 』『Estate』も聴きましたがこちらも大変良かったです。素敵な曲です。

最初は速いテンポで切なさ・寂しさ・・・そしてラストの2曲でしんみりとくる寂寥・抒情感あふれる曲でとても参考になりました。

有難うございました m(__)m

投稿日時 - 2014-07-18 03:13:37

ANo.8

No.5です。また来てしまいました。

Chuck Loeb - Shape Of My Heart/Simple Things(名曲のカバーです。ジャケ違いだと思います)
https://www.youtube.com/watch?v=rXXJJnQMtaI

Mark Portmann - For Your Love/Westside(ピアニストです。このアルバム他にもいい曲あります)
https://www.youtube.com/watch?v=dNQOoegpGLg

Acoustic Alchemy - Love At A Distance/AArt(ギターデュオです)
https://www.youtube.com/watch?v=EzQNQePtYQU

Acoustic Alchemy - Ballad For Kay/Natural Elements
https://www.youtube.com/watch?v=X3J7rJ3unE0

Nappo Berna - Buenos Aires/Love & Sax
https://www.youtube.com/watch?v=ThezIkZv6kk

それでは。。。。。

投稿日時 - 2014-05-15 00:14:15

お礼

yokkoloveさん。遅くなりまして大変すみません。時間が過ぎてました。申し訳ありません m(__)m

でも、多曲含め繰り返し聴いていました。どの曲も印象的です。

>Chuck Loeb - Shape Of My Heart

Stingですネ!大好きなアーチスト・曲です。何度聴いた事か・・・原曲もJAZZ色が強い寂寥の曲ですが、こちらもまた素晴らしいです。秀悦なカバー曲です。インストでまたこんなに素敵な曲・・・感動でした。

>Mark Portmann - For Your Love/Westside

最初はサックス主体?ですがキーボードが背後で漂って時々響く所が良いです。曲調も切なくちょっと疲れたような雰囲気を感じました。アルバムも試聴しましたが、全般的にも素敵な曲ばかりです。落ち着いた感じの『So Far From You』『Where You Belong』も好みにピッタリでした。

>Acoustic Alchemy - Love At A Distance/AArt

イントロですでに切ないギターの音色ですが、急に曲調が変わりドラマチックになる展開に最初驚きました。リズミカルでしっかりした曲調ですが、常にギターが美しく奏でる素敵な曲です。落ち着きの侘しさから一転の曲で印象的でした。

>Acoustic Alchemy - Ballad For Kay/Natural Elements

前曲とは全く違う。このデュオは大変好きです。優しく切なく、でも線の太さを感じます。ギターだけなのですが・・・。この曲調・響きは大変素敵です。何度も聴いても魅かれました。

>Nappo Berna - Buenos Aires/Love & Sax

こちらはちょっと切ない?癒しもある?優しい印象。サックス奏者だけでも多数なのですが音色に優しさを感じました。Sweet Surrender等も聴いてみたのですが、どの曲もパワー感より穏やかでホッとできる曲と思います。

ここまでの中で、琴線の曲が何曲もあったのですが、ギターデュオの美しさがまた強い印象でした。聴くほど深く興味深いです。そして頭と耳が飽和状態(幸)。感謝です m(__)m

投稿日時 - 2014-07-17 23:08:23

ANo.7

No.5です 又々お邪魔します。
お礼は気にしなくて結構ですから、ゆっくり聴いて下さいね。

David Benoit - Waiting For Love/Letter To Evan
https://www.youtube.com/watch?v=PtVTLOCLIUY

David Benoit - Sarah's Theme/Shaken, Not Stirred
https://www.youtube.com/watch?v=-ksZMGVVURw

Bob James - Shepherd's Song/The Essential Collection
https://www.youtube.com/watch?v=7MskR_CCjjE

Gregg Karukas - Remember When/Heatwave (featuring Dave Koz)
https://www.youtube.com/watch?v=qDBnE4NvwAo

Rick Braun - Emma's Song/Kisses In The Rain
https://www.youtube.com/watch?v=HqkZFdpUsns

Tom Scott & The L.A. Express - Lonely One/Smokin' Section
https://www.youtube.com/watch?v=SA1npEm8GGw

Joe Hisaishi - Rosso Adriatico/Best Selection(説明不要ですね)
https://www.youtube.com/watch?v=eFCGl4g7FVI

Joe Hisaishi - Ballade/ENCORE(4分20秒1くらいで終わりだと思います)
https://www.youtube.com/watch?v=1HAPTuIdV8M


Tom Scott & The L.A. Express - Lonely One/Smokin' Section
https://www.youtube.com/watch?v=SA1npEm8GGw

Keiko Matsui - Forever, Forever/The Piano(切なさはあまり無いかもしれませんが、メロディアスでとても好きな曲です)
https://www.youtube.com/watch?v=k4K9bsKK3ss

Koinonia - You Are My Love/Koinonia(あちらではかなり有名なフュージョンバンド)
https://www.youtube.com/watch?v=XjIiZ1JRzxg
 
Nelson Rangell - Sonora/Destiny(アール・クルーのギターもいいですね。この曲、口笛バージョンもなかなかいいです)
https://www.youtube.com/watch?v=tiafxGbNnLg

Tom Scott & The L.A. Express - If I Could Cry/Smokin' Section
https://www.youtube.com/watch?v=Aqz7VXtucmY

Chris Geith - Only The Heart Knows/Island Of A Thousand Dreams
https://www.youtube.com/watch?v=0G17BQK7o_w

Clockwork - Nostalgia/S.T
https://www.youtube.com/watch?v=YilewiTy8ho

Dave Koz - Remembrance/Off the Beaten Path
https://www.youtube.com/watch?v=CTPPe3FOFZk

