こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

勉強があまり伸びない子への接し方。

中一の息子ですが、
あまり勉強が好きではなく、本人も欲がなかったのですが、
6年生の終わりごろに、自分から塾に行きたいと言いました。
塾に行って成績を伸ばしたかったので、
授業も面白いと言って、中学生になっても通っています。
ですが、もともと呑み込みが早い子ではなく、
時間がかかるのですが、最初のテストよりも若干偏差値が上がった程度で、
思っているより伸びなかったと感じているようです。
本人は勉強があまり好きではない中、塾に週3回通っているし、
成績が伸びることを期待していたようですが、
宿題はちゃんとしていきますが、勉強時間は少ないと思います。
高校受験に向けて、頑張ろうと思っているようですが、
中学生になったばかりで、まだ生活にも慣れていないので、
勉強に乗りきれていない様子です。
塾の方が進んでいるので、学校の勉強はわかると言っています。

そんな中、2歳下の弟が同じ塾に行きたいと言い出して、
春休みから通うことになったのですが、
もともと勉強の呑み込みが早い子で、
成績は良い方でした。塾に行くことでさらに理解が高まり
塾に行くなら目標を決めなさいと言ったところ、
進学校の私立中学の受験を考えたいと言っています。
塾のテストの成績を見ても偏差値が高いので、
頑張れば合格も出来るかと思うし
何より本人が塾の勉強が楽しくて仕方ない、
私立中学に行ってもっと勉強を頑張りたいと思っているようです。

中1の兄も同じように私立中学に行きたいと思っていたようですが、
塾に行き始めたのも遅く、
学校の成績もとても受験勉強をしても間に合う状況ではありませんでした。
兄の行きたかった理由は中学受験の方が高校受験より楽そうだから。
という考えで、楽をしたかったからと言う考えです。
でも、たぶん、進度の速い私立中学では授業についていけるほどでは
なかったのではと、親から見て思います。
弟はこれから努力すれば呑み込みの速さと成績から
合格して通っても、こなせるとは思うのですが、
親としては別々の中学校に行くことが
兄弟間にわだかまりが出来るのを考えて、悩んでいます。
高校で同じようなことは起こると思いますが、
中学の時点で進学校に行く弟は変わっていくと思います。
兄は成績はふるいませんが優しいいいところもありますが、
自分を高く思い込んでいるところもあり、
テスト成績が思うほどよくないと、投げやりな態度に出ます。
前ほど宿題もなかなかやる気にならないようです。
(でも、一応やっていきます)
これでは成績を伸ばすのは難しいのではと感じてしまい、
宿題はした?勉強時間を作りな。とついつい言ってしまいます。
先日のテストも、成績が良かった弟の結果を見て、
うらやましいと感じたようです。
生まれつき、勉強の理解度がしやすいことそうではないこと
居るんだと親から見ても感じています。
今の段階では、勉強して努力してと言うよりも
本人に任せた方がいいとは思うのですが、
塾も安いわけではないし、行くんだったらもっと定着してほしいと
親の欲が出てしまいます。
塾に通っていれば、いずれ本人から欲が出てくるのでしょうか?
塾の先生は親に言われて嫌々来ている子は見ていてわかると言います。
うちの子は自分から行きたいと言って行き始めたこともあり
真剣に授業を受けていると言われましたが、
中学になり、塾も夜遅くなったので、
学校で疲れていて通うので、まだ時間に慣れていないようで、
少しやる気が落ちています。
もしかして、辞めたいと思っているような雰囲気ですが
自分が行くと言い出したので、それは口にはしません。
勉強ができる弟の方は放っておいても大丈夫な子ですが、
塾に行っても思うほど勉強ができるようにならない子には
どのように接するのがいいでしょうか?

