こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

音楽と教育・生涯学習に関わる仕事

はじめまして、よろしくお願いします。

私は教員養成の学校に通っております。
講義や実習、現職の先生などの講話の中で、だんだんと私がなりたいのは小中高校などのいわゆる学校の先生では無いと自覚し始めました。どうして違うと思ったのかは言葉で説明しにくいのですが・・・

元々、教員養成の学校を選んだのも教員になりたかったからではなく、幼い頃からふれてきた音楽を学べて職業につなげられるようにしたかったからでした。(残念ながら、音大に行けるお金も実力もなかったのです。)
ですので、今も教員養成の音楽科を専攻しています。

自分自身が楽器や歌と広くふれ、ときに学びながら、
学び得た知識や多少の技術、そして音楽の楽しさを伝えられるような(学校教育にとらわれない、生涯学習の範囲で)仕事がしたい・・・
と考えています。

子どもの頃、そういった音楽を体験したり楽器に触れるワークショップが学校へ来たり、地域のイベントで開催されていたりしていた記憶があるのですが、資格や、趣味ではなく職業としてそういったことに関するものはあるのでしょうか?

あるとしたら、それは音大卒並みの演奏能力が無くても志望できるものでしょうか。

投稿日時 - 2014-04-19 04:11:17

QNo.8560172

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ワークショップやイベントについては、他者さんがNPOかNGOを揚げられていますが、私の住む都市では、地元の交響楽団が、市からの要請で活動をしています。

実は音大卒でも、音楽に関する職を得ることは、相当厳しいのが実状です。
そのことはご承知になっておかれたほうが良いと思い、回答させて頂きました。

ところで、私の知っているグループホームでは、月に2~3度、高齢者の方も歌って参加できるようなコンサートが開かれています。
そのほとんどは音大出身者で、日ごろはご自宅で教室を開いている方のようですが、中には、長年趣味で続けて来られた方もいらっしゃいます。
どなたもボランティアという形で、音楽を通して、地域とのつながりを大切にされているようです。

投稿日時 - 2014-04-20 16:59:58

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-17 10:00:41

ANo.2

まずは現場で5年働いてみてください。
その中であなたの希望が一切叶わないのであれば改めて考えてみてください。

一応言っておくと自分の希望が100%叶う仕事もないし、100%叶わない仕事もありません。
制限された自由度の中でどれだけ自分の希望をねじ込めるか、それが仕事人としての腕の見せどころです。

投稿日時 - 2014-04-19 10:31:11

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-05-17 10:00:58

ANo.1

就職して自分の理想と考える仕事を給料もらいながらやろうという考えが「ないものねだり」です。

街で「ピアノ教室」だとかをしている人は、どこかに雇われてやっていると思いますか。

もちろん、ヤマハだとかの看板を掲げている人はありますが、あれはフランチャイズですね。
ヤマハの社員ではありません。

>子どもの頃、そういった音楽を体験したり楽器に触れるワークショップが学校へ来たり、
>地域のイベントで開催されていたりしていた記憶があるのです

そのひとたちが、どこかに属して勤務していたと思いますか。

音楽に限らず水泳教室を開催したりしている人でも同じです。
考慮をしてみてください。
大体がNPOかNGOという形で仲間を募って活動しています。
義務感のあるひとたちが集まって「活動」をしているのです。

ピアノ教室なら個人でやっている人もいますね。

これで食べようとすると、個人で近所の子供数十人のレッスンをしたりしているととりあえず食べられます。
でも、サラリーマン勤務のような、仮に何もしていなくても給料がくるという話にはなりません。

東京芸大で在学中にコンチェルトのレコーディングをしたりして、そのレコードは知る人が知る、レアもののしろものを作った人がいます。
この人は父親の会社で秘書的な仕事をやってきました。

その傍ら頼まれた場合にピアノの個人教授をしていました。

私はおとっつぁんのほうと仕事でつきあっていて、上品なおばちゃん社員として会話していました。
ふとしたはずみで当人がピアノを弾くのを聞いて、音楽そのものに驚いた。

音大卒なみの演奏力がなくて、という考えなら、そもそもそんなものに誰もお金を払ってくれませんよ。
自信がないからです。
人につくすなら自信信念があって活動しましょう。
そのスタンスが、末端の指先技術でないところであなたを評価されるきっかけになります。

もっとも、精進だけは常に欠かさないようにしましょう。

そういうスタンスでやってみてください。

投稿日時 - 2014-04-19 09:22:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-