Russell Malone - Heart Strings/S.T
https://www.youtube.com/watch?v=pT9SseMbMro

きりがないので、この辺にしておきます。私の琴線に触れる曲ばかりでした。
少しでもお気に入りの曲があれば幸いです。。。

投稿日時 - 2014-05-08 23:18:41

お礼

yokkoloveさん。遅くなりまして誠にすみません。振り返り聴くうち時間が過ぎてました。申し訳ありません m(__)m

ではでは・・・

>David Benoit - Waiting For Love

アルバム『Letter To Evan(エヴァンスに捧ぐ)』
yokkoloveさん前回ご紹介のアーチストですが、雰囲気また違いますネ。ノーマルな?JAZZの雰囲気ですが、馴染み易さがあります。寂寥感と耽美な感じでした。アルバムもさっと聴きましたがどれも良かった。あ~これは好き~(笑)

>David Benoit - Sarah's Theme

アルバム『Shaken, Not Stirred』
こちらはサックスの音が落ち着きと危うさに感じました。アルバム名の『Shaken, Not Stirred』は007の名セリフの一つでしたネ。アルバム的には華やかさや雄大さ・軽さやボーカルなど多彩でした。と最後アルバム評価を良く見たら007イメージのアルバム・・・orz(苦笑)カッコイイ曲のアルバムです。

>Bob James - Shepherd's Song

アルバム『The Essential Collection』
前回答者さまのご紹介ともまた違うしっとり寂しげな印象です。そしてこの映像が・・・!本題逸れますがセンスが素晴らしい。アルバムは名曲のベストですネ。そう知らないですが”Marco Polo””Kari ”程度です(汗)

>Gregg Karukas - Remember When

アルバム『Heatwave (featuring Dave Koz)』
前のご紹介でも挙がったDave Kozとの曲ですネ。曲としては物憂げで切なさとも取れますし耽美な印象でした。サックスも好印象・・・演奏者でもいろいろ差があり、アルバムとしても興味深いです。

>Rick Braun - Emma's Song

アルバム『Kisses In The Rain』
とても柔らかいトランペット響きです。私がパッと浮かぶトランぺッター・・・ルイ・アームストロング、マイルス・デイヴィス、ニニ・ロッソ・・・後他にもあったかな・・・その中でもこの雰囲気はとても好きですネ。雨の日の愁いを感じます。アルバムとしても粋な一方でしっとりともやで霞んでる雰囲気?と思いました。

>Tom Scott & The L.A. Express - Lonely One/Smokin' Section

この雰囲気、どこか馴染みます。前回の経緯もあってTom Scottを好んだ指向かもしれません。おしゃれですが、深みのある曲が多いと思います(華やかもしっとりも哀愁も)

>Joe Hisaishi - Rosso Adriatico/Best Selection

この曲は良いですネ~ハーモニカとのアンサンブルも美しくサックスも切なく美しく響きます。沈み過ぎないけど切なくテンポのある曲です。殆ど聴かないアーチストですが、今後の課題です。

>Joe Hisaishi - Ballade/ENCORE

ビル・エバンス他のピアノ曲に比べ聴き馴染みの良さを感じますが、旋律のあちこちに寂しさを感じます。秋の終わりの京都などイメージしました。前曲とも全く違う雰囲気で、イメージはこちらが好みでしょうか。

>Keiko Matsui - Forever, Forever/The Piano

初めてのアーチストです。スムースJAZZの女性アーチストとしても有名な方でした。仰る通りで、曲の雰囲気はメロディアスで小気味よさがあるのですが、ちょっと見方を変えると慌しい日常でふと何か切なさ、寂しさを感じる時にも良いかと。重すぎない曲調だけどピアノの響きは深い・・・の印象でした。

>Koinonia - You Are My Love/Koinonia

初めての曲・アーチストですが、どこか昔聴いたフィーリング(デヴィット・フォスター)も少し感じたり(相違でしたらすみません)。中半からの部分は前半との相違もあり印象的でした。

>Nelson Rangell - Sonora/Destiny

曲の前に、美しいPVですネ。驚きました。曲のマッチングとぴったりです。サックス奏者の方。響きのよさもですが、中盤のギターの入る部分もまた良い、そしてサックスに戻りメロディーラインになるのがとても綺麗でした。哀愁・切なさは勿論ですが、美化され過ぎてしまう?くらいの曲でした。

>Tom Scott & The L.A. Express - If I Could Cry/Smokin' Section

こちらはまたしんみりと余韻の深い切なげな曲です。ポップな曲で聴き始めの私にはこうした裏側の曲がまた魅力的です。JAZZ色が強めで特に好きな傾向です。

>Chris Geith - Only The Heart Knows

ピアノ(キーボード)アーチストですネ。曲としては躍動感があるのですが、ピアノのゆったり響き聴かせる感じが良くメロディも大変美しいです。このスタイルで抒情的にも感じる素敵な曲です。

>Clockwork - Nostalgia/S.T

サックスもですが、ギターの泣きがまた良いです。掛け合いの部分はとても雰囲気が出ています。サンタナのような?イメージも合ったりで、哀愁とドラマチックも感じました。

>Dave Koz - Remembrance/Off the Beaten Path

前回のI Believeよりグッと落ち着き密やかな雰囲気です。こちらも良いですネ。ピアノの旋律がまた美しく、サックスが抒情感あふれています。でも重すぎない所が救いで良いかとも感じます。サックス奏者も多々挙がっていますが、よく聴くほど?フィーリングが違って面白い、そして難しいです(頭と耳が飽和状態(苦笑))。

>Russell Malone - Heart Strings/S.T

曲全体もですが、ギターの主張が穏やかですがとても太い芯を感じます。バックの弦楽器の合わせも良い、JAZZ色が強い、じっくり聴き込む曲です。ギターの旋律が軽快な部分とグッと染み入る部分・・・素敵な曲です。