投稿日時 - 2014-04-19 16:27:43

QNo.8560722

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご質問を読んで、状況が似ていたので、成人した息子達の過去を思い出しました。

現在は、勉強嫌いな長男は、大学を出て外資系企業へ入り30歳前に管理職になり、勉強好きの弟は大学院へ行って学者になりました。
でも、全く違った道を歩いていますが、兄弟でお互いに認め合っていますので、ご子息達も、全く同じ道を歩まなくても、親御さんはそう心配しなくても良いのではないでしょうか。

2人の息子のこれまでの人生を見つめて来ましたが、それぞれ、好き嫌いや得意・不得意があったりで、兄弟を公平に扱おうとするのは無理ですし、却って同じ扱いにする事が逆効果になって、それぞれの長所を伸ばせなくなるのではないかと思っています。
また、身体の伸び具合と同じで、体力、学力、精神力等々の伸びる時期も同じようには行きませんから、ご長男も、勉強の効果が目に見えて来なくても、今は蓄積の時期で、高校、大学等行ってから急激に伸びる事もあるかも知れません。

また、子供によって適・不適があるようで、塾や学校でも合う合わないがありますし、好きな先生に出会ったりすると、その科目が急に伸びたりという事もありました。
親としては、本人の希望や能力、性格等を見極めて、出来るだけ長所を伸ばせるような方策を考えて上げるのが良いのではないかと思います。
芸術やスポーツ等で、2~3歳頃から英才教育を行うのでなければ、鉢植えの花のように、栄養や水を怠りなく与えて管理が行き届いていれば、親が手を引っ張らなくても自ら成長して花を咲かせ、やがて実を付けるようになるのではないでしょうか。

確かに、当時は、親としてこれで良いのかと悩んだ事もありましたが、結局のところ、本人達の素質や能力を見極めて、彼等にとって良かれと思う事を試行錯誤して行くしかないのではないかと思うになりました。
それでも、子供達は、親の悩みや考えながら子育てしている後ろ姿をじっと見て知っていますから、きっと、立派に成人してくれと思います。

投稿日時 - 2014-04-20 09:51:03

お礼

回答ありがとうございます。
ご自身の子育て経験の話し、とても参考になりました。
彼らにとって良かれと思うことを自分自身で切り開いていくことですね。
それには、子供のころの親のサポートはしっかりしていきたいと思います。

投稿日時 - 2014-04-21 08:58:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

兄弟ではそのように育ちます。
兄は奔放なお人よしになり、弟は兄の失敗を見て学び要領よく生きる。
ですから標準的な兄弟の様子であると私は思います。

私も似たような兄弟で弟の方がはるかに偏差値の高い高校と大学に行ってます。
だから気持ちはよくわかります。

そんな自分がやる気になるには何が必要だったか?
ずばり「勉強する理由と目的」です。
理由と目的がなければゴールのないフルマラソンを走り続けるようなものです。
そんなの耐えられないですよね。

まず目標や夢をきちんと明確にします。
なければまず探すことを第一とし、学力はとりあえずおいておきます。
無理にさせ続けてもマイナスにしかなりません。

目標が存在すれば到達に必要な進路、学力と学科などを調べます。
到達に必要なレベルを満たすように勉強を進めればOKです。

おそらく出世しよう! とか 大儲けしよう! という感じの目標にはならないタイプだと思います。
自分の好きなことを仕事にしたい、とか世のため人のために働きたい、というタイプでしょう。

投稿日時 - 2014-04-19 21:10:41

お礼

回答ありがとうございます。
兄の方はいつも自分自身で好きなことを見つけていきます。
それが周りの友達の影響などではなく、自分自身の好きに忠実です。その趣味が歴史も絡むことなので、社会の成績はいつもいいです。加えて話も面白く常に相手に分かりやすく話すということが出来るタイプです。
弟は習ったことや人がしていることに興味が行くタイプなので、
今、知るべき以外のことに興味が向かないので
習った勉強に対して成績が反映されるようです。
兄弟がそれぞれの得意分野を生かして
お互いを尊重し合えればいいと思っています。

