こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校物理、エネルギー保存則

例えば、
(1)基準にあるm(kg)の物体をh(M)まで持ち上げるとします。
基準でのエネルギーは0、hでのエネルギー(位置エネルギー)はmghです。
この状況でも、エネルギーは保存されているといえるそうなのですが、なぜですか?
人の手に内在していたエネルギーが物体に移ったと考えるそうなのですが、0→mghしか注目できず、イマイチ「保存されている」ということがピンときません。教えてください。
(2)摩擦のある面をm(kg)の物体がs(m)移動したとき、v1(m/s)からv2(m/s)へと変化したとき、摩擦力をFとすると、摩擦力の物体にした仕事はーFsです。
mv2^2/2-mv1^2/2=-Fs、-Fsは物体が床にされた仕事ですが、負なので、物体が床に仕事をしたといえる。物体が持っていたエネルギーが、摩擦熱で床面を温めることに使われたといえる。この状況でも、なぜ「エネルギーは保存されている」といえるのでしょうか?

投稿日時 - 2014-03-26 19:25:47

QNo.8529898

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>保存則というのは1つの物体のエネルギーの総和はかわらないということですよね?
ちがいます。関係ある物体全部のエネルギーの総和が変化しない という法則です。
エネルギーが光などに変換されれば、物体でないもの(この場合は光など)も含みます。

投稿日時 - 2014-03-26 21:59:03

補足

上の例では(1)物体に手が仕事をしたので、手のエネルギーは減るが、その分物体にエネルギーは蓄えられている。
(2)物体の持つエネルギーは減っているが、床に対して、物体は仕事をし、その結果摩擦熱が生じるということでしょうか?
このように、全体ではそのエネルギーは変化していないし、消えてしまうあるいは増えてしまうことはない。

投稿日時 - 2014-03-26 22:18:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

保存されているというのは総和は変わらない
ということですが、ピンとこないというのは
具体的にどういうことですか?

投稿日時 - 2014-03-26 21:03:27

補足

保存則というのは1つの物体のエネルギーの総和はかわらないということですよね?
(力学的エネルギー保存則なら、運動エネルギー+位置エネルギー=一定)
そう考えると、1つの物体のエネルギーの総和が変化していて、エネルギー保存則が成り立っているとはとても思えません。

投稿日時 - 2014-03-26 21:17:02

あなたにオススメの質問