前回に引き続き深い曲ばかりを挙げて頂きました。正直数回、間を開けたりして聴いて印象の変化も考えていました。でも、未だ未だで更に飽和状態です。お返事お礼が遅くなりすみませんでした。m(__)m

投稿日時 - 2014-07-17 23:05:17

ANo.6

No.5です 追加しておきます。

Bob Thompson - Sometimes I Feel Like a Motherless Child
https://www.youtube.com/watch?v=a3dMoMCbI2w

Bobby Lyle - How Do You Keep The Music Playing
https://www.youtube.com/watch?v=8udD8h6jtkc

このあたりはラウンジミュージックとも呼ばれることもありますが、
私はあまりジャンルに拘らないというか、心地よく耳から入ってくればどんな曲でも聴きます。

Brian Culbertson - Our Love/Come On Up (オリジナルで少ししっとりめ)
https://www.youtube.com/watch?v=NjRK0qRie7E

Fourplay - Blues Force/yes, please (Larry Carltonのギターが渋いです!)
https://www.youtube.com/watch?v=cWQAsBCrtic

GONTITI - Right Side Of Sorrow/Strings with Gontiti (日本が誇るギターデュオですね)
https://www.youtube.com/watch?v=PxQKD5mr99Y

Jeff Golub - My Everything/Out of the Blue
https://www.youtube.com/watch?v=5CPgELlqVgQ

Kilauea - Forever yours/Midnight On The Boulevard( もちろんハワイのフュージョンバンドですね)
https://www.youtube.com/watch?v=njCUb707OBY

Kilauea - No Getting Over You/Diamond Collection
https://www.youtube.com/watch?v=b6DBfQQCt9c

Kirk Whalum - My All/For You (マライアの曲を美しくカバーしてます)
https://www.youtube.com/watch?v=vI6WBkIMtzk

これだけご紹介出来るのもアップしていただいた方のお陰ですが、
それにしても素人さん?と疑うくらいビデオが素晴らしいのには驚きですね!

投稿日時 - 2014-05-05 10:57:23

お礼

yokkoloveさん。 前ご回答の2件をこちらで含めながら今回のご紹介へとなります m(__)m

御回答No.5
>Richard Tee - My Funny Valentine
https://www.youtube.com/watch?v=UOEIQKczRPY (原曲)

アルバム『Real Time』
最初?もしかして・・・でCHET BAKERやElla Fitzgerald で耳覚えがありました。あ~(驚)でもこちらもオリジナルから全く雰囲気が変わりますネ。でも原曲は寂寥で沈んでしまいますので少しは救われるかな?です。アルバムはインストとボーカルがありどちらも良いですが『Gone To Soon』が好きだったりします。

>堀井勝美プロジェクト - Alone At Last, In The Misty Rain

アルバム『Lovers』
初です。センチメンタルな曲調です。フュージョンでもとてもしっとりとセンスを感じます。他に『Hot Corner』『Skyscraper』等ポップな雰囲気も楽しみました。ジャケットが鈴木英人・・・当時若造の私にはとても背伸びした大人の世界を感じました。

♪-----------♪-----------♪-----------♪-----------♪  

御回答NO.6

>Bob Thompson - Sometimes I Feel Like a Motherless Child

アルバム『Ev'ry Time I Feel The Spirit』
初です。ごめんなさい。私が試聴の際既に削除になってしsまい、同等のライブからの印象になります。オーケストラとピアノの組み合わせですが壮大かつ抒情的な印象でした。耳馴染みが良いですネ。

>Bobby Lyle - How Do You Keep The Music Playing

アルバム『Joyful』
初です。エレガントで量感のあるピアノです。ドラマチックな旋律でとても印象深かったです。

>Brian Culbertson - Our Love

アルバム『Come On Up』
前ご紹介の雰囲気とは異なり切なげなイントロ途中盛り上がり最後静かに終焉する・・・孤独に浸るような美しい曲です。前のverがよりフュージョン的ですが、私はこちらの方が好みです。

>Fourplay - Blues Force

アルバム『...Yes, Please!』
初です。渋くカッコイイ印象です。フュージョンとはいっても?ブルースの要素もあり?ギターの泣きがまた良いですネ。Larry Carltonをここでまた再会です(笑)アルバム試聴も好みが多く特にこちらも・・・
Go With Your Heart
https://www.youtube.com/watch?v=KirOf1SAb1M
Little Bit Of Foreplay
https://www.youtube.com/watch?v=J-A78m8f6_g

>GONTITI - Right Side Of Sorrow

アルバム『Strings with Gontiti』
名前は勿論知っていましたが、しっかり聞くのは初めてです(汗)ソフトで押しは過度に強くなく常に印象に残る曲調で、ギターの音色に侘しさを感じ美しいです。当時?(私が知ったのは80年代末?)確かイージーリスニングの様な位置付けだったと思います。軽妙でホッとできる曲?が記憶にありました。


>Jeff Golub - My Everything

アルバム『Out of the Blue』
初です。ブルース・ソウルの雰囲気を強く感じる泣き寂びのギターです。最初は?でしたが徐々にフュージョンかな?と思います。アルバムもどこかこれまで紹介のアーチストと相違(テイスト)が違うのかなと思ってます。

>Kilauea - Forever yours

アルバム『Midnight On The Boulevard』
初です。ハワイ系?のアーチストなのですネ。優しい爽やかな印象でした。サビのフレーズもシンプルで心地よいです。ピアノ美しい。全般に聴きやすく馴染みやすいです。こちらも好きでした。
Never look back
https://www.youtube.com/watch?v=Q4FlE4l48Mo

>Kilauea - No Getting Over You

アルバム『Diamond Collection』
全曲ともまた違う曲調ですが爽やかさ、また抜けの良さ?を感じました。土地がなせるテイストなのでしょうか・・・。ハワイアン?馴染みが無いのですが新たな境地です(Daniel Ho含め)

>Kirk Whalum - My All
https://www.youtube.com/watch?v=mIhI23gBBPQ(原曲)

アルバム『Kirk Whalum - My All/For You』
初ですが、曲マライア・・・本当に哀愁漂う美しいサックスです。マライアの曲でもトップランクで好きです。アルバムは上質のカバーで最高!他にもホイットニーやスティヴィー・・・でも私はこちらも気に入りました。
Same Ole Love
https://www.youtube.com/watch?v=peBO5HbZoIY
Anita Baker原曲
http://www.youtube.com/watch?v=e1aSkJ7HNxA

>素人さん?と疑うくらいビデオが素晴らしいのには驚きですね!