投稿日時 - 2014-04-21 08:51:12

ANo.2

 このご質問ですが、「兎と亀」の話に喩えることができます。とはいっても、物語の結末の話をしているのではありません。どちらが早くゴールに辿り着くことが出来たかが物語の結末ですが、この物語の主題は「そこに至る過程」をどう評価するかとの問題です。
 兎も亀も共に「一生懸命に走った」ことは確かです。でもなぜ亀が兎よりも早くゴールに辿り着いたのかを考えてみるならば、兎も亀も共に「自らの能力」を発揮したとの部分では違いはありませんよね?
 偶々、兎は自らの足の速さが亀よりも速いと思い込んでいて、途中で休憩していた間に抜かれてしまったとの過信が原因で亀の前に屈した形です。
 人間の学習能力が何時の段階で開花するかは未知数であって個体差もあり、また同じ分野だけを比較しても「その人間の資質」を測る指標ともならないとの事実もあります。
 数学の成績が劣る生徒であっても、哲学的な問い掛けには目を見張るほどの資質の高さを持つ生徒がいたり、古典の成績が振るわなくとも物理には天才的ともいえる能力を有する生徒も多勢います。
 このサイトでもよく見かける事例として「英語が得意だからそれを生かした仕事に就きたい」などの女子学生からの質問がありますが、それを見てみると学校のテストや教材内容に対して選択肢的に回答したりする能力はあるものの、日本語の文章を出してそれを的確に訳すことを尋ねてみると、殆どは二進も三進もいかない回答を送り返してもきます。なぜでしょうか。答は簡単です。自分の頭で考えるとの基本的な勉強の仕方や方法を知らないままに、それまでの課程では余り接することのなかった新しい科目に対する好奇心だけの話をしていることと同じレベルです。文法的な説明を求めたりすると途端に応えることができなくもなってしまうとの話を耳にすることもありますが、さもありなん状態ですね。
 成績が伸びるといっても「目に見えてテストの成績が向上する」との些末なケースもあれば、勉強の方法をじっくりと習得して「応用題への適応能力」を蓄えているケースもあります。現在では中学校に入りたての状態ですので、教科目の内容も殆どは小学校時代のおさらいをしつつとの状態でしょう。そこで不十分な点を見つけ出せれば、それを補充していけば今後の伸びを期待することもできます。
 外面的な「呑み込みの速さ」だけに着目して兄弟を比較しては、当人達にとってもこれほど迷惑な話もないでしょう。親の思いどおりの子供に育て上げようとすると、反って逆効果をもたらす結果ともなりますので、それぞれの得意分野を伸ばすことを先ずは考えて、そこから周辺に広げていけば「勉強して解ることの喜び」を自身の手でつかむことともなりますので、過度に比較することは避けたほうがよろしいかと存じます。

投稿日時 - 2014-04-19 20:08:41

お礼

回答ありがとうございます。
弟の方は記憶力系の問題が得意なので、
たぶん、習ったことに対しての理解力があるのだと思います。
でも、想像力が兄よりも足りないかもしれません。
兄が塾に行ってなければ行ってはいなかったし、
まわりに私立中学に行っている人がいなければ行こうと思わなかったのでしょう。
私自身、実は今は兄よりも弟の二番煎じ的なことが気になります。

投稿日時 - 2014-04-21 08:46:20

ANo.1

>兄弟間にわだかまりが出来るのを考えて、悩んでいます
わだかまりも多少は出るでしょうね。
そうであっても、弟には自分の力を伸ばせる学校に入れてやってください。
わだかまりは時間が解決してくれますが、能力を伸ばす作業には
適した時期というものがあるのです。

私も教育業界にいますが、兄が「投げやり」であるという点は
ひっかかりますが、そのうちに伸びてくると思います。

成績が伸びるか伸びないかは「ずるいことをするかしないか」
で決まります。親や教師が「勉強せよ。宿題を出せ」という
のは子供にズルを押しつけるだけなので逆効果なのです。
中学校のテストは問題集の問題がそのままであったりして、正しい
実力が測れているとはいえません。また、学校には問題作成ツール
などもあり、それを持っている塾の生徒の成績はよくなります。
もう少し待って、外部模試を受けるまで成績の判断はしないように
してください。

投稿日時 - 2014-04-19 16:52:26

お礼

回答ありがとうございます。

ずるを教えつけるだけの逆効果と言う内容に意味が計りかねますが、
そのうち伸びてくるという教育者目線を信じたいと思います。

投稿日時 - 2014-04-21 08:42:09

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-