私もUPを視聴するたびにどうやってここまで作るのだろう?と驚嘆しています。機材揃えれば・・・出は無いですから。曲に沿ったストーリーやイメージを表現するのは解釈含めとても難しく思います。でも・・・ご紹介のジャンルのためか?PV並みのUPが多いのは気のせいか・皆さんの拘りなのでしょうネ。

フュージョン・スムースJAZZ・ラウンジミュージック・・・様々なJAZZの区分けがありますが、仰るように少しリラックスしつつ聴けることも良いですネ。全く知見が無い分野なので大変参考になります。

投稿日時 - 2014-05-19 23:25:15

ANo.5

がっつりjazzはどうしても苦手ですので(リラックスして聴きたいのにどうしても身構えてしまう)、フュージョン、
スムースジャズ系でよろしいでしょうか。

Larry Carlton - Carrying You"/Alone/But Never Alone
https://www.youtube.com/watch?v=CZabFIOdvA8

Larry Carlton - (It Was) Only Yesterday"/Larry Carlton
https://www.youtube.com/watch?v=7GFZYgIkJ7Q

これは御存じでしょう。あまり切なさは無いですが "Sleepwalk"
https://www.youtube.com/watch?v=o8AyxeECmGM

Peter White - My Prayer/Perfect Moment
https://www.youtube.com/watch?v=A_LImqMriMs

Peter White - Requiem For A Princess/Here We Go
https://www.youtube.com/watch?v=xS9lHLXoJO0

Peter White - Perfect Moment
https://www.youtube.com/watch?v=GnVIyRJVHww

Dave Koz - I Believe/Saxophonic (泣きのサックス)
https://www.youtube.com/watch?v=JMGuSxQNYcQ

Chris Geith - So Many Nights/Timeless World (美しい旋律です)
https://www.youtube.com/watch?v=W1Wbnj1PqVo

David Sanborn - First Song/Another Hand (悲しくなってきます。。。)
https://www.youtube.com/watch?v=0Q5NKkCKhR0

Mike Mainieri - I'm Sorry/Love Play (ヴィブラフォン奏者です。これも名盤の誉れ高いです)
https://www.youtube.com/watch?v=o59FrRkx5iw (サックスはMichael Brecker)
デヴィッド・サンボーンが参加したあの"Sara Smile"も素晴らしい!

Dave Grusin - First Time Love/Migration
https://www.youtube.com/watch?v=CQuv3F5sUL(かわいらしい曲ですね。。)

Max Bennett & The Maxx Band - Let's Say Goodbye/Great Expectations
https://www.youtube.com/watch?v=cM6ChnrViAs
このアルバムで私が好きな"Warren Wiebe"が歌う曲がこれまた最高です!

Tom Scott - You Mean Everything (to me) (この曲でフュージョンに目覚めました!)
https://www.youtube.com/watch?v=l-VMllciqnc

Tom Scott - Taxi Driver/'Taxi Driver' Original SoundTrack(衝撃的な映画でしたね。。)
https://www.youtube.com/watch?v=-as1A4DK_3A

Tom Coster - I Give My Heart To You/Ivory Expedition (哀愁のヨーロッパの作者!後半はちょっと激しいです;;)
https://www.youtube.com/watch?v=dgXp6AjfUPU

David Benoit - Dad's Room/Professional Dreamer(好きなピアニストです。。)
https://www.youtube.com/watch?v=I4M7vtNR1uw

Michael Paulo - My Heart And Soul/My Heart And Soul (泣きのサックス)
https://www.youtube.com/watch?v=RWMzH_DjcLk

Joe Sample - Melodies Of Love/Rainbow Seeker(名曲中の名曲ですね!)
https://www.youtube.com/watch?v=peON5K7kOBE

Lee Ritenour - Dream Walk/This Is Love
https://www.youtube.com/watch?v=jzFwaFDqYdg

Stuff - And Here You Are (うっとりします...リチャード・ティー)
https://www.youtube.com/watch?v=aAxDiKSNpng

Bill Sharpe - Peace/Famous People(シャカタクのピアニストですね)
https://www.youtube.com/watch?v=ATf-LGKSUrk

Brian Culbertson - Our Love/Live From The Inside(サックスはMichael Lington)
https://www.youtube.com/watch?v=cMeNDR8XRiE

Mezzoforte - Crystal Rain/No Limits(このバンド好きです)
https://www.youtube.com/watch?v=okeYxD2Hsv8

Michael Lington - A Song for You/A Song for You(あの名曲のカバー)
https://www.youtube.com/watch?v=dnhmifqUrBw

Richard Tee - My Funny Valentine/Real Time
https://www.youtube.com/watch?v=gNKKwyJmp-k

堀井勝美プロジェクト - Alone At Last, In The Misty Rain/Lovers
https://www.youtube.com/watch?v=e4zrUrIMO4k

一応、切なさや哀愁漂うような雰囲気の曲を並べてみました。。。
お気に召していただけたら幸いです...

投稿日時 - 2014-05-04 01:15:22

補足

お礼が遅れてしまい申し訳ありません。m(__)m
ノロノロですが1曲ずつ自分なりに聴き入っています。どうぞご了解くださいませ。m(__)m

投稿日時 - 2014-05-08 02:24:10

お礼

yokkoloveさん。 ご回答いただき有難うございます。

お礼お返事が大変遅くなりまして誠に申し訳ありませんでした。m(__)m

>Larry Carlton - Carrying You"/Alone/But Never Alone

アルバム『Alone But Never Alone 』
とてもしっとりした曲で素敵でした。アコギの響きのある旋律。深夜の哀愁の雰囲気でした。アルバムはテンポよい曲からナローな感じまでで、こちらも印象的でした。
Perfect peace
https://www.youtube.com/watch?v=2KF6pnuu204

>Larry Carlton - (It Was) Only Yesterday

アルバム『Larry Carlton(夜の彷徨)』
スタートの静けさからエレキの哀愁を感じます。アルバムはバラエティがあって(ボーカルも良かった)”夜”に似合うテイストですが、この曲が締めの役割でしょうか。
脱線ですが1曲目『Room 335』は?これスティーリー・ダン(一番好きなアーチスト)のPEGの旋律・・・。彼らとは違うスタイルもまた一興でした。この両者の関係・・・アルバム”幻想の摩天楼”から好きなこちら
Kid Charlemagne』
https://www.youtube.com/watch?v=8NVQBenl_Fs

>Sleepwalk

アルバム『Sleepwalk(夢飛行)』
耳覚えがありました。でもご紹介まで?でした。小気味よいテンポでも切なさが伝わるギターです。アルバム通して夜の少し華やかな感じから哀愁まで飽きないと思います。

>Peter White - My Prayer

アルバム『Perfect Moment』
初です。黄昏の頃の雄大な?印象と切なげなアコギの音色がとても印象的。アルバムとしても全体的に艶やかな印象でした。また、好きで聴いたBASIAもこちらとの関連・・・今更知りました(マット・ビアンコのイメージ(汗))

>Peter White - Requiem For A Princess/Here We Go

アルバム『Here We Go 』
ラテンの情熱を感じます。アコギが本当にきれいです。アルバムも多彩な曲たちなので、聴き込むもイージーに漂うも良く思いました。

>Peter White - Perfect Moment

アルバム『Perfect Moment』
My Prayerも良かったのですが、こちらの方が私的な好みです。メロディ全体が・・・(笑)この曲はハマりました(大汗)

>Dave Koz - I Believe

アルバム『Saxophonic』
初です。情熱的な泣きですが侘しさをスタイリッシュな印象です。アルバム全体もアップテンポや軽快で小気味よく、ラストの『One Last Thing』も好きです。

>Chris Geith - So Many Nights

アルバム『Timeless World』
初です。繊細で非常に美しい曲です。PVもまたマッチして楽しめました。静けさから後半への盛り上がりはとても良いですネ。アルバムも曲調が多彩で部屋だけでなくドライビングにも最適です。

>David Sanborn - First Song

アルバム『Another Hand』
前回答者様に続きご紹介のアーチストです。こちらもまた哀愁と侘しさが深い曲です。アルバムも芯が太く、センチメンタルな曲調が多く好印象でした。

>Mike Mainieri - I'm Sorry

アルバム『Love Play』
初です。イントロのサックスでも哀愁や寂しさを感じますが、ヴィブラフォンのパートが更に感じます。アルバムは民族音楽的?から癒される曲まで様々。

>Mike Mainieri - Sara Smile
https://www.youtube.com/watch?v=GwY9zbDCtHQ

私はこちらがより好きでした。仰る通りで聴かせてくれます!

>Dave Grusin - First Time Love

アルバム『Migration』
初です。聞く度印象が良くなります。可憐な感じですが流麗な旋律がとても好きです。黄昏の頃に似合う曲でしょうか。アルバムでは『In the middle of the night』も好みでした。

>Max Bennett & The Maxx Band - Let's Say Goodbye

アルバム『Great Expectations』
初アーチスト。スタンダードな印象ですが寂びれた雰囲気がまた良かったです。アルバムではご紹介の"Warren Wiebe"の歌う『Why Oh Why』素敵でしたヨ。こちらの方がイメージに合っていたような?(微笑)
https://www.youtube.com/watch?v=hfHBgTTsuIU

>Tom Scott - You Mean Everything (to me) 

アルバム『Keep This Love Alive』
うわ~これ持ってますヨ(^_^)v。大学生の当時タワーレコードで試聴し妙に魅かれ購入。理由は全体とボーカルでしたが・・・『Keep This Love Alive』は特に思い出の曲。聴いたな~S13に乗って・・・。
そうですか・・・素敵な出会いでしたね~。

>Tom Scott - Taxi Driver

映画:Taxi Driver
何度も観てましたが音楽は無知でした(恥)
凄く好きです。そして・・・脱線ですが、高校時代、写真の服”タンカース”に憧れてアルファ社(民間用)を着ていました。今じゃ作業服なんて言われそうですが・・・。

>Tom Coster - I Give My Heart To You

アルバム『Ivory Expeditions』
初です。オープニングからセンチメンタルで、徐々にテンポが上がり最後となるのですネ。スローではないけど侘しさと哀愁を感じます。サンタナバンド・・・それで哀愁のヨーロッパへと繋がる関連性・・・初めて知りました。

>David Benoit - Dad's Room

アルバム『Professional Dreamer』
初です。抒情的で寂びれた非情に美しい曲です。クラッシック的にも感じましたがアルバムとしてはフュージョンですネ。センスが良く綺麗な曲ばかり。

>Michael Paulo - My Heart And Soul

アルバム『My Heart And Soul』
初です。美しく抒情的な寂しいです。サックスと共にピアノも印象的です。アルバムはリズミカルな曲も好印象でした。

>Joe Sample - Melodies Of Love

アルバム『Rainbow Seeker』
聴き始めで”あ~!”でした。思うにいろいろなアレンジがあるように思います。原曲としては初めて(恥)。これは最高ですネ。言葉に出来ない・・・。いい曲です!アルバムもスピード・ビート感ある曲から『Together We'll Find a Way』も素敵でした。

>Lee Ritenour - Dream Walk

アルバム『This Is Love』
名前だけは耳にしてますが曲は初めて。儚く愁いに満ちた穏やかな美しい曲。ジャズ色が強く感じます。アルバムでは『And You Know What I Love You』ボーカルの『DREAM AWAY』等も好きですネ。

>Stuff - And Here You Are

アルバム『More Stuff』
アーチスト名は耳にしてましたが聴くのは初めてかもです。この曲は・・・素晴らしいですネ。愁い漂う侘しさでしょうか。正直驚きです!アルバムも試聴でしたが『As』も好印象です。

>Bill Sharpe - Peace

アルバム『Famous People』
”シャカタク”も私殆ど聴いていないのですが、こちらは印象的なフレーズと共に切なさが響く印象。後半からスケールが広がりドラマチックな点も良いです。シャカタクか・・・今度聞いてみます。

>Brian Culbertson - Our Love

アルバム『Live From The Inside』
都会的で流麗で繊細なピアノにサックスが絶妙に入りスタイリッシュです。アルバムは全曲試聴ではないですが『All About You』もいい感じですネ。

>Mezzoforte - Crystal Rain

アルバム『No Limits』
初です。穏やかでゆったりと流麗な曲です。穏やかでしんみりと響く旋律が好きです。他にちょっと検索するとリズミカルでパンチの利いた『Spring Fever』も良かったです。

>Mezzoforte - Crystal Rain
https://www.youtube.com/watch?v=37dw2r45Xzg  (原曲)

アルバム『A Song for You』
レオン・ラッセル!原曲を聴くとその違いと洗練された・・・印象が変わりますが良い曲でしたヨ。他の名曲カバーも粋で素敵。良く聴いた『She's Always a Woman』や『You've Got a Friend』等々・・・

愚文ですみません。文字数の制限から”Richard Tee””堀井勝美プロジェクト”はNO.5にて。どうぞご了承ください。

投稿日時 - 2014-05-19 23:22:29

ANo.4

すでにjazz系の名曲がいくつもあがっているので、フュージョンからいくつか。
ジャズと比べるといくらかイージーリスニングぽくて軽い感じもしますが、イイ曲もけっこうあります。ただしかなり個人的な好みも入っているのでご勘弁下さいませ。

松岡直也(ピアニストです)
ラストサマーデイ
https://www.youtube.com/watch?v=1L7LueP8C1Y

アールクルー(アコースティックギターです)
ドリームカムトゥルー
https://www.youtube.com/watch?v=YSRFzJOaI1E

デビッドサンボーン(サックス奏者です)
ロータスブロッサム
https://www.youtube.com/watch?v=tJbfnjWJzXY

エリックゲイル(ギタリストです)
ブルーホライズン
https://www.youtube.com/watch?v=pG_rB4ztXPc

増尾好秋(ギタリストです)
LITTLE BIT MORE
https://www.youtube.com/watch?v=j6mlNJ0Uin4

チキンシャック(グループですが主旋律はサックスが多いです)
フラワーズフォーレナ
https://www.youtube.com/watch?v=Q9xjNmpJ0JE

ボブジェームス(キーボード奏者です)
アンジェラ
https://www.youtube.com/watch?v=5DL8SGEyhZE

デーブグルーシン(キーボードやピアノ、映画音楽家としても有名です)
愛すれど心さみしく
https://www.youtube.com/watch?v=uXUZWZbKjwU
黄昏
https://www.youtube.com/watch?v=Ttd1yDbjUpY

是方博邦(ギタリストです)
Church on the Hill
https://www.youtube.com/watch?v=aIyx-6-cUAM

ザ・スクエア(F1の番組テーマで有名になりましたが初期作品の方が好きです)
突然の明日TOMORROW'S AFFAIR
https://www.youtube.com/watch?v=cOn1zSE2NhE

カリオカ
リトルトレイン
https://www.youtube.com/watch?v=_MkoEQBuwfg

最後はウエスモンゴメリーで。
(超有名ジャズギタリストですが、晩年のアルバムはビートルズなんかを取りあげ、フュージョンの前身であるクロスオーバーぽいものが多かったです)
ロードソング
https://www.youtube.com/watch?v=Mbnvi0CpiF4
A Day In The Life
https://www.youtube.com/watch?v=_ooeMXnPuIg

思いつくままで年代や楽器がバラバラですが、参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2014-04-26 08:20:08

お礼

isoiso0423さん。ご回答いただき有難うございます。

お礼お返事が遅くなりまして誠に申し訳ありませんでした。m(__)m

ざっと最初見た感じでも、名前を聴いたか?全く知らないアーチストばかりで、興味津々とこれはどうなるか?・・・亀の歩みの試聴でした。

>松岡直也(ピアニストです) ラストサマーデイ

アルバム『A Farewell To The Seashore~午後の水平線』から。
全く初めて聴くアーチスト・・・?曲を聴いてあ!!!でした。ご紹介の曲も耳覚えがありました。テンポの良い旋律の一方でどこか寂しさも感じる雰囲気です。
ウィキで見ましたら・・・あれ知らないだけでこんなにメジャーな曲・番組テーマ・・・中森明菜には正直驚きました。それと、あえて・・・私の世代ですとアニメでわたせせいぞうの『ハートカクテル』がとても印象的でした。
https://www.youtube.com/watch?v=Pqjz5QwPOs0&list=PL1B0D1315E695B071

残念な事に、つい先日(29日)亡くなられたと・・・ご冥福をお祈りします。

>アールクルー(アコースティックギターです)ドリームカムトゥルー
アルバム『Dream Come True』から。
こちらは・・・つい先日別のご質問でアコギの綺麗な曲のご紹介で知りました。とてもセンスの良い曲・アルバムでした。ギタ-の音色が優しいのですが、ご紹介の曲はどこか儚い感じが合します。いまさらですが、インストとしてとても気に入っています。CDも買ってしまいました(汗)

>デビッドサンボーン(サックス奏者です)ロータスブロッサム

アルバム『DAVID SANBORN Heart To Heart』から。
アーチスト名しかわからなかったです。最初の頃のフレーズで?は感じたのですが明確な記憶では無かったです。曲としてはとてもしっとり落ちついで嘆くような印象でした。アルバムも駆け足で視聴しましたがテンポの良い曲やしっとりたそがれた雰囲気等とても素敵でした。フュージョン系を殆ど聴いていない私には耳心地がよかったです。

>エリックゲイル(ギタリストです)ブルーホライズン

アルバム『Blue Horizon』から。
初めてのアーチストでした。ただ、サビの部分だけは(?)耳覚えあります。メロディアスな曲ですネ。アコギとは違った雰囲気の良さでしょうか。たそがれ時のような印象です。アルバムを視聴すると、レゲエ調?の曲もあり?ヴォーカルもたわしな印象でした。中でもこちらも好きになりました。
Eric Gale - When Tokyo?
https://www.youtube.com/watch?v=YGZvcg67VRI

>増尾好秋(ギタリストです)LITTLE BIT MORE

アルバム『グッド・モーニング』から。
初めて聴く曲・アーチストです。フュージョン界でとてもメジャーで実力のある方。穏やかでメロウな印象です。儚さや憂いを感じる印象で、とても耳馴染みが良い曲でした。アルバムも試聴しましたが華やかな感じ等様々で良かったです。こちらも好きでした・・・
GOOD MORNING
https://www.youtube.com/watch?v=b8Axcdbqnzw

>チキンシャック(グループですが主旋律はサックスが多いです)フラワーズフォーレナ

アルバム『CHICKEN SHACK』から。
こちらも初めてのアーチスト。でもサビの一部だけの耳覚えは確かにありました。私の印象があるくらいですから余程メジャーなのでしょうね。都会的でソフトなサックスです。雰囲気が良く聴き入ってしまいました。哀愁のような感じでしょうか?アルバムの試聴が巧く出来なかったのですが、他の曲も少し聴いた中でこちらも良かったです。
Betcha By Golly,Wow
https://www.youtube.com/watch?v=nchAXxnK8Jo

>ボブジェームス(キーボード奏者です)アンジェラ

アルバム『Touchdown』から。
私でも一応?ちょっとだけ知ってるアーチストです。とはいってもそう聴いてるわけでなく。元々は前ご紹介のアール・クルーとのアルバム(ONE ON ONE)の他ちょっとです。よく当時CMソング他使われた?記憶があります。ご紹介の曲は耳覚えあります。とてもマイルドな曲で郷愁を感じてます。クロスオーバー?でしょうか(この辺あまり聴きなれていないので曖昧すぎですが)とても深みのある曲です。このアルバムのタッチダウンも好きでした。
https://www.youtube.com/watch?v=nS_k4E1vN_E

>デーブグルーシン(キーボードやピアノ、映画音楽家としても有名です)愛すれど心さみしく
(映画:愛すれど心さみしく)

映画も曲もアーチストも初めてでした。とても素敵な美しい抒情のある曲です。曲とそれますが映画の解説を見て主演のソンドラ・ロックって・・・イーストウッドの映画(好きです)での彼女・・・。無知でした(汗)

>黄昏
(映画:黄昏)

これは・・・好きな映画。ヘップバーンもですがヘンリー・フォンダ・・・ジェーン・・・ついピーター・フォンダ・・・大好きなイージーライダー・・・本題から外れる連携ですが、親子とも好きな俳優です。
この曲は正に人生の黄昏の琥珀の輝きでしょうか。曲だけもほろりとしました。
このアーチストは他にも本当にたくさんの映画音楽を手掛けているのですネ。知らないとはいえ、幾つも過去観ている映画作品がありました。
他少し探ってみたのですがこちらは耳覚えありました。10年来の謎の曲。聴き込むと更にいろいろありそうです。
Either Way
https://www.youtube.com/watch?v=pMR5-E9E06Y

>是方博邦(ギタリストです)Church on the Hill

アルバム『KOBE KOREKATA』から
全く知らないアーチストでした。オープニングの会話も大変興味深かったです。共演者もスゴイ!都会的なカッコいい雰囲気と違い熱いな~でした。解説にもありましたがブルースの曲調で切ない啼きのギターを感じました。前出の松岡直也や高中正義との関連も納得できました。

>ザ・スクエア(F1の番組テーマで有名になりましたが初期作品の方が好きです)突然の明日TOMORROW'S AFFAIR

アルバム『ROCKOON』から。
解説のF1:TRUTHの前ぐらい?で中高の同級生達が好んで聴いていたのですが、私は洋楽に流れて、一方ファンには申し訳ないですが好きじゃなかったので殆ど気にもしてませんでした。でも、ご紹介の曲は良いですネ。これは良い! アルバム『Rockoon』1980年・・・TRUTHの91年・・・随分変化しています。とても興味深い曲でした。

>カリオカ リトルトレイン

アルバム『Little Train』から。
初めてのアーチストです。ラテンポップで軽快で爽やかでぬけの良い印象です。
フュージョン系は殆ど知らずですが、様々なタイプがありますネ。アルバムも駆け足で視聴しましたがサンバ調で軽快な印象ですが、ただ軽快ではないものは感じています。より聴き込むと印象が変わると思いました。

>ウエスモンゴメリーで。・・・
ロードソング :アルバム『ロードソング』。
A Day In The Life :アルバム『A Day In The Life 』
お恥ずかしくこちらも初めてでした。カバーをこのようにアレンジされているのですネ。年代的にはかなり昔の偉大なるミュージシャンですが、曲の雰囲気は近年クロスオーバー?とは違って?でも古いJAZZとも違う独特の世界と思います。『A Day In The Life』は特に流れる旋律でも重厚で哀愁な印象でした。他にも数曲試聴しましたが、どれもアレンジによる変化は印象深かったです。
少し探って聴いていましたが、好きな曲でこちらもカバーであり素敵でした。
Polka Dots & Moonbeams
https://www.youtube.com/watch?v=gMuWWfKUQ6c

>思いつくままで年代や楽器がバラバラですが・・・

多数のご紹介感謝です。主観のお話ばかりでずれているかもしれませんが、どの曲もそれぞれ印象深く、未知のアーチスト・曲等多々あり、とても勉強になりました。今後の布石になります。

誠に有難うございました m(__)m

投稿日時 - 2014-05-02 23:05:56

ANo.3

こんにちは。
こんなのはいかがでしょうか
Bobby Hutcherson - For Sentimental Reasons
https://www.youtube.com/watch?v=2T1Xm9BbgCo

もうお聴きかもしれませんが、こちらも・・・
John Coltrane - Say it
https://www.youtube.com/watch?v=HanuM2cXg0U

投稿日時 - 2014-04-25 21:59:10

お礼

yotani0425 さん。ご回答いただき有難うございます。

>Bobby Hutcherson - For Sentimental Reasons

アルバム『For Sentimental Reasons』より
最初は?でしたが曲を聴いてわかりました(珍しく)。こちらはナット・キング・コールで覚えていました。他にもエラ・フィッツジェラルド、リンダ・ロンシュタット等ボーカルでも多々・・・。
しかし、ご紹介のこちらはその雰囲気と全く違い、ヴィブラフォンの優しいけど切なげな音色がとても素敵でした。楽器特有の音色からか、落ち着いたメロディは更に深くなる印象でした。

アルバムの他の曲もさっと試聴しましたが、スピード感があり華やかな感じもあれば、しっとりとした響きの曲もあり、アルバムとしても良いですネ。素敵です。

>John Coltrane - Say it

アルバム『Ballads』より
こちらは私現在愛聴しているアルバムです(と言っても極最近の話ですヨ)落ち着きしっとりと優しく響くサックスで抒情的な印象でした。夕暮れ時や深夜に聞くと無性に切なくなってしまいます。
前回答者様のMal Waldronとはまた違う独特な世界・・・とてもしんみりと聴かせて頂きました。

誠に有難うございました m(__)m

投稿日時 - 2014-04-29 02:56:15

ANo.2

ビルエバンスのYou Must Believe in Springをお勧めします。
アルバム全編に亘って、めちゃくちゃ悲しくて暗いです。

http://www.youtube.com/watch?v=FTlKzkdtW9I
http://www.youtube.com/watch?v=-BIlJRa-1pw
http://www.youtube.com/watch?v=BNa0-sRKnS8
http://www.youtube.com/watch?v=2ybTybmIo8w
http://www.youtube.com/watch?v=M-QoEPnc-3Q

投稿日時 - 2014-04-25 21:02:16

お礼

ape_wise さん。ご回答いただき有難うございます。

>ビルエバンスのYou Must Believe in Springをお勧めします。

アルバムごと・・・各曲を聴きながら。。。
長年内縁だった女性(エレイン)と兄の死の背景から生まれたアルバムなのですネ。かなりショッキングでした。本人もドラックや体調不良・・・どこか壊滅的な印象を受けました。

>You Must Believe In Spring
>The Peacocks
>B Minor Waltz (For Ellaine)
>Gary's Theme
>We Will Meet Again (For Harry)

ご紹介頂いた5曲(アルバム前半)・・・悲壮感漂い繊細で重く響きます。初めて聴きそう音楽をわからない私でも強く感じました。

他の曲も駆け足で試聴しましたが他もその根底はみな同じようでした。全てにおいて素晴らしいと思います。アルバムのジャケットの絵も・・・素敵で好きなタイプですがマッチしすぎで・・・。

ウィキ等で見ている時、過去にマイルス・デイビスの『Kind of Blue』を聴いていましたし、気になって人気のあるアルバム?の『WALTZ FOR DEBBY』も合わせて試聴しました。全然違いすぎます。曲が変ればなので当然でしょうが・・・。晩期でもあり人生の果ての様なこのアルバム。曲・アルバムとして大変気に入りましたが、一方でとてつもない悲壮や苦悩、後悔や孤独を強烈に感じました。

誠に有難うございました m(__)m

投稿日時 - 2014-04-29 01:58:56

ANo.1

Left Alone - Mal Waldron とか…

https://www.youtube.com/watch?v=E7lIffL3xaQ

投稿日時 - 2014-04-25 20:00:59

お礼

auagcu00 さん。早速のご回答有難うございます。

>Left Alone - Mal Waldron・・・

アルバム『Left Alone 』の1曲目。最初から・・・インパクトが大きすぎで好みです。アルバム内の曲も駆け足ですが試聴しました。全般的に、アルバムとしても素敵です。
より詳細はこれからなのですが、ピアノの旋律のあまりの美しさと共にサックス(ジャッキー・マクリーン)の印象が素敵で・・・前述のとおり無知の私で初めてでしたが、一応耳覚えは(ジョン・コルトレーン)と(ソニー・ロリンズ)でした(ちょっとですヨ)。特にコルトレーンで耳馴染みを始めているのもあったのですが、この曲から素晴らしさに驚嘆しました。

早々のご回答、誠に有難うございました m(__)m

投稿日時 - 2014-04-25 21:17:44